マー姉ちゃん最終回(第156話)のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」26週目第156話(最終回)のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月29日(土)放送
第26週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第156話(最終回)のネタバレあらすじ

ここからは、9月29日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第156話(最終回)のあらすじをまとめたネタバレです。

※マー姉ちゃん156話(最終回)のあらすじは放送されましたすぐにまとめます。

朝ドラ「マー姉ちゃん」の最終回ネタバレ予想

朝ドラ「マー姉ちゃん」の最終回ネタバレ予想です。

朝ドラ「マー姉ちゃん」の原作は、サザエさんの作者である長谷川町子さんの自伝エッセイ漫画『サザエさんうちあけ話』です。

東京へ一家引っ越す話やノラクロを生みだした漫画家・田河水泡さんの弟子になる話など、『サザエさんうちあけ話』の実話を踏襲しています。

その流れでいけば、朝ドラ「マー姉ちゃん」の最終回も『サザエさんうちあけ話』と同じような終わり方になりそう感じですが、『サザエさんうちあけ話』の最後の締めくくりは、母親の長谷川サタさん、つまり朝ドラ「マー姉ちゃん」の中では、磯野はるがボケてしまうというものです。

厳密にはボケとは書かれていませんが、子供の顔も忘れてよその人だと思い込んで話しかけるとあります。

症状からみて痴呆症だと思いますが、姉の長谷川毬子、つまり磯野マリ子が母親と一緒に昔話もできないと嘆いてしまうのです。

それでも妹の長谷川町子さん、つまり磯野マチ子が「なげきもこの世はうたかただ」といい、気分転換に絵の展覧会に行こうとさそいます。

こうして、姉妹二人は、さきほどまでの嘆きはどこ吹く風と街に繰り出していって、自伝の終わりとなります。

この流れを踏襲するのであれば、最後まで仲の良い姉妹として描かれておしまいということでしょうが、母親の痴呆はでてこないかもしれませんね。

破天荒な母に行動力のある姉、そして漫画家となった妹。

前向きに終わる最終回しか浮かんできませんw

ここまでが、9月29日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第156話(最終回)のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第1話からもう一度あらすじを知りたい方は、第1話「絵に一筆」へ読み進めてください。

「マー姉ちゃん」の最終回はいつ?

朝ドラ「マー姉ちゃん」の第1回が放送されたのが、1979年4月2日です。

「マー姉ちゃん」は 156回放送され、156回の今回が最終回となります。

よって、「マー姉ちゃん」の最終回は、1979年9月29日(土)です。

現在、「マー姉ちゃん」が再放送されていますが、再放送の最終回は、例年でいえば、2022年3月26日(土)になります。

朝ドラ「マー姉ちゃん」第156話(最終回)の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第156話(最終回)の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

 

 

モネは、合格率5%の気象予報士試験を受けることを告白する。

沙也加の体の柔らかさに驚いたが、気象予報士の合格率5%はさすがに国家資格である。

そういえば、同じく気象予報士の資格を持つ石原良純さんも、何度も試験に落ちたと言っていたことがありました。

今はドラゴン桜が出ているので、試験には気合が入っています。田中さんは今も盗撮をしています。

倒れてどうなったのかと心配していましたが、お元気そうで何よりです。

彼の強引さが健在なのが嬉しいですね。そんな時、田中さんに誘われて、テーブルと椅子を注文しにお店に行った。

彼女とモネを結びつけるのかと思ったら、結局、両親の馴れ初めを話してくれた。

盗撮は許せても、そこまでするかな?知らなくていいこともあると思うし、両親の馴れ初めの話は、子供が聞きたくない話のトップ3に入ると思うんです。

私はそれが良いアイデアだとは思いませんが。それと、その筋金入りのミュージシャン風の顔は何ですか?と思っていましたが、これはいいアイデアですね。明日、何が明らかにされるのか楽しみですね。家族に手紙を書いたことがあるかどうかはわかりませんが、良いニュースではないかもしれないとドキドキしています 今の時代、親に手紙を書くことはとても古風なことですが、「この島を出たい」から「この島に残りたい」へと気持ちが変わっていく様子が見られました。

仙台放送のメインキャスターとして採用された毬谷莉子さん。

仙台放送のメインキャスターとして採用されることになりましたが、再び登場する可能性も大いにあります。

モモンが気仙沼に戻ることを決めてから、舞台は仙台に移る。

仙台放送は2人を再会させるためのものだと思いますが、どんな展開になるのか楽しみですね。<div class=”yokoku”>ハグの続き今週は、ハグの続きからです。私は洗濯ではなくモネを見に来たのですが、まさか洗濯機に邪魔されるとは思っていませんでした。彼はここで笑いを取りたかったようですが、個人的にはキスしてほしかったな~。笑)」と言っていましたが、その通りだと思います。欲を言えば、1分間の「ヘッドバンギング」→「一斉クリスマス」→「結婚発表!」とジャンプして欲しかった。1分間から次の1分間にジャンプしていたらすごいことになっていましたが、さすがにそこまではしませんでしたね。

当たり前」という言葉が一番遠いところにあるのに、今週はどうしちゃったの?今日も1分以上の振り返りでお届けします! 今週は何がいけないの?今週は何がいけないの?この総集編は誰のためのもの?今週の朝ドラ「おかえりモネ」は、珍しく前日のダイジェスト版でしたが、目を引いたのは総集編ではなく ~~~~~~ に菅波さんが登場し、どこに登場するのかと思っていました。サメのぬいぐるみの予報を使って情報を伝えようとする2人。

菅波さんは、「この人は、私のことが好きなんだな」と思った。本当にこの方法で伝えていいのかどうかはわからない。結局、仙台の山沿いのごく狭い範囲で話をすれば、普通に伝わるのではないかと思ったのです。浅岡さんは淡々とした雰囲気だったが、勢いよく言ってしまうところに若さが出ていたのだろう。そして、いきなり30秒延長の時間になりました! 30秒って短いようで長いんですよね。

神野莉子・マリアンナが驚いたのは、逆回しだったこと!?まさに「時計を戻そう!」ですね。ちょっとしたクーデターで高村さんが怒るかと思いきや、そんなことはありません。

むしろ、浅岡との会話で、過去に何かしたのではないかというフラグが立ったのではないでしょうか。

それが東京編でわかるのが楽しみですね。コインランドリーに待望の第一号生存者! コインランドリーが二人の愛の巣になるとは思っていませんでしたが、見たところ同じ地域に住んでいるようですね。

東京でどうやって二人をくっつけようかと考えていましたが、まさか押し付けることになるとは思いませんでした。

以前ならば、彼らのお気に入りのカフェで、ということになるのでしょうが、コインランドリーは下着を持っていくとなると、ちょっと厄介です。面白そうだなと思ったのですが、中村さんのキャラクターについては全く触れられていませんでした。彼は菅波とは正反対の日焼けをしているように見えるので、面白い展開を期待していた。

彼は「治療をして治したい」と言っていましたが、過去に何かあったような気がします。

誰かを亡くしたとか、過去にそういうことがあったのかな。

中村先生のキャラクターは嫌いではないので、どんどん登場させてほしいですね さやかが牡蠣の値段を聞いたとき、3年物だと言っていました。

 

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第26週目第156話(最終回)のあらすじのネタバレと感想まとめでした。