マー姉ちゃん第1週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第1週(1話~5話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年4月2日(月)~4月7日(金)放送

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第1週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『マー姉ちゃん』第1週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第1週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第1週『』一覧
放送回放送日
第1話「絵に一筆」4月2日(月)
第2話「金賞」4月3日(火)
第3話「」4月4日(水)
第4話「大五郎の勘違い」4月5日(木)
第5話「東京行きの理由」4月6日(金)
第6話「のらくろの絵」4月7日(土)

昭和9年3月のある日。
真理子は、友人の富子とともに学校が終わると大急ぎで家に戻ってきた。
家の中に入ると、絵具を手に取り、また外へ出ていこうとする。
すると、磯野マチ子(田中裕子)が立ちふさがり、スケッチブックを踏んだことを謝れと口論になる。
二人が、取っ組み合いのケンカをはじめると、騒ぎに駆け付けたお手伝いの田畑千代(二木てるみ)が間に入り仲裁した。
なんとか絵の具を手に入れた磯野マリ子(熊谷真実)は、すぐに展覧会場へ向かった。
マリ子は、福岡新聞社主催の美術展に出品していたのだ。
彼女が提出した作品は、大作「裸婦」。
すでに提出済の絵だったが、マリ子は、担当者に「裸婦」のほくろの影をかき忘れたといい、絵に一筆入れたいと訴えた。
本人の絵か証明するものがないからできないと断られるが、マリ子に絵を教えていた石井先生がいたため、一筆入れることが許された。
家に帰ると、母・磯野はる(藤田弓子)から先ほど喧嘩した件で、二人とも叱られる。

 

 

 

昭和九年三月のある日、マー姉ちゃんこと磯野日マリ子(熊谷真実)が、ころげるように家を飛び出て行った。

「顔のほくろの影をかき忘れた!」

福岡新聞社主催の美術展に出品した彼女の大作「裸婦」の、ほくろの影をかき忘れたというのだ。

審査開始の直前に、ほくろは無事に完成したが、係員たちはそのあわただしさにあきれたり、驚いたり。

そそかしくて、どこか憎めないのが、マリ子の身上であった。

ここまでが、4月2日~4月7日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第1週のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第2週のあらすじを知りたい方は、第2週へ読み進めてください。

朝ドラ「マー姉ちゃん」第1週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第1週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

マー姉ちゃん1週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第1週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。