『カムカムエヴリバディ』トミー役は早乙女太一!父親は劇団朱雀初代の葵陽之介!?

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で、トミー役を演じるのは、早乙女太一さんです。

こちらでは、カムカムエヴリバディのキャスト・早乙女太一さんに関する情報をまとめています。

  • 早乙女太一さんが演じるトミーの役柄
  • トミーのモデル
  • 早乙女太一さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

早乙女太一演じるトミーの役柄は?


カムカムエヴリバディのキャスト・早乙女太一演じるトミーは、ミュージシャンです。

近藤芳正さん演じる木暮洋輔が経営しているジャズ喫茶を拠点に活動しており、追っかけをしているファンも多く、アイドル的な人気を誇っています。

また、クリーニングの集配にやってくるるいにいつもちょっかいをかけてくるお調子者の一面もある男です。

トミーのモデルは?

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト・早乙女太一さん演じるトミーのモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

早乙女太一さんのプロフィール

こちらでは、カムカムエヴリバディのキャスト・早乙女太一さんのプロフィールを紹介します。

名前早乙女太一(さおとめたいち)血液型B型
生年月日1991年9月24日身長174cm
星座てんびん座出身地福岡県北九州市

トミー役を演じる早乙女太一さんは、1991年9月24日生まれの福岡県出身で、LDHJAPAN所属の俳優及び、劇団朱雀2代目の女形です。

2003年に父親である葵陽之介さん(本名は西村太志さん)が起ち上げた劇団朱雀で、4歳の頃から舞台に立ってきており、天才女形として有名な人物です。

元々、父親である葵陽之介さんは、1987年に「葵劇団」に入団しており、2003年に劇団朱雀を起ち上げ、初代座長を務めていました。

また、葵劇団時代に知り合い、結婚した鈴花奈々さん(西村弘美さん)との間に生まれたのが、早乙女太一さんとなっており、幼少の頃から、非常に厳しい指導を両親から受けていたとされています。

例えば、父親の西村太志率いる劇団は、1ヶ月ごとに公演場所を変えていたため、学校は、公演場所に合わせて、同じサイクルで転校することがほとんどだったと述懐しています。

さらに、毎月2回公演があったため、学校は2~3時限目まで行って、帰宅後に昼公演と夜公演に出演していたそうです。

また、公演後の夜は、次の日のための稽古をして、翌朝はまた学校に行くという日々の繰り返しだったそうです。

このように、幼少期から、非常に厳しい稽古の日々を過ごしていましたが、これを、ご飯を食べるように、当たり前だと思っていたそうです。

このような日々を過ごす中で、10歳の頃から、数々の舞台に、女形として出演していきました。

座頭市

その後、一躍その名を全国区にしたのが、2003年に公開された北野武監督作品「座頭市」での、おせい幼少役であったとされており、見事、同役を演じ切りました。

このキャスティングは、北野武監督から直々に指名された役でしたが、当時は、北野武さんのことを、「アンビリーバボーの人」だと思っていたそうです。

同作への出演で一躍脚光を浴びると、徐々に俳優としても出演を重ねていきました。

2005年には、北野武監督作品「TAKESHIS」にて、本人役で出演、2007年には正月時代劇「堀部安兵衛」にて、主人公の幼少役を演じるなど、その知名度と演技力を活かして、さらに活躍の幅を広げていきました。

一方で、座頭市以後、少しずつテレビに出演するようになり、どんどん環境が変化していったと述懐しています。

この頃には、踊りという習い事が増え、環境の変化に対応しきれなくなっていったそうで、13歳の頃には、家出をしてしまったことがあったと述懐しています。

また、女形を演じることにも、元々抵抗感があったそうで、本当はバンドをやりたかったと述懐しています。

このように、正直に言うと、「ものすごく苦しい時期がいっぱいあった」とこの頃の心境を振り返っています。

しかし、「それでも辞めずにやり続けてきたことがよかった」と、過去を振り返っての現在の心境をあるインタビューで吐露しています。

このように、目まぐるしく変化する環境の中で、ストレスも同年代の人と比べ、比較にならない程のものだったと言えますが、2008年の17歳の頃には、劇団☆新感線の舞台「蛮幽鬼」に出演し、独特な殺陣にも挑戦するなど、さらに役どころの幅を広げていきました。

劇団朱雀の2代目に就任

同年には、父親が起ち上げた劇団朱雀の2代目に就任し、その活躍ぶりはすさまじいものがあったとされています。

さらに、映像作品への出演もこの頃から増やしており、2010年にはドラマ「新参者」、2014年「信長協奏曲」、同年の映画「クローズ EXPLODE」へ出演しており、活躍の場を映像の世界にも広げていきました。

この頃の22歳から23歳の頃に、家族をもったことで、やっと自分が頑張りたいと思える環境が整ったとしており、劇団の外の世界をもっと経験するために、2015年に劇団を解散させる決断をしています。

その後、LDHとマネジメント契約を結び、同事務所所属の俳優として、さらに数多くの作品に出演しています。映画では、EXILE TRIBEの総合エンタテイメントプリジェクト「HIGH&LOWシリーズ」への出演を始め、2017年「22年目の告白~私が犯人です」、同年「たたら侍」、2018年「泣き虫しょったんの奇跡」、同年「BLEACH」、2019年「居眠り般音」、ドラマでは、2018年「忘却のサチコ」、同年「会社は学校じゃねえんだよ」、同年「東京独身男子」と、俳優としての活動を幅広く展開させていきました。同年には、アニメ映画「プロメア」の声優にも出演しており、多芸な人物として才能を如何なく発揮しています。

このように外の世界で活躍した後、2019年からは、本来のホームと言える劇団朱雀を復活させるべく、同公演で総合プロデュースを担当し、見事、実現させています。

同復活公演には、ゴールデンボンバーの喜矢武豊さんや、弟で独自のキャリアを積み、2017年にSPEEDの島袋寛子と結婚し、話題となった早乙女友貴さんも出演するなど、華々しい復活公演となり、世間の注目を集めました。

NHK連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」

2021年には、NHK連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」への出演が決まっており、同作では、ジャズ喫茶を拠点に活動するミュージシャンである、通称“トミー”役を演じることになっています。

同作の出演にあたって、「大変嬉しく思っています」とコメントしてくれており、今後の活動のはずみになることに大いに期待したい人物となっています。

 

彼女は?結婚してる?

早乙女太一さんに、現在彼女がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、モデルの西山茉希さんと2013年に結婚していました。

6歳差婚で、早乙女太一さんは、年上の方との結婚となりました。

2人の間には、2人の女の子が誕生し順調にいくと思われたものの、子育てに関する不協和から、2019年に離婚してしまっています。

現在は、パートナーという形で、2人の子供の成長を見守っていくとしており、今後は、再婚することに期待したい人物でもあります。

所属事務所は?

早乙女太一さんの所属事務所は、LDH JAPANで、EXILEさんやRIKACOさん、佐藤寛太さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、カムカムエヴリバディのキャスト・早乙女太一さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「カムカムエヴリバディ」トミー
堀部安兵衛少年期堀部安兵衛
風林火山北条新九郎
浅草ふくまる旅館早乙女太一
しゃばけ鈴彦姫
あんみつ姫桃山三太夫
うそうそ鈴彦姫/鈴ノ助
新参者 第7・最終話上杉和博
獣医ドリトル 第7話益山広樹
黒の女教師 第1話須藤達也
信長協奏曲 第1話 – 第4話段蔵
ふたがしら宗次
天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課- 第6話蔭山直正
HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~RYU
信長燃ゆ織田信忠
ふたがしら2宗次
忘却のサチコ俊吾
コールドケース2~真実の扉~ 第9話土岐田隆三
東京独身男子 第2話・第3話、第5話糸井立樹
リモートで殺される井上透
映画
座頭市おせい幼少
TAKESHIS’早乙女太一
少年H下山幸吉
クローズEXPLODE加賀美遼平
22年目の告白 -私が殺人犯です-戸田丈
たたら侍井上辰之進
BLEACH 死神代行篇阿散井恋次
泣き虫しょったんの奇跡加東大介
孤狼の血 LEVEL2花田優
KABUKI DROP
HiGH&LOW THE MOVIE
舞台
『嗚呼、田原坂』結城新之助
薄桜鬼 新選組炎舞録土方歳三
朗読活劇 レチタ・カルダ 六月は真紅の薔薇 沖田総司沖田総司
劇団☆新感線 『髑髏城の七人』無界屋蘭兵衛
舞台版『GOEMON』石川五右衛門
舞台『MOON SAGA -義経秘伝-』
朗読劇『緋色の研究』
『神州天馬侠』武田伊那丸
朗読劇 私の頭の中の消しゴム 5th letter
『浪花阿呆鴉鴈金文七
『大和三銃士』達磨桃太郎
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『蒼の乱』帳の夜叉丸
『怪談・にせ皿屋敷』青山播磨
VAMP ~魔性のダンサー ローラ・モンテス~
『もとの黙阿弥』久松菊雄
 舞台『世界』辺見
劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season鳥』無界屋蘭兵衛
劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season月』<上弦の月>天魔王
音楽活劇『SHIRANAMI』弁天小僧菊之助
劇団☆新感線39興行・夏秋公演いのうえ歌舞伎『けむりの軍団』飛沢莉左衛門
CM・広告
株式会社ランドクリエイトうちナビ 応援ナビゲーター

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト一覧です。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
橘安子上白石萌音
(幼少期:網本唯舞葵)
戦争で夫と死に別れた女性
雉真るい深津絵里母親に見捨てられ、英語を憎みながら育った女性
大月ひなた川栄李奈時代劇の世界に憧れている女性
岡山の人々
橘金太甲本雅裕安子の父
橘小しず西田尚美安子の母
橘算太濱田岳安子の兄
橘杵太郎大和田伸也安子の祖父
橘ひさ鷲尾真知子安子の祖母
雉真千吉段田安則雉真繊維の社長
雉真美都里YOU千吉の妻
雉真稔松村北斗雉真繊維の社長千吉の長男
雉真勇村上虹郎千吉の次男
雉真雪衣岡田結実雉真家の嫁
水田きぬ小野花梨安子の幼なじみ
水田卯平浅越ゴエ「水田屋とうふ」の店主
橘安子を取り巻く人々
ロバート・ローズウッド村雨辰剛進駐軍の将校
柳沢定一世良公則喫茶店『Dippermouth Blues』の店主
柳沢健一前野朋哉柳沢定一の息子
小川澄子紺野まひる大阪在住の主婦
赤螺吉兵衛堀部圭亮荒物屋「あかにし」の店主
こわもての田中徳井優橘家に押しかけてくるこわもての借金取り
小椋くま若井みどり雉真稔の下宿先「おぐら荘」の大家
村野タミ西川かの子雉真家に仕える女中さん
神田猛武井壮帝国軍人の海軍主計中佐
平川唯一さだまさし平川唯一ラジオ英語講座「カムカム英語」の講師
桃山剣之介尾上菊之助銀幕の大スター
磯村吟浜村淳ラジオパーソナリティー
エンタツ中川剛漫才師のエンタツ
アチャコ中川礼二漫才師のアチャコ
雉真るいを取り巻く人々
大月錠一郎オダギリジョーなぞの男
ベリー市川実日子ジャズ喫茶に通う女子大生
トミー早乙女太一ミュージシャン
竹村平助村田雄浩竹村クリーニング店の店主
竹村和子濱田マリ平助の妻
木暮洋輔近藤芳正ジャズ喫茶の支配人兼バーテンダー
西山太笑福亭笑瓶映画館の館主
ひなたを取り巻く人々
五十嵐文四郎本郷奏多大部屋俳優
野田一恵三浦透子ひなたの同級生
藤井小夜子新川優愛ひなたの同級生
大月桃太郎青木柚ひなたの弟
赤螺吉之丞徳永ゆうきひなたの弟
森岡新平おいでやす小田酒屋のおじさん
赤螺清子松原智恵子赤螺吉兵衛の妻
榊原誠平埜生成条映太秦映画村の職員
美咲すみれ安達祐実女優
伴虚無蔵松重豊大部屋俳優