マー姉ちゃん第114話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」19週目第114話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年8月11日(土)放送
第19週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第114話のネタバレあらすじ

ここからは、8月11日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第114話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

ここまでが、8月11日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第114話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第115話のあらすじを知りたい方は、第115話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第114話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第114話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第114話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

あっという間にお正月休みが終わってしまいましたね。しかも今回は、見送りもせずに一気にトメに帰ってきてしまいました。

実家ではもう少し話をしたかったのですが、社会人は忙しいのはわかります。

あっという間のお正月休みだけでなく、気象予報士の試験もあったんですね。

気象予報士試験では、気象予報士の資格を取得することができます。

最近では、朝ドラ「エール」で、音さんがすごい勢いで役に抜擢されたシーンがありましたが、それについても批判的な意見が多かったですね。

百音の奇跡は試験を受けた後に起こるのではないかと感じていましたが、おそらく合格しなかったのでしょう。

もし彼女が合格していたら、「気象予報士の試験を甘く見すぎている」というクレームが来ていたかもしれません。

喘息のせいなのか、雰囲気のせいなのかはわかりませんが。

雰囲気的に喘息ではないかもしれないと気づいたのかどうかはわかりませんが、最後には死んだ姿を見せることになるのではないかと思っています。

でも、年寄りだからテーブルと椅子はいらないという理由でキャンセルするなら、正しいキャンセル料を払っていることになるよね。森林組合の人たちは困った顔をしていたので、キャンセル料を取られなかったような気がしますが、一方的にキャンセルするのであれば、それなりに払うべきです。

菅波先生(声)菅波先生は、先週のエピソードの最後に登場しました。

今週も登場するかと思いきや、初日は声だけの登場でした。先週からどうでもいい回想に時間をかけすぎているのは見慣れているが、本当に場所を取りすぎている。

そんなに時間をかけるなら、もっと菅波先生を見せてください!」と。確かに「頑張れ」のメールは来ましたが、試験当日に長文の手紙を送ってきた人と同じ人からのメールとは思えないほど短いものでした…。まあ、菅波先生らしいといえばらしいのですが、モネはもう少し期待していただけに、落ち込んでいるように見えました。

彼女は自分が恋をしていることに気付き始めているのかなと思いました。彼女は恋をしていることに気づき始めているのかなと思ったのですが、まだその域には達していないようですね。

早く二人が結ばれるのを見たいですね。子供ができるような展開にはならないと思いますが、できたらちょっと燃えるかもwスーツ翌朝、ついにスーツを着てOL風に出勤!?次の日の朝、ようやくスーツを着てOL風に出勤しました。セキュリティの高い、なかなかかっこいい会社でした。

社員数の少ない会社だと思っていたのですが、社員数の多さに驚きました。

クレジットに社員の方が出てこなかったので、紹介されただけで今後は絡んでこないのかな?

個人的には、船の話と天気の話がとても気になります 結局、モネは先週までヘルパーとして働いていた報道部に配属された。

そして、彼女は小雨とアンブレラドルフィンの専属パペットに選ばれたのだ! 社長は、気象予報士としての腕前よりも、イルカを売ることに集中しているようだったので、林業組合が木材を売るように、イルカを売る方法を考えてくれないかと思った。地元の人たちは素晴らしい。

地元を離れる理由は、都会に憧れるとか、仕事がないとかが多いのですが、私は彼らを素晴らしいと思ったことはありません。偉いと思ったことはないけど、そういうものなのかな。その逆もまた然りで、東京で働くことが偉いとは思わない。

東京で仕事をすることが素晴らしいとは思いません。

彼女は、亮への愛を語っていた。

彼女は漁師であることを気にしていなかったし、むしろ自分の仕事に誇りを持っていた。

“ただ……。これが一番の問題だと思っていたし、それを名前で特定するとしたら、シンジが彼を苦しめていることだけだ。

そんな話をしているうちに、りょうちんが目を覚ましたんですが、これはフラグですか?みーちゃんを好きになって、みーちゃんが目を覚ましたときに自分も起きていた、なんてことになったら嬉しいですね。みーちゃんを闇から救ってくれるのは、りょうちんしかいません!お願いします。と言っています。

二人ともフットワークが軽いのですが、こちらの方が少し深刻なようです。

菅波は連続した尋問時間にたじろぎそうになったが、それでもちゃんと答えてくれた。仙台にいたときは何も考えていなかった」と正直に話してくれましたよね。

最後は野坂さんのカミングアウト。

野坂さんは三宮出身だったと思いますが、阪神・淡路大震災を経験されています。

その時のことは今でもよく覚えていて、大阪から転校してきた子のことは今でも忘れられません。

美しい!」。朝ドラ「おかえりモネ」でよく出てくる言葉に「きれい!」があります。今日もそう言われてしまいましたよね。

初対面の中学生がどんな心境なんだろう。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第19週目第114話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。