カーネーション第88話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」15週目第88話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第87話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第88話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年8月4日(水)放送
第15週サブタイトル『愛する力』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第88話のネタバレあらすじ

ここからは、8月4日に放送された朝ドラ「カーネーション」第88話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション88話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

北村は、糸子を呼んだのは女中だと告げる。
糸子が「それは何ですか」と聞くと、北村は手帳で言葉を確認しながら、「アメリカ式の洋服の新しい商売のやり方です」と伝える。
これに対して既製服は、まず同じパターンで何着も作ってから店頭で販売することで、無駄を省いて価格を下げることができるのだという。
北村は、この既製概念について、「今後、日本でも必ず普及する」「既製服の時代が来る」と期待を寄せている。
三浦は、北村が既製品の店をやりたいというのは一理あるし、やる気があって努力しているのだから、組合としても応援したいと言う。
心斎橋のはずれに小さな店と工場を作ることはすでに決まっていて、あとはその商品をどうするかだ。
そこで、糸子の力を借りたいということになった。
糸子は、今は自分の店のことで手一杯だと言うが、三浦は、工場には別の担当者を配置して、その担当者に任せたいと言う。

ここまでが、8月4日に放送された朝ドラ「カーネーション」第88話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第89話のあらすじを知りたい方は、第89話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第88話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第88話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション88話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第15週目第88話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。