マー姉ちゃん第74話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」13週目第74話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年6月26日(火)放送
第13週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第74話のネタバレあらすじ

ここからは、6月26日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第74話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

ここまでが、6月26日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第74話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第75話のあらすじを知りたい方は、第75話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第74話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第74話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第74話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

なぜ阿澄さんが龍騎の牡蠣棚が突風で大きな被害を受けたことを知っているのか、放送前に予想していたのですが、見事に当たりましたね。やはり、ママ軽油から情報を得て、モモンに伝えていたからですね! これは朝ドラの醍醐味ですよね。

これは朝ドラの醍醐味ですよね。朝ドラ「お蝶庵」の場合、予想外の展開が多いので、間違ってしまうことが多いのですが、それが楽しみでもありましたw今回の朝ドラ「おかえりモネ」は現代的なストーリーなので、予想しやすいのですが、予想が当たった時は嬉しいですね。

告白タイム明日は桃音の誕生日ですが、菅波先生から「結婚したい」と告白されます。

プロポーズというほどのものではありませんでしたが、途中で自問自答しているシーンは、いかにも菅波先生らしい展開でした。

純粋というか、論理的というか、そういう男性は嫌いじゃないんですが…。でも、しっかりとしたプロポーズをするときは、しっかりとしたところで真剣にやってほしいですね! 浅岡の年齢 昨日、内田刑事のおかげで、浅岡の過去がわかりました。

大学のマラソン大会で熱中症で倒れたのは、おそらく大学4年生の時。

大学4年生の時というと23年前だから、逆算すると今の浅岡の年齢は45歳くらい?西島秀俊さんの現在の年齢は50歳なので、役柄よりも少し若いですね。

西島秀俊さんの年齢は50歳なので、役柄より少し若いですね。光と闇に分けるとしたら、光は鮫島・神野ペア、闇は桃音・未知子ペアだと思います。

何かで争えばダブルスコアで負けてしまいますが、2人の光に導かれて成長していこうとしていたのではないでしょうか?自分のために100%頑張る鮫島さんや、常にチャンスをうかがっている神野さんを見ていると、「これでいいんだ」と思えてきます。

鮫島さん、神野さん、ありがとうございました。

皆さんもお気づきだと思いますが、内田は自分の意見をはっきり言う人です。

私はこれをどうしたらいいのかわかりません。今週は彼の拒否で終わってしまいましたが、専属医という触れ込みでしたので、来週は何らかの形で参加するのではないでしょうか。

視聴者としては、登場回数が増えることは歓迎です。”盆暮れ “ってなんだろうと思っていました。鐘楼浮舟のようなものですね。

地域によってやり方が違うのですが、宮城では盆船として行われていることを初めて知りました。

テレビで紹介されている食べ物って、どうしてあんなに食べたくなるんでしょうね。個人的にはキンツバよりもカキを食べたいですね。

そんな家庭を夢見ていましたが、現実には朝は戦争!?捨て犬のコウジが外に出ると、ミツオとぶつかる。

捨て犬のような目をしていたが、その目を見たら拾うしかないのだ。耕治もまた、とても面倒見のいい男だ。

でも、話し合いをしたはずなのに、チラッと見られただけなんですよねー。私は、そのようなことがあってはならないと思っています。辞めた理由は、母が学校の先生をしていたことを初めて知ったからです。

二人の娘が辞めた理由を推測したところ、答えは「教育委員会とのバトルがあったから」でした 私は、「これはフラグではないか?私は、”これはフラグではないか?”と思いました。でも、彼女が祖母の介護に疲れていたのも、年齢的にも理解できる気がします。

体力の限界!?昔、「体力の限界だ」と言ったお相撲さんがいましたが、その言葉の意味がわかったのは、大人になってからでした。

教育委員会とのバトルの話は発展しないと思いますが、母親の過去の話はそのうち出てくるかもしれませんね…。仙台への帰り道、浩二が待っていた。

私は、その時のことをよく覚えていない。彼が同じように感じていたかどうかは分からない。これからの三成をチェックしておかないといけないなー。私はこれをどうしたらいいのかわかりません。食中毒とかにはならないと思いますが、夏ですからね。紙袋とかに入っていたから、一部は傷んでいるかもしれないし、それだけが気になった。いやいや、そんなことはないですよ。

民宿といえば、朝ドラの「ちゅらさん」ですよね。

おかえりモネ」の次の「カムカムエブリデイ」は沖縄らしいので、また再放送で見られるかも?もうひとつ回収されたのは、組手の什器ですね。

なぜ持ち帰ったのかと思ったら、祭壇になっていた。

あれがなかったら、何か棚のようなものを作ろうと思ったのだろうか。おじいちゃんは「貸してくれ」と言いながら、ノコギリで切っていました。

初盆で、モモンちゃんたちがおばあちゃんを迎える準備をしています。

何か呪文のようなものを唱えていましたが、それは地方の祭礼でした。

聞いたことはあるだろうが、人を迎えるときに歌うなんて聞いたことがない。何もできませんでした」→「頑張ります!」。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第13週目第74話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。