『カムカムエヴリバディ』木暮洋輔役は近藤芳正!中学生日記で俳優デビュー!?

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で、木暮洋輔役を演じるのは、近藤芳正さんです。

こちらでは、カムカムエヴリバディのキャスト・近藤芳正さんに関する情報をまとめています。

  • 近藤芳正さんが演じる木暮洋輔の役柄
  • 木暮洋輔のモデル
  • 近藤芳正さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

近藤芳正演じる木暮洋輔の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

近藤芳正(@kondo_yoshimasa)がシェアした投稿


カムカムエヴリバディのキャスト・近藤芳正演じる木暮洋輔は、ジャズ喫茶の支配人兼バーテンダーです。

大月錠一郎の過去を知っているキーマンで、るいが働いている「竹村クリーニング店」によく訪れます。

木暮洋輔のモデルは?

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト・近藤芳正さん演じる木暮洋輔のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

近藤芳正さんのプロフィール

こちらでは、カムカムエヴリバディのキャスト・近藤芳正さんのプロフィールを紹介します。

名前近藤芳正(こんどうよしまさ)血液型
生年月日1961年8月13日身長171cm
星座しし座出身地愛知県名古屋市瑞穂区

木暮洋輔役を演じる近藤芳正さんは、1961年8月13日生まれの愛知県出身で、松竹エンタテイメント所属の俳優です。

1976年「中学生日記」でデビューし、その後、三谷幸喜作品をメインにこれまで数々の作品への出演歴を誇る名バイプレイヤーの俳優です。

小学生の頃に、学芸会で主役を演じ、それがきっかけで早くから演技の楽しさに気づいていたとされています。

その後、中学生になると、両親に頼み込み、地元の児童劇団に入団し、本格的に演技経験を積んでいきました。

直接的な俳優デビューのきっかけとなったのは、「中学生日記」ですが、当時は高校2年生から3年生にかけての時期でした。

この頃は、両親が離婚しており、作品への出演に際して、心境のリンクがあったとしています。

その心境について、当時は「自分はここにいていいのだろうか?」という葛藤を抱えていたと述懐しており、世の中に対して、理由もなく反抗していたし、罪を犯すのではないかというくらい、自分の中にドス黒いものがあったと、当時の心境について、コメントしています。

このように、自分ではコントロールできない世の中の不条理について、早くから経験し、それに関して思い悩んでいたことが、後々、力強い俳優としての成功をもたらしたと言えるのかもしれません。

高校卒業後は、大学に進学せず、役者を目指す道を志しており、「中学生日記」に先生役で出演していた湯浅実さんの下で、1年間、演技を学びました。

その後、1979年に劇団青年座研究所に入所し、2年間在籍しています。

こちらで、より演技力を培った後、同研究所を卒業すると、今度は、渡辺正行さんが主宰を務めていた劇団七曜日に入り、同期間に俳優デビューを果たし、舞台を中心に活動していきました。

しかし、その後は、下積み時代が長く続いており、苦労することの方が多かったとされています。

転機となったのは、30歳頃と言われており、これは、三谷幸喜さんが脚本を務めた映画「12人の優しい日本人」への出演であったとされています。

さらに、三谷さんが主宰する東京サンシャインボーイズの舞台に、自称劇団員として、出演し始めたことで、より演技をする場を増やしていったとされていますだ。

さらに、三谷さんが、脚本家として有名になるにつれて、仕事も増えていき、1990年代から、映画、ドラマなどの映像分野に活躍の場を広げていくことに成功しています。

特に三谷幸喜作品の中でも、ドラマ「古畑任三郎シリーズ」や、「総理と呼ばないで」に出演し、一躍注目される俳優の1人となりました。他にも、ドラマでは、1995年には、「王様のレストラン」、1997年「踊る大捜査線」の第1話にゲスト出演、1998年「GTO」、2000年「ショムニ第2シーズン」、2003年「TRICK第3シーズン」、映画では、1997年、三谷さんの初監督作品「ラヂオの時間」、2004年「世界の中心で愛を叫ぶ」、に出演するなど、以降は、安定感のある演技力で、出演作品を盛り上げていきました。

さらに、2001年には、「劇団♬ダンダンブエノ」を起ち上げ、後進の育成にも積極的に関わっていきました。

また、2009年には、同劇団から派生したソロプロジェクト「パンダ・ラ・コンチャン」を起ち上げ、若手俳優に対して、ワークショップを主宰し、さらに指導力を発揮していきました。

一方、三谷作品へもコンスタントに出演しており、2006年には「THE 有頂天ホテル」、2008年には「ザ・マジックアワー」、2011年「素敵な金縛り」と人気作品に立て続けに出演し、三谷作品を彩る常連俳優の1人として、世間に認知されていきました。

朝ドラ

近年では、2015年に映画「野良犬はダンスを踊る」で、54歳にして初の映画主演を果たし、2018年大河ドラマ「西郷どん」(NHKに関しては、連続テレビ小説は、95年「春よ、来い!」をはじめ、2019年の「なつぞら」まで6作品に出演、大河も「西郷どん」で6作目)に出演しており、日本を代表する名脇役の評価通りの活躍となっています。

2021年には、後期連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」への出演を決定しています。

同作では、ジャズ喫茶の支配人兼バーテンダー役の小暮洋介役を演じることとなっています。

今作で、ヒロインが3世代に渡って繰り広げられる壮大な物語を、端役から盛り上げてくれることに大いに期待できる人物となっています。

彼女は?結婚してる?

近藤芳正さんに、現在彼女がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、1996年に舞台女優と結婚しており、2003年に離婚しているとされています。

しかし、2021年には、59歳ながら再婚をしており、まだまだ今後も結婚生活を謳歌してほしい人物となっています。

所属事務所は?

近藤芳正さんの所属事務所は、松竹エンタテインメントで、舞羽美海さんや森口瑤子さん、野島透也さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、カムカムエヴリバディのキャスト・近藤芳正さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「春よ、来い 第2部」工藤
朝ドラ「てるてる家族」米原恭司
朝ドラ「おひさま」飯田小太郎
朝ドラ「純と愛」粕谷部長
大河ドラマ「元禄繚乱」宮脇太郎次
大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」宮内典膳
大河ドラマ「風林火山」相木市兵衛
大河ドラマ「軍師官兵衛」柴田勝家
大河ドラマ「真田丸」平野長泰
大河ドラマ「西郷どん」田中雄之介
朝ドラ「半分、青い。」北野編集長
朝ドラ「なつぞら」野上健也
朝ドラ「カムカムエヴリバディ」木暮洋輔
4姉妹探偵団三崎太郎
相棒 Season8好田究
警視庁失踪人捜査課 第1話「3秒で消えた男」今岡勝
告発~国選弁護人鶴岡健次
遺留捜査入江
ダブルス~二人の刑事矢島謙吾
テレビ朝日開局55周年記念番組「オリンピックの身代金」佐々木車掌
映画
ゴッドタン THE MOVIE2 サイキックラブ所長
紙の月井上
D坂の殺人事件浪越警部
野良犬はダンスを踊る黒澤宗之
ホテルコパン桜木
屋根裏の散歩者浪越警部
WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~
東京スカイツリー特別ショートフィルム第二弾「ソラノネ」
手のひらを太陽に~palm・to・the・sun
獣道
リングサイドストーリー
ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。
三十路女はロマンチックな夢を見るか?
SHORT TRIAL PROJECT 2018「ブレス」
記憶にございません!
喝 風太郎!!
人間失格 太宰治と3人の女たち
決算!忠臣蔵
蒲田前奏曲
河童の女
舞台
髑髏城の七人 Season花狸穴二郎衛門
斜交 昭和40年のクロスロード三塚九兵衛
Neil Simon’s CHAPTER TWO
ラヴ・レターズ
闇に咲く花
持ち上げる人
La TERRSSE-ラ・テラス-
室温~夜の音楽~
ノイズ・オフ
いなくていい人
阿修羅城の瞳
バナナがすきな人
ピローマン
ビリーとヘレン
歌わせたい男たち
デモクラシー
トリデ~砦~
アジアの女
砂利
CM・広告
E*トレード証券
NTTドコモ
サントリー「モルツ
So-net
セキスイハイム
AGF「マキシム」
NTT西日本
Daiwa House
味の素「Cook Do」
イッツコムスマート

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト一覧です。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
橘安子上白石萌音
(幼少期:網本唯舞葵)
戦争で夫と死に別れた女性
雉真るい深津絵里母親に見捨てられ、英語を憎みながら育った女性
大月ひなた川栄李奈時代劇の世界に憧れている女性
岡山の人々
橘金太甲本雅裕安子の父
橘小しず西田尚美安子の母
橘算太濱田岳安子の兄
橘杵太郎大和田伸也安子の祖父
橘ひさ鷲尾真知子安子の祖母
雉真千吉段田安則雉真繊維の社長
雉真美都里YOU千吉の妻
雉真稔松村北斗雉真繊維の社長千吉の長男
雉真勇村上虹郎千吉の次男
雉真雪衣岡田結実雉真家の嫁
水田きぬ小野花梨安子の幼なじみ
水田卯平浅越ゴエ「水田屋とうふ」の店主
橘安子を取り巻く人々
ロバート・ローズウッド村雨辰剛進駐軍の将校
柳沢定一世良公則喫茶店『Dippermouth Blues』の店主
柳沢健一前野朋哉柳沢定一の息子
小川澄子紺野まひる大阪在住の主婦
赤螺吉兵衛堀部圭亮荒物屋「あかにし」の店主
こわもての田中徳井優橘家に押しかけてくるこわもての借金取り
小椋くま若井みどり雉真稔の下宿先「おぐら荘」の大家
村野タミ西川かの子雉真家に仕える女中さん
神田猛武井壮帝国軍人の海軍主計中佐
平川唯一さだまさし平川唯一ラジオ英語講座「カムカム英語」の講師
桃山剣之介尾上菊之助銀幕の大スター
磯村吟浜村淳ラジオパーソナリティー
エンタツ中川剛漫才師のエンタツ
アチャコ中川礼二漫才師のアチャコ
雉真るいを取り巻く人々
大月錠一郎オダギリジョーなぞの男
ベリー市川実日子ジャズ喫茶に通う女子大生
トミー早乙女太一ミュージシャン
竹村平助村田雄浩竹村クリーニング店の店主
竹村和子濱田マリ平助の妻
木暮洋輔近藤芳正ジャズ喫茶の支配人兼バーテンダー
西山太笑福亭笑瓶映画館の館主
ひなたを取り巻く人々
五十嵐文四郎本郷奏多大部屋俳優
野田一恵三浦透子ひなたの同級生
藤井小夜子新川優愛ひなたの同級生
大月桃太郎青木柚ひなたの弟
赤螺吉之丞徳永ゆうきひなたの弟
森岡新平おいでやす小田酒屋のおじさん
赤螺清子松原智恵子赤螺吉兵衛の妻
榊原誠平埜生成条映太秦映画村の職員
美咲すみれ安達祐実女優
伴虚無蔵松重豊大部屋俳優