『カムカムエヴリバディ』赤螺清子役は松原智恵子!

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で、赤螺清子役を演じるのは、松原智恵子さんです。

こちらでは、カムカムエヴリバディのキャスト・松原智恵子さんに関する情報をまとめています。

  • 松原智恵子さんが演じる赤螺清子の役柄
  • 赤螺清子のモデル
  • 松原智恵子さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

松原智恵子演じる赤螺清子の役柄は?

カムカムエヴリバディのキャスト・松原智恵子演じる赤螺清子は、荒物屋「あかにし」の店主・赤螺吉兵衛の妻です。

赤螺清子のモデルは?

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト・松原智恵子さん演じる赤螺清子のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

松原智恵子さんのプロフィール

こちらでは、カムカムエヴリバディのキャスト・松原智恵子さんのプロフィールを紹介します。

名前松原智恵子(まつばらちえこ)血液型O型
生年月日1945年1月6日身長157cm
星座やぎ座出身地岐阜県揖斐郡池田町

赤螺清子役を演じる松原智恵子さんは、1945年1月6日生まれ、岐阜県出身、かつて日活に所属した名女優です。

両親は銭湯を営んでおり、当時は戦時中で、空襲から逃れるために、母親は岐阜県に疎開しており、疎開先の岐阜県で生まれたとされています。その後、名古屋に戻り、幼少期を過ごすと、1960年、日活が行ったミス16歳コンテストに優勝し、それがきっかけで、1961年に同社に入社します。同年に、映画「夜の挑戦者」の端役として出演し、それが女優デビューとなったとされています。

最初の2年間は、下積み期間だったそうで、ほとんどが助演であったものの、この時期に演劇の素養を磨き、徐々にヒロイン役を担うようになっていきました。映画では、1963年「いつでも夢を」、同年「学園広場」、1964年「何処へ」、同年「仲間たち」と、青春映画の一躍を担います。さらに、この時期に並行して、アクション映画の相手役や、任侠映画の芸者役なども数多くこなします。出演作としては、1963年「関東無宿」、1964年「ギターを抱えたひとり旅」、同年「拳銃残酷物語」、1965年「あばれ騎士道」、同年「東京流れ者」、1966年「骨まで愛して」、「星のフラメン2」、1967年「夕笛」、1968年「わが命の唄 艶歌」、同年「残雪」、1969年「前科 仮釈放」と立て続けに出演を果たしました。

中でも特に、「無頼」シリーズ全6作で務めたヒロイン役がハマリ役で、評価が高いとされています。同シリーズでは、主人公であった天涯孤独のアウトロー人斬り五郎の心の支えである雪子役を見事、好演したとされています。このように早くも当時の日活になくてはならない存在にまで登り詰めた彼女は、吉永小百合、和泉雅子らとともに、「日活黄金時代」を支えた名女優として、世間に認知されるようになっていったとされています。

一方、女優として多忙ながらも、高校は4年がかりで卒業しており、明治大文学部英文学科に進む才女でもありました。多忙過ぎたことから、結局、3年在籍時の1968年に中退してしまいますが、女優として十分成功していたタイミングであったので、致し方ない判断であったとされています。

順調にきていた日活での映画メインの出演も、1970年代以降は転換を余儀なくされています。これは、1971年に日活が成人向けロマンポルノ路線に舵を切ったことであったとされています。このため、徐々に映画から、一般家庭に普及されはじめていたテレビに活躍の場を移していったとされています。一応は、1970年に東宝の映画「栄光への反逆」に出演するなど、日活以外の場で映画での活躍の場を模索していましたが、日活でのイメージが強すぎたこともあり、あまり弾みのつくものではなかったとされています。

これらのため、1971年に日活を離れ、ほぼ完全に活躍の場をテレビに移したとされています。この頃に出演した下町の銭湯を舞台にしたTBSのドラマ「時間ですよ」では、強烈な個性とアクのない彼女の持ち味を如何なく発揮し、お茶の間に受け入れられていったとされています。

1972年に、4歳年上のジャーナリストであった黒木純一郎さんと結婚しており、新婚旅行では100日間かけて、ヨーロッパからモロッコを経て、車で北アフリカの各国を回るという状態のものだったそうです。1984年の39歳の時に、息子を出産しており、女優業と並行して、大切に育てていたとされています。この息子さんは、留学経験などを経て、慶大医学部卒後、現在は医師として、都内の病院に勤務していると言われています。また、結婚して50年を経ていますが、現在もとても仲の良い夫婦で有名で、実はすごく甘えん坊で、家では主人に頼ってばかりだとコメントしています。現在のエピソードとしては、「私より先に死なないでね。」といつも主人に言っているらしく、すると主人は、何も言わず、困ったような顔で笑っていたそうです。このように、穏やかなご主人のもと、家庭生活も円満であるようで、今後も可能な範囲で、女優業を続けてくれるものと言える珍しい人物でもあります。

ドラマでは、1967年「あいつと私」、1973年から78年「たんぽぽ」、1982年「女
7人集まれば」、1998年「奇跡の人」、1999年「バースデイ こちら椿産婦人科」、2002年「天才柳沢教授の生活」、2003年「東京ラブ・シネマ」、2003年「幸福の王子」、2004年「夫婦」、2005年「汚れた舌」と、テレビドラマで長く活躍していきました。また、大河ドラマの出演歴が多いのが特徴的な女優でもあり、1973年大河「国盗り物語」、1975年「元禄太平記」、1981年「おんな太閤記」、1989年「春日局」、1995年「八代将軍徳川吉宗」、2002年「利家とまつ」、2010年「龍馬伝」と数々の名作大河作品に出演している珍しい女優でもあります。また、NHK連続テレビ小説では、1997年「あぐり」、1999年「すずらん」と大河及びNHK連続テレビ小説への出演が多い女優さんでもあります。

近年は、映画では2010年「サヨナライツカ」、2012年「私の叔父さん」、2014年「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY」、2017年「僕らのごはんは、明日で待ってる」、2019年「長いお別れ」、ドラマでは、2014年「刑事110キロ」、2019年「やすらぎの刻~道」と出演作も衰えることなく、第一線を走り続けている非常に息の長い名女優さんです。

2021年には、NHK後期連続テレビ小説「カムカムエヴリバデイ」への出演を決めています。同作では、赤螺清子役で出演しており、荒物屋「あかにし」の店主である赤螺吉兵衛の妻を好演しています。今後も、まだまだ活躍してほしいと言える夫婦仲健在の名女優の1人となっています。

 

 

 

彼氏は?結婚してる?

松原智恵子さんに、現在彼氏がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、

所属事務所は?

松原智恵子さんの所属事務所は、グランパパプロダクションで、岩下志麻さんやささの友間さん、さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、カムカムエヴリバディのキャスト・松原智恵子さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト一覧です。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
橘安子上白石萌音
(幼少期:網本唯舞葵)
戦争で夫と死に別れた女性
雉真るい深津絵里母親に見捨てられ、英語を憎みながら育った女性
大月ひなた川栄李奈時代劇の世界に憧れている女性
岡山の人々
橘金太甲本雅裕安子の父
橘小しず西田尚美安子の母
橘算太濱田岳安子の兄
橘杵太郎大和田伸也安子の祖父
橘ひさ鷲尾真知子安子の祖母
雉真千吉段田安則雉真繊維の社長
雉真美都里YOU千吉の妻
雉真稔松村北斗雉真繊維の社長千吉の長男
雉真勇村上虹郎千吉の次男
雉真雪衣岡田結実雉真家の嫁
水田きぬ小野花梨安子の幼なじみ
水田卯平浅越ゴエ「水田屋とうふ」の店主
橘安子を取り巻く人々
ロバート・ローズウッド村雨辰剛進駐軍の将校
柳沢定一世良公則喫茶店『Dippermouth Blues』の店主
柳沢健一前野朋哉柳沢定一の息子
小川澄子紺野まひる大阪在住の主婦
赤螺吉兵衛堀部圭亮荒物屋「あかにし」の店主
こわもての田中徳井優橘家に押しかけてくるこわもての借金取り
小椋くま若井みどり雉真稔の下宿先「おぐら荘」の大家
村野タミ西川かの子雉真家に仕える女中さん
神田猛武井壮帝国軍人の海軍主計中佐
平川唯一さだまさし平川唯一ラジオ英語講座「カムカム英語」の講師
桃山剣之介尾上菊之助銀幕の大スター
磯村吟浜村淳ラジオパーソナリティー
エンタツ中川剛漫才師のエンタツ
アチャコ中川礼二漫才師のアチャコ
雉真るいを取り巻く人々
大月錠一郎オダギリジョーなぞの男
ベリー市川実日子ジャズ喫茶に通う女子大生
トミー早乙女太一ミュージシャン
竹村平助村田雄浩竹村クリーニング店の店主
竹村和子濱田マリ平助の妻
木暮洋輔近藤芳正ジャズ喫茶の支配人兼バーテンダー
西山太笑福亭笑瓶映画館の館主
ひなたを取り巻く人々
五十嵐文四郎本郷奏多大部屋俳優
野田一恵三浦透子ひなたの同級生
藤井小夜子新川優愛ひなたの同級生
大月桃太郎青木柚ひなたの弟
赤螺吉之丞徳永ゆうきひなたの弟
森岡新平おいでやす小田酒屋のおじさん
赤螺清子松原智恵子赤螺吉兵衛の妻
榊原誠平埜生成条映太秦映画村の職員
美咲すみれ安達祐実女優
伴虚無蔵松重豊大部屋俳優