マッサン第38話のネタバレあらすじ!英語レッスン開始

こちらでは、朝ドラ「マッサン」7週目第38話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第37話「英語を教えてほしい」では、家主の野々村から娘たちに英語を教えてほしいとお願いされるストーリーでした。

マッサンの第38話「英語レッスン開始」では、幸子たちのためにエリーが自宅で英語レッスンを開始するストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年11月11日(火)放送
第7週サブタイトル『触らぬ神に祟りなし』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第38話のネタバレあらすじ

ここからは、11月11日に放送された朝ドラ「マッサン」第38話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン38話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

家賃が支払われるのを待つのではなく
大家さんの娘さんたちに英語を教えるために
エリーです。

彼女は、大家の家族について聞かれ
彼女は大家に家族の事情を聞いた。

大家の奥さんは3年前に亡くなっている。
妻は三年前に死んだ。子供はとても気に入っていたメイドを二番目の妻として迎えた。
その子供はそのメイドをとても気に入っていた。

 

上の姉は中年の女性である。
だから、お姉さんは彼を受け入れることができない。
そうなんだ……”

妹の奈津は、すぐに
2番目の妻である由紀子は、すぐに奈津になつくことができた。

しかし、姉の幸子はなかなか心を開くことができないでいた。
雪子を「お母さん」と呼ぶことができないでいた。
しかし、幸子さんの姉の幸子さんは、なかなか幸子さんに心を開くことができないでいた。

 

なんとか、お母さんと呼んでもらいたい……。
エリーは、幸子と奈津のために何ができるかを考えている。
エリーは、幸子と奈津のために何ができるかを考えている。

しかし、マッサンはそんな彼女に「ダメだよ、エリー。

 

エリー、そんなことしちゃだめだ。他人の家に入り浸ってはいけない。
他人の家に入り浸ってはいけない。

日本には「触らぬ神にたたりなし」ということわざがあります。
日本にはこんな言葉があります。

 

さわらぬ神にたたりなし?何でしょうか?
何でもいいんです。他人とあまり深く関わらない方がいいという意味です。
他人とあまり深く関わらない方がいいという意味です。

エリーはマッサンにたしなめられたが、まだどう考えていいのかわからない。
エリーはどう考えていいのか、よくわからないでいた。家庭教師の日
家庭教師の日がやってきた。

 

亡き母を思い出し、悲しげな表情を浮かべるサチコ。
エリーは黙っていられなくなった。
エリーは英語のレッスン中に由紀子と話しをし
英会話のレッスン中の由紀子

幸子、結婚するまで本当に寂しかったんだね。
結婚するまで、本当に私のことを好きでいてくれたんだ。私はメイドの頃から、あなたと由紀子を本当の娘のように思っていた。
私は女中だった頃から、二人を自分の娘のように思っていました。

由紀子から二人の娘の話を聞いたとき、彼女は心から二人を愛しているように思えた。
由紀子は二人の娘を心から愛しているようだった。

 

「でもね…私は二人の娘の母親になるために結婚したんです。
でも… 娘二人の母親になるために結婚したのに、このままでは離婚してしまうかもしれない…。
離婚するかもしれない……」と。

もし、自分が子供に懐かないのであれば、考えなければならないのは
子供に懐かないのであれば、野々村さんのご両親は離婚を考えているとのこと。
子供に懐かないなら、野々村の両親は離婚を考えている。

困っているんです。Sachikoに相談してみるよ。
幸子に話してみるよ。これから、私の家で英語を勉強してもいいですか?
これからはあなたの家で英語を勉強してもいいですか?”

“あなたの家?

エリーは、家でレッスンをしたいと言って、由紀子を驚かせました。
彼女は家でレッスンを受けたいと言って、由紀子を驚かせた。

 

 

亡くなった母親のことが忘れられず、由紀子(愛原実花)との関係に思い悩む幸子(田中葵)の気分を変えようと、エリー(シャーロット)は自宅で英語レッスンを始める。自分自身の経験から幸子の気持ちがわかると伝えるエリーに、死んでしまった母親が悲しむからと由紀子を「お母さん」とは呼べないと幸子は告白するのだった。そんな中、エリーは「人生は冒険だ。悔いなく生きろ」と教えてくれた父のことを思い出し…。

ここまでが、11月11日に放送された朝ドラ「マッサン」第38話のあらすじのネタバレです。

マッサン第39話のあらすじを知りたい方は、第39話『技術者』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第38話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第38話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

地元の人は偉い

地元の人は偉いって、おかしくないですか?と愚痴をこぼすスーチング。

一般的に地元を離れる理由は、都会への憧れや仕事がないことなどが多いようですが、私はあまり偉いと思ったことはないのですが、そういうものなのでしょうか?

逆もまた然りで、東京で働くことが素晴らしいとは思っておらず、このシーンには少し違和感を覚えた。

そして、それまで暗躍していたみーちゃんが口を開いた。

彼女はリョウへの愛を語っていた。

漁師であることは嫌いではないが、むしろ自分の仕事に誇りを持っているとのことだった。

やっぱり「ただ……」が一番の問題で、それをピンポイントで名指しすると、シンジが辛くなるだけなんです。

リョーチンはその話をしてる時に目が覚めた、これはフラグか?

みーちゃんに惚れ始めて、あの時目が覚めたんだ!とか言い出したら最高なんだけど。

頼むよ、みーちゃんを闇落ちから救えるのはりょうちんだけなんだ。

みゃーくりをレビュー!

別のシーンでは、ももクリがちんのすけに殴られるシーンがあります。

まさか、ももくりが千之助と口論になるとは夢にも思いませんでした。

あれだけ千之助を信奉していた人が、これほどまでに面白くない話とは、相当なものだったのでしょう。

今まで千之助の腰巾着くらいにしか思っていなかったが、今日でずいぶん格が上がったものだ。

しかし、百里まで否定されたら、誰も千之助についていけなくなる。

それが、最後に荷物をまとめて逃げ出そうとした理由の一つだったのでしょうか。というところで物語は終わった。

さて、次はどうなることやら…。

明日も乞うご期待!

密会ではありませんが、福富お茶子姉妹がしずちゃんや歌舞伎役者の早川円四郎さんと会話しているところを目撃されていますね。

また、待ち構えていたかのように、椿姉妹もちゃんといましたね。

やばい、お偉いさんに見られた!」と思ったら、案の定、噂を流していました。!!!!

街ですれ違うだけかと思ってた!?

でも、以前亀さんがおっしゃっていたように、道頓堀に長くいる人にとっては、そんな噂は嘘だと思うんじゃないですか?

まさか、言葉は悪いですが、はなさんがしずちゃんの恋愛に口出しした!?

岡安家の跡取り娘でもあるわけですから、岡安を優先してそうしたのかもしれませんね。

それに比べて、福富の寮母さんは、とても幸せそうでした。

昔から知っていたようなので、菊さんが噂を流すように言ったのかもしれませんね。

気仙沼オールスターズ

本日登場したキャストは、気仙沼オールスターズ!!!!

wこれで野球ができるほど。

プロポーズの最中なのに、帰るの?帰らないの?と緊張しましたが、そこはさすが函南先生。

早く家に電話したほうがいいよ」と冷静に言ってくださる方です。

しかし、電話をかけても誰も出ない。

そうなんです。

みんな助けに来てくれたのだ。

そこまでは想像がつくが、想像がつかなかったのは、函南先生が「落ち着け」と言うことだ。自分で行ったらどうだ “と。と言ったことである。

この言葉を聞いてまず思ったのは、”明日から仕事が休みだって知ってる?”ということでした。これが本当かどうかはわからない。

日帰りで帰れるかもしれないが、明日から仕事が休みでなければ、時間がなくて厳しい。

結局、あの後、浅岡さんと高村さんに事情を説明しに行くことになり、休みをもらえることになったので、休みに関しては一件落着となった。

それはちょっと無理があるんじゃないですか?

深津絵里は本日2回目の登場です。

仙吉の逝去の話から始まりましたが、うーーん。

ちょっと年齢的に無理があるかな?

ゆうおじさんより明らかに年上でしょ。

あんなに若く見せられないなら、せめて勇おじさんを老けさせてくれないと、見ていてちょっと違和感がある。

さださんアウト!

いよいよ「カムカムイングリッシュ」が終了しました。

これで佐田さんは番組を去ることになるのでしょうか?

優しい話し方で「ほっこりタイム」を過ごしていた私としては、少し寂しい気もしますが、声だけの出演でもこれだけ注目されるのは、やはり佐田さんらしいのでしょうか!

人生は短い、愛すべきもの

るいさんは、恋をするのが怖いんです。

今日は、おじさんにお願いして取ってもらいました。

弁護士との一件で恋愛に臆病になってるんです。

ここでストップをかけて、相手からもう一押ししてもらうのが少女漫画の王道パターンですが、あの城一郎さんですよ~!?

城一郎からのもう一押しはないと思うので、瑠衣自身が前に出るしかないのかなと感じました。

あずきを聴く

職人なんて、そんなものだ!」。

普段は真剣に聞くことができない、あずきの声を聞いてみようという話ですね。

でも、こういう話をする職人さんは多いので、鍛えれば本当に聞けるのかなぁ。

もしかしたら、「おいしくなあれ~!」みたいな呪文的なものなのかもしれませんね。

とにかく今言えることは、きっとあずきが食べたくなったということです。

りょうちんのお父さんと一緒に番組を見ていたのですが、なぜか嘘をつきました。

モネさんへの想いからなのか、モネさんの実家に行ったときに見たこと、そこで行われた話し合いの内容を話さなければならないから嘘をついたのか?

そして、あの顔で “来ちゃいけないの?”と。そんな顔されたら、目も当てられない!

そんな顔で言われたら許しちゃう人も多いだろうけど、私の場合、なんで来ちゃいけないの?うん、来る前に連絡してね! って言いそうw

注文キャンセル

by田中さん突然のこと。

桃音は心配して様子を見に行ったのですが、あの場所は自宅兼喫茶店だったんですね。

雰囲気的に喘息ではないかもしれないと気づいたのかどうかわかりませんが、最後の死に様を見せてしまうのでしょうかね。

でも、高齢でテーブルも椅子もいらないからとキャンセルするなら、ちゃんとキャンセル料払ってるんですよね?

林原の人はヤバそうだったからキャンセル料を取らなかったような気がするけど、一方的にキャンセルするならそれ相応のお金を払うべきでしょ。

良知に電話

心配になった未知は良知に電話をするが、つながらない。

桃音から電話がかかってくると、電話に出る。

ここでの未知の心境を考えると、ちょっと辛いものがありますよね。

そして、自分がスピーカーで、話せるのはモネだけと聞いて、どうしてお姉ちゃんなんだろう?と思う気持ちもわかります。

ただ、最後の服を投げつけるところはちょっといただけない…。

人の気持ちはコントロールできるものではありません。

りょーちんがモネを好きだったとしても、それはモネがコントロールできることではないのです。

身の上話の前に

お涙頂戴の個人的な話ですが、個人的な話の前に、ちょっと小休止です

昨日の流れからすると、警察に引き渡されるか、どこかに消えてしまうのでは?

あんなに本音をぶちまけておきながら、奄美の家で普通に過ごしている姿には驚きました。

やめてよ!奄美の家に戻って拗ねちゃったのかな?

帰ってきてびっくりしたんだろうけど、昨日の続きがないから、ちょっと違和感があったんだよね。

そんな風に思っているのは自分だけかと思っていたら、SNSで同じようなことをつぶやいている人がいて、ちょっと安心しました。

辞めた理由

初めて聞いたのですが、お母さんは学校の先生だったんですね。

で、娘二人が辞めた理由を推測していたら、教育委員会とバトルになったという答えが!

いや、これって可能性のフラグじゃないですか?と思ったのですが、祖母の介護と年齢に疲れたというのは、なんとなくわかる気がしますね~。

年齢って本当に突然やってくるんですよね。

体力の限界!?というお相撲さんの話を聞いたことがありますが、その言葉の意味は歳をとらないとわかりません。

教育委員会との戦いの話は発展しないと思いますが、お母さんの過去の話はいつか出てくるかもしれませんね。

時間軸

時間軸を少し過去にしたのはどうでしょうか?って思うところがありました。

不明だからこそ、混乱したのです!!!!

話の流れからすると、祖母は他界したんですよね?

と思っていたら、まだ生きていることがわかり、でも今現在、初盆だったんだろうなぁと混乱しています。

でも、なんとなく誰かが亡くなったような、でも目が覚めたら終わっていたような。

後で分かることなんでしょうかね?

それとも、このまま特に何もなく終わってしまうのだろうか。

何が始まったのかw

五十嵐は早朝に雑巾がけをしています。

そこへ玖村蛮がやってきて、再挑戦のためのリハーサルを依頼します

まあ、案の定断られたのですが、そこで思わぬ事態が!?

思いがけず、ひなたも加わり、なぜか二人で雑巾がけを始める。

っていうか、なんで雑巾が3つも入っているんだ?

一人しかやらないなら、一人でいいじゃん。

雑巾がけバトルで一番早く拭けた人が勝ち!?勝負になれば面白かったのですが、結果的にひなたは壁に激突して次へ。

以上が、朝ドラ「マッサン」第7週目第38話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。