マー姉ちゃん第144話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」24週目第144話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月15日(土)放送
第24週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第144話のネタバレあらすじ

ここからは、9月15日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第144話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

ここまでが、9月15日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第144話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第145話のあらすじを知りたい方は、第145話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第144話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第144話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第144話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

なぜ阿澄さんが龍騎の牡蠣棚が突風で大きな被害を受けたことを知っているのか、放送前に予想していたのですが、見事に当たりましたね。やはり、ママ軽油から情報を得て、モモンに伝えていたからですね! これは朝ドラの醍醐味ですよね。

これは朝ドラの醍醐味ですよね。朝ドラ「お蝶庵」の場合、予想外の展開が多いので、間違ってしまうことが多いのですが、それが楽しみでもありましたw今回の朝ドラ「おかえりモネ」は現代的なストーリーなので、予想しやすいのですが、予想が当たった時は嬉しいですね。

告白タイム明日は桃音の誕生日ですが、菅波先生から「結婚したい」と告白されます。

プロポーズというほどのものではありませんでしたが、途中で自問自答しているシーンは、いかにも菅波先生らしい展開でした。

純粋というか、理屈っぽいというか、そういう男性は嫌いではないのですが…。ただ、しっかりとしたプロポーズをするときは、しっかりとした場所で、真剣にやってほしいですね 百音は、カサカサした日差しの熱を利用して、何かを考えた。

さやかに報告すると、カサカサになると表現していた。

夏木マリさんの干物は、値段相応の価値があるようです。モネとサヤカは干物とは関係ない。

笑うところなんだろうけど、当事者としては気まずいよね~ほんと、若い人は言うことが容赦ないw 伝説の名人のクレジットに「伝説の名人」ってあったよ~。なんじゃそりゃ?偉い師匠が登場する予感がしていたのですが、いざ登場してみると本当に仙人のようでした!(笑 伊藤さんの師匠ということで、本当に腕がいいんですよ。

ちょっと仕事をしているシーンがあったのですが、凡人の私にはその凄さがわかりませんでした。モネが思いついたのは、ビニールハウス。

しかし、それはすでに考えられていて採算が合わないという。

でも、でも!?その時は、ロット数が少ないので採算が合わなかったのですが、数を出せば採算が合うことがわかりました。

理解するのに時間がかかりましたが、採算ラインが読めるのであれば、それでビニールハウスを作ればいいのではないでしょうか?素人間隔で申し訳ありませんが、いかがでしょうか。また、問題は職人さんの確保です。

川久保さんはようやく職人さんを集めましたが、集めるのが早くないですか!?あれは時間的には数日だったかな?同じ日の話をしているようでも、最終的には納品を終えて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

でも、一番気になるのは、入札はどうなったのか?大手企業も興味を持っていたと聞いています。

入札をせずに特別注文のような流れになったことに、少し違和感を覚えました。

台風朝ドラ「おかえりモネ」がようやく始まり、どんな風に始まるのかと思っていたら、ヒロインのモネが生まれた日の話から始まりました。

母親が誕生に気づいたのはいいのですが、なんとその日は台風で、本土に連れていけない!ということになりました。そこで、彼女は友人の船乗りに頼んで本土に連れてきてもらったのですが、台風が来ることがわかっていたのに、その前に本土に行く必要性を感じなかったのかと、ちょっと疑問に思いました。

彼の話を聞いていると、島では子供を産めないように思えたが、そんなことは最初からわかっていたことではないか。しかし、それは最初からわかっていたことではないだろうか。また、本土の病院に行くなど、事前に対策を講じることもできたはずだ。

もうすぐ産まれることはわかっていたし、台風が来ることもわかっていたし、島で産むことができないこともわかっていた。

台風が来る前に、せめて本土に行って赤ちゃんの世話をするのが普通だと思っていたのですが、そうではなかったようですね?コトー先生と菅波浩太郎先生の初登場シーン。

なんだか小東先生のクリニックに似ていましたね。

今日一番驚いたのは、亡くなった祖母が牡蠣に生まれ変わったこと。

死んで牡蠣に生まれ変わるなんて、どんな罰ゲームなんだ?食べられてもまた牡蠣に生まれ変わるわけではないでしょう?

朝ドラの多くは、主人公が江戸時代や大正時代に生まれていて、その人の人生を描いています。

“現代 “を舞台にした物語です。

半分、青い』と同じように現代を舞台にしていますが、子役が出るという情報もありますので、回想シーンとして流すこともあるかもしれません。

昨日は突っ込みませんでしたが、彼女は手ぶらで来ましたよ。気仙沼の人たちは、みんなアポなしで訪れるものだと思っているようなので、偏見を持たれないかちょっと心配です。

しかし、今までの訪問者と違って、りょうちんの登場で不穏な空気を感じたが…まあ、仕事で銚子から築地に来て、そのついでに寄ってくれたのだが、やはり不穏な空気を感じた。荷物もなく、着替えもないので心配していましたが、安心して

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第24週目第144話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。