マー姉ちゃん第115話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」20週目第115話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年8月13日(月)放送
第20週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第115話のネタバレあらすじ

ここからは、8月13日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第115話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

ここまでが、8月13日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第115話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第116話のあらすじを知りたい方は、第116話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第115話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第115話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第115話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

第二の刺客長浦家から第二の刺客として送り込まれたミーちゃん。

縁日には来ないが、母親に頼まれると行ってしまう!?下宿にいるのなら、バスや駅に迎えに行けばいいのに、急に下宿にやってきて手短に済ませてしまいます。

今週のタイトルは「百音と未知」ですから、間違いなくこの二人の話ですね みーちゃんが静岡に出張に来た理由は、モネを見るためだけではなく、静岡への寄り道だったことが判明しました。

養殖業の総合検討会に参加すると言っていましたが、入社したばかりの新入社員を一人で参加させることができるということは、かなり優秀なのではないかと思いました。目黒といえばサンマという発想は、普通の若者とは思考回路が違うことを垣間見せてくれますが、中目黒と目黒は違うということにしておきましょう。

今回は彼女の職場の話をしたいのだが、ひとつ疑問があった。

彼女はいつ仕事に行くのか?基本的には桃園とは真逆の生活をしているはずなのに、なぜかいつも下宿にいるんですよね。お父さんやおじいちゃんが来たときもそうだし、今回ミーちゃんが来たときもそうだし。

もしかしたら働いていないのでは…という仮説を立て始めています。コウジが作ったフルートのこの芽を植えたいんです。

旗なんですよね。気仙沼に帰ってきて、この笛を植えて、将来、この笛が大輪の花を咲かせている姿で「おかえりモネ」の最終回を迎えよう、と思わせるフラグだと思います。24時過ぎにモモンの誕生日であることに気づき、誕生日のお祝いをしたが、その返事の仕方はあまりいいものではなかったという。

彼女は「何かをしなければならない」という気持ちに縛られすぎているのではないだろうか。彼女の感情や行動が少し独りよがりに見えてしまうのが残念だと思います。なぜ髪を切るのか!?そして、もうひとつ。もうひとつ気になったのは、三成の断髪式です。

お寺を継ぐのはいいのですが、断髪式でのそれぞれの気持ちがよくわからず、ただの断髪式の話になってしまいました。

父親も感動的な話し方をしていないし、何をしようとしているのかよくわからなかった。

きれいな言葉 朝ドラ「おかえりモネ」でよく使われる言葉に「きれいな言葉!」というのがあります。今日もそう言われました。

会ったばかりの中学生が「きれいな言葉」と言うのは、どんな心境なんだろう。確かに「誰かの役に立ちたい」というのは抽象的すぎるというか、具体的に何をしたいのかが見えてこないですね。

何をしたいのかはまだ見えていないと思いますが、気象予報士が1人いても、すぐに情報を発信することはできますが、具体的に何が起こると予想されて、その情報から何が得られるのかというビジョンがないと、人は聞いてくれませんよね。

ケハラツアー」を提案されましたが、誰かを助けるというよりは、天気予報をいかにビジネスに結びつけるかという内容で、それが本当にモネのやりたいことなのか疑問に思いました。

結局、具体的なものは何もなかったので、中学生でも「きれいなアイデア」と言ってくれたのでしょう。

脈なし!?みーちゃんは、いよいよダメになってしまったんですね。

そりゃあ、ずっと好きだったのに、同じタイミングで帰されるなんて……。というか、彼女は抱かれたかったんですよね。彼女と一晩二人で過ごしたいのに、いつも帰されてしまう…。何をしているんでしょうね。

みーちゃん、このまま東京に行ってしまいそうな気がしてなりません。

彼女が東京に行って、自分のやりたいことをやって、いい男を見つけて、結婚するのが一番いいと思うんだけどな~。ノーアバント! 久々のノーアバン! ノーアバンの一定のルールは、物語が重い雰囲気を持っていたり、内容が多かったりする場合です。

今回は前者ですね。

久しぶりに途切れないオープニングだったので、ちょっとびっくりしました。しかも、今日は菅さんのお休みではありません! 久しぶりに登場した菅波さん。

久しぶりに菅波さんにお会いしました。クレジットに名前が出ただけで、SNSでは盛り上がりました。

彼の人気の高さが伺えますね

さらに、突然の菅波さんの登場には、驚きと同時に大きな感動がありました。菅波さんは、おじいちゃんのことを下の名前である「リュウキさん」と呼んでいる。

話している内容は、相変わらずの菅波節だが、よく言ってくれた! 菅波さんが厳しいことを言うのは今に始まったことではありませんが、菅波さんは言うべき時には言う人です。仕事でプライベートな電話をするのは2年しかないけど、もっと気をつけないといけないな~。母が教師を辞めた理由がわかりました! なんとなく、震災が引き金になったのではないかと思っていましたが、やっぱりそうだったんですね。

経験した人にしかわからないことですが、たとえ教育者であっても自分の子供のことは心配ですよね。

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第20週目第115話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。