マー姉ちゃん第94話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」16週目第94話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年7月19日(木)放送
第16週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第94話のネタバレあらすじ

ここからは、7月19日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第94話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

ここまでが、7月19日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第94話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第95話のあらすじを知りたい方は、第95話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第94話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第94話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第94話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

朝ドラ「おかえりモネ」の世界では、たまに東北に台風がやってくる。

テレビドラマだから仕方がないが、なぜ東北にピンポイントで災害が起こるのか。今回の台風は、前回の台風と同じようなルートを辿っているようです。

あまりにもリアルで、前回、現実世界で東北を襲った台風と同じ道を辿っている…。今回は観測史上初の台風が相手ですが、モネはいつの間にか気象庁に確認の電話をかける係になっていて、成長していますね~。モモンはおじいちゃんに気仙沼が心配だと電話していました。

牡蠣小屋が奪われるかもしれないから気をつけろ」と言っていたのが、なんだかかっこよかったですよね。綾子さんも言っていましたが、急に頼もしくなってきましたよね。

ただ、未知の世界というのはちょっと心配ですね。

お姉さんのたくましい姿を見て、どんな気持ちになったのかな。

ここで何かが起こりそうな予感がします。

もう中の人!?朝からぶっ飛んでいます! まさかとは思いましたが、びっくりしました。

雰囲気はももクロのままでしたが、内容は宇宙天気のようなシリアスなものでした。プレゼンの仕方が自分の話の延長線上にあるような感じで、すごく気になりました。そして、もう一つのイベント、キーハンディング! 私は、「鍵を渡すのはまだ早いのでは?鍵を渡すのはまだ早いのではないかと思ったのですが、そういえば今年のクリスマスに二人が連絡を取り合ってからかなり時間が経っていることに気づきました。ちょっと野暮な質問ですが、お二人はもうコミュニケーションをとっているんですよね?まだ小学生のカップルじゃないですよね?と思ってしまうのですが、どうなんでしょうか?私はそれを作るために何をすべきかわかりませんが、私はそれが良いアイデアだと確信しています。

私はそれを作るために何をすべきかわからないが、私はそれが良いアイデアだと確信している。

ジャニーズではKing &Princeに所属しています。

正直、私はジャニーズファンではないので、そこまで期待していないのですが、いい男は滋養になるということで、彼の登場を楽しみにしていましたね。そんな永瀬廉さんがいつ登場するのか、世間ではかなり注目されていましたが、今日はただの写真でしたね 昨日から感じていたのですが、夏木マリさんは思っていたよりも全然威張っていませんでした。役割としては森林組合のボスであり、大地主として周辺住民にも知られています。

特にあの金髪?その金髪がスーパーサイヤ人のような強さを感じさせるのかどうかはわかりませんが、さやかは桃園あすなろに木のことを教えています。

灰羽さんがあすなろの話をしていたのですが、私は初めて聞きました とか “朝からヒノキになろう!” そして、あすなろ!?そして、ヒノキの北限は福島で、登米には生えていないこと。その話はとても勉強になりました。でもその話は、悩んでいる桃音に、急がなくてもいいよ、ゆっくりでいいよ、と伝えるためのものだった。

私は、その話を聞いて、「そうか、そうなのか」と納得しました。というか、仕事中に電話してくるなよー。自分に何かあったときに後悔するパターンですよね。

例えば、両親の死を見届けられなかったこととか、…. で、今回は親の見送りもせずに一気にトメに帰ってきてしまった。

もう少し家で話をしたかったのですが、社会人は忙しいのはわかります。

あっという間に過ぎたお正月休みだけでなく、気象予報士の試験もありました。

気象予報士試験では、気象予報士の資格を取得することができます。

最近では、朝ドラ「エール」で、音さんがすごい勢いで役に抜擢されるシーンがありましたが、それについても批判的な意見が多かったですね。

私は、百音の奇跡は試験を受けた後に起こるのではないかと感じていましたが、おそらく彼女は合格していないでしょう。

もし合格していたら、「気象予報士の試験に甘えすぎだ」というクレームが出ていたかもしれません。

喘息のせいなのか、雰囲気のせいなのかはわかりませんが。

雰囲気的に喘息ではないかもしれないと気づいたのかどうかはわかりませんが、最後には死んだ姿を見せることになるのではないかと思っています。

でも、年寄りだからテーブルと椅子はいらないという理由でキャンセルするなら、ちゃんとキャンセル料を払っているんでしょうね?森林組合の人たちは迷惑そうな顔をしていたので、キャンセル料はもらえなかったような気がしますが、一方的にキャンセルするのであれば、それなりのお金を払うべきです。

私は休みの日に渡米しましたが、娘は休みの日に仕事をしていました。ブラック企業かと思いきや、林間学校でした。

林間学校は土日に行われるのですか?本物の学校かどうかはわかりませんが、本物のようですね。本物の小学校なのかなと。

学校が使われなくなった時に、あんなに走り回って大丈夫なのかなと思いました。スタッフが「楽しんでください」と言ったのでしょうが、見ている方は大変でしたよ。ちょっとクラス崩壊しすぎでした

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第16週目第94話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。