カーネーション第67話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」12週目第67話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第66話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第67話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年7月11日(日)放送
第19週サブタイトル『薄れゆく希望』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第67話のネタバレあらすじ

ここからは、7月11日に放送された朝ドラ「カーネーション」第67話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション67話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

温泉旅行に行ったはずの善作が、遺骨を持って帰ってくる。

遺骨を持ってきた木之本は、糸子に箱を渡そうとしたが、千代は木之本から箱を受け取り、抱きかかえた。

“木之本 “たちは頭を下げて「我慢しろ」と言った。

姉妹は泣き崩れ、2階にいた春も涙を流す。

木之本は、善作は上機嫌だったが、酔っていて風呂に入る危険を冒したくなかったと言うが、木岡は、自分たちも酔っていて何も考えずに風呂に入ったと言う。

そこへ糸子が「やめろ!」と割って入った。

仲裁に入った糸子は、「お父さんが面倒を見てくれた」と頭を下げるのだった。

糸子は「ご迷惑をおかけしました」と謝るが、3人はそれを否定する。

否定する3人。

そこへ正子がやってきて、町内会の会長が葬儀をどうするか聞きに来たと告げる。

糸子は、泣き続ける千代を見て、ちゃんとした祭壇を用意すると答える。

静子はお金はどこにあるのかと聞くが、糸子はお金の心配をしている場合ではない、ちゃんとした立派なお葬式ができなかったらどうするんだと叱る。

葬儀の当日。

手伝いに来た3人の主婦は、小原家の台所に食べ物やお酒が豊富にあるのを見て不審に思う。

美代と節子は彼らを睨みつけ、早くしないと客が来るぞと警告する。

葬儀が始まり、糸子は客の対応をする。

奥仲は善作の写真を持ってくる。

だんじり祭りでの善作のかっこよさが話題になる。

糸子が善作の謡い手を見送っていると、小太りの女が現れる。

自分は神宮寺の娘だという。

善作からは子供の頃から「特等品」と呼ばれ、おだてられていると思いながらも訪問を楽しみにしていたと話す。

手伝いに来ていた主婦たちは、闇討ちではないかと、噂話を続けていた。

節子は、「この家の人が配給所に食べ物を取りに来たのを見たことがない」と言う彼女たちを、咳払いして睨みつけた。

また、木岡の弟・保志も弔問に訪れる。

保志は、借金が返せなくなったときに善作が仕事を集めてくれたと言い、仕立て屋の商売がうまくいかなくなったら、いくらでも仕事を与えると約束するのだった。

糸子は仏壇に向かって、「みんな優しいですね。

それだけ、父がみんなに優しかったということですね」と声をかけた。

糸子はポケットから一枚の写真を取り出し、しばらく眺めた後、遺灰の箱の上に置いた。

“Itoko gazes at the photo for a while while looking at the photo