マー姉ちゃん第123話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」21週目第123話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年8月22日(水)放送
第21週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第123話のネタバレあらすじ

ここからは、8月22日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第123話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

ここまでが、8月22日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第123話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第124話のあらすじを知りたい方は、第124話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第123話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第123話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第123話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

浅岡の年齢 昨日、内田刑事のおかげで、浅岡の過去がわかった。

大学のマラソン大会で熱中症で倒れたのは、おそらく大学4年生の時。

大学4年生というと23年前ですから、逆算すると今の浅岡さんの年齢は45歳くらいでしょうか?西島秀俊さんの現在の年齢は50歳なので、役柄よりも少し若いですね。

西島秀俊さんの年齢は50歳なので、役柄より少し若いですね。光と闇に分けるとしたら、光は鮫島・神野ペア、闇は桃音・未知子ペアだ。

何かで争えばダブルスコアで負けてしまいますが、2人の光に導かれて成長していこうとしていたのではないでしょうか?自分のために100%頑張る鮫島さんや、常にチャンスをうかがっている神野さんを見ていると、「これでいいんだ」と思えてきます。

鮫島さん、神野さん、ありがとうございました。

皆さんもお気づきだと思いますが、内田は自分の意見をはっきり言う人です。

私はこれをどうしたらいいのかわかりません。今週は彼の拒否で終わってしまいましたが、専属医という触れ込みでしたので、来週は何らかの形で参加するのではないでしょうか。

視聴者としては、登場回数が増えるのはいいことだし、安定した見どころがあるので歓迎です。皮肉を込めて指摘させていただきます。~~~~~ もうハイライトが当たり前のようになっているのが気に入らないのですが、これが当たり前になっているのであれば、もう何も言いません! 毎回、文句を言ってしまいそうですね。

でも、今日はいつになく短かったので、そこまで文句は言いませんが、納得はできません。そんなに文句を言うつもりはないけど、納得できない。東京の人口は1300万人です。

納得できますよね。

菅波さんが納得していない理由はそこなんですよ!?それは先生が言ったことだけど、ちょっと面倒くさい人だなと思った。彼は、ありえない偶然に、私をうならせればよかったのです しかも、菅波先生は、近くに住んでいるのに4ヶ月もすれ違っていたことに納得していなかった。

過去に2回もすれ違っていたことを知ったら、さらに納得がいかないだろうが、ある意味では知らせてあげたいと思う。

しかし、菅波先生は夜勤明けに現れたことが判明した。

考えてみれば当たり前のことだが、彼もまた夜勤の医師として働いていたのだ~。今となっては、二人が付き合う確率が飛躍的に高まったことは誰の目にも明らかだ。

二人の時間をどうやって作るか悩んで医者になることを決めたのかどうかはわかりませんが、うまくタイミングを合わせられたのは良かったのではないでしょうか。また、今日は宇田川さんの声を聞くことができました! クレジットにも出ていなかったので、シークレットキャラクターということでしょうか。

ここまで引っ張っておいて、何かつまらないことになっていないか、ちょっと心配です。

コウジがトメに来たとき、何気なく笛を作ってモモネにプレゼントしていた。

それがまさかここで活躍するとは!?来週のように、落ち込んだ時や決心した時に、山頂から笛を吹くシーンがあると思っていたのですが、まさかここで笛が回収されるとは?いやいや、きっとそういうシーンがあるのではないでしょうか?コード・ブルー。やっと救われた人たち。

きっとそんなシーンがあると思います。

圭介が助かって本当に良かった!」と。おかえりモネ」の前に放送されていた朝ドラ「あぐり」では、ヒロインの夫の名前が「エイスケ」で、彼は自由人なので、エイスケと圭介は似ているんですよね~。と一人で突っ込んでいました。

すると、何となくわかる?なんと、SNSで同じコメントをしている人がいたのです 同じことを考えている人がいるんだと、ちょっと嬉しくなりました。クレーマーネタかと思いきや、逆になってしまった。

それをどう受け止めればいいのか、よくわかりません。

菅波さんの言葉はキツイですねー。でも、彼の言ったことはごく普通のことです。

プロならきちんと仕事をするべきだというのはわかりますし、「仕事をしているときに見つけたいものがある!」というのが失礼なのもわかります。また、「仕事中に探し物をしたい!」というのが失礼なことであることも理解しています。

しかし、それを面と向かって言うというのは、かなり議論の余地があるのではないでしょうか。そこまでしなくてもと思う人もいれば、親心だと思う人もいる。

賛否両論あると思いますが、本人が落ち込んでいないところに疑問を感じます。気がつけば、東京に来てから3年半が経っていました! あっという間の東京物語でしたね。

アバンさんの3年半の振り返りには感慨深いものがありましたが、レイワ時代に突入した瞬間に立ち会えたことを誇りに思います。

ももちゃんが大人っぽくなったなぁと感じました。

ももちゃんはまるでモデルのようですね。

私は

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第21週目第123話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。