カムカムエヴリバディ第111話のネタバレあらすじ!聖夜の奇跡

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」23週目第111話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第110話「姿を消す」では、ひなたが会場でアニー・ヒラカワを見つけるが、それに気づいたアニーが姿を消すストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第111話「聖夜の奇跡」では、ひなたとるいが聖夜の奇跡に喜ぶストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年4月7日(木)放送
第23週サブタイトル『2003−2025』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第111話のネタバレあらすじ

ここからは、4月7日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第111話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

やっと雉真安子(上白石萌音)を捕まえ、会場までおんぶをして連れていくひなた。
会場では、「クリスマス・ジャズ・フェスティバル」が順調に進み、ついに大月るい(深津絵里)が歌う番になっていた。
ステージにるいが上がると、トミー(早乙女太一)がスタッフに合図を送る。
すると生演奏ではなく、スピーカーからある音楽が流れる。
それは、ジョーが昔レコーディングしていた「On the Sunny Side of the Street」の音源だったのだ。
前に、るいがジョーにトランペットを吹かせてあげたかったという話を聞いたトミーが妻にお願いして音源が残っていないか調べてもらっていたのだ。
涙ぐみながら「On the Sunny Side of the Street」を歌いだするい。
ちょうどそのとき、大月ひなた(川栄李奈)が安子をかかえて会場までやってきた。
そして、るいが安子に気づき、歌うのを忘れ、立ち尽くす。
また力強く歌いだすが、とうとうマイクを置いて安子のもとへ駆け寄り、お互い抱き合った。
二人とも涙を流し、るいは「I love you」と気持ちを伝える。
演奏が終わると、ジョーと大月桃太郎(青木柚)が安子に挨拶をする。
ジョーはるいを産んでくれてありがとうございましたと頭を下げると、安子が涙ぐみ、ひなたから泣かせないでと茶化された。
この日は、二人のわだまりが解け、夜遅くまで語り合った。

 

ここまでが、4月7日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第111話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第112話のあらすじを知りたい方は、第112話(最終回)『アニーからの誘い』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第111話の予告感想

再会ある!?

ついに岡山の偕行社で行われた「クリスマス・ジャズ・フェスティバル」
無事成功みたいですが、ひなたとるいが聖夜の奇跡を喜ぶとあります。
これはアニーつまり安子と再会を果たすという意味でしょうか?
それともサプライズゲストみたいな感じで何かが起こるのか。
なぜサプライズゲストの線を指摘したかというと、実はナレーション担当の城田優さんが出演するという情報はすでにNHKから出ています。
しかし、ガーシー砲により彼は危機的状況にあるようなんですが、NHKサイドはもう撮り終わってるので決行するという情報をだしています。
現段階では、城田優さんでてきていませんし、でてくる気配もまだありません。
つまりもしも出てくるシーンがあるとすれば、予告では、111話か最終回のみとなります。
さて、聖夜の奇跡とはなんなのか乞うご期待です!

予告が雑!

もう終わりに近づいてきた朝ドラ「カムカムエヴリバディ」
ここ数日もそうですが、今日の予告も雑ですよね~
というのも、ほとんど情報がない!!
肝心な部分は、伏せた状態で予告だしているようなものです。
ここまでアニーの正体を引っ張っているということは、アニー=安子で確定でしょうが、再びアニー来日ってそこで安子のネタバレするってどういう展開は思いつきません。
聖夜の奇跡は安子と再会で再び来日は2025年の話に飛ぶと思うので、そこで3世代笑顔で終わるパターンでしょうか?

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第111話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第111話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

神社までいく必要ある?

残りラスト2話。
今日は、すでにひなたが安子を担いで会場まで向かうシーンから始まりました。
昨日は神社に辿り着いたところで終わったので、てっきり神社でなにかあるのかなと思っていたら、完全カット!!
すでに商店街まで持ってきましたが、安子が「おろして」っていったのがちょっとウケましたよね。
ここまでおんぶしてもらっておきながら、今更おろしてってw
自分で降りようと思ったら暴れて降りれるでしょうに。

城田優でた!

本当は感動シーンの感想を書くのがセオリーなんでしょうけど、もう言葉はいらないですよね。
あんな感動シーンに色々コメントするのもおこがましい感じなので、最近話題の城田優さんがやっと出演しました!
最初はジョージ役かと思っていたんですが、本当に最後の最後にでてきましたね。
もちろんあのガーシーネタの話ですが、降板あるかないかでNHKがすでに撮り終わっているということで結構しましたが、あのシーンだけなら余裕で差し替えられたんじゃないですか?
城田優さんでたことでSNS上では、また話が蒸し返されているようですが、そんなことも吹っ飛ぼす神回だったと思います。

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第23週目第111話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第23週目のネタバレあらすじ

111話放送のカムカムエヴリバディ第23週「2003−2025」のあらすじは、るいが安子と再会を果たすストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第23週「2003−2025」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。