カーネーション第94話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」16週目第94話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第93話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第94話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年8月11日(水)放送
第16週サブタイトル『揺れる心』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第94話のネタバレあらすじ

ここからは、8月11日に放送された朝ドラ「カーネーション」第94話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション94話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

1948年6月。周防が大原洋品店で働くようになってから、高所作業はすべて周防が行っていた。周防の足はあと1週間で治り、来週には2階に新しいミシンが設置されるので、本格的に紳士服の仕事ができるようになったのである。サンプルを出した途端に数件の注文が入ったのは、今、世の中の男性の間でスリーピースのスーツが流行っていることも影響している。松田がご機嫌なのも嬉しいが、何よりも周防の顔がようやく安らかになったのが嬉しかった。糸子は子供たちに圧倒されながらも、母の心意気で、ピアノではなく中古のオルガンを買ってあげたのだった。

ここまでが、8月11日に放送された朝ドラ「カーネーション」第94話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第95話のあらすじを知りたい方は、第95話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第94話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第94話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション94話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第16週目第94話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。