カーネーション第66話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」11週目第66話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第65話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第66話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年7月9日(金)放送
第11週サブタイトル『切なる願い』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第66話のネタバレあらすじ

ここからは、7月9日に放送された朝ドラ「カーネーション」第66話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション66話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

1943年の4月のことである。

今日から小学校に入学する優子が、善作に制服を見せに来た。

糸子が作ってくれたその制服は、すぐに大きくなってしまうため、彼女には大きすぎたのだ。

善作はさっそく糸子に、なぜもっとぴったりした制服にしなかったのかと文句を言うが、糸子は忙しいと言い、母親がなぜ洋裁店をやっているのかと疑問に思うのだった。

毎朝、髪をおさげにするのが面倒な糸子は、優子の髪を切って直子に似せたいと言うが、善作はそれを真っ向から否定する。

糸子は、自分が弱っている時は黙っていた方がいいとこぼしていた。

元気になったからこそ、あんな罰当たりなことが言えるのだが、すぐに動こうとするから危険なのだという。

ある日、将棋を指しに来た木之本は、弟の靖が行った石川県の温泉の話をする。

ある日、木之本は一緒に将棋を指しに来て、弟の靖が行った石川県の温泉の話をした。

木之本は遠すぎて躊躇していたが、善作が興味を持っているのを見て、木之本を誘うことにする。

ここまでが、7月9日に放送された朝ドラ「カーネーション」第66話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第67話のあらすじを知りたい方は、第67話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第66話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第66話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション66話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第11週目第66話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。