マッサン第39話のネタバレあらすじ!技術者

こちらでは、朝ドラ「マッサン」7週目第39話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第38話「英語レッスン開始」では、幸子たちのためにエリーが自宅で英語レッスンを開始するストーリーでした。

マッサンの第39話「技術者」では、鴨居がウイスキーの技術者を探しているとエリーが知るストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年11月12日(水)放送
第7週サブタイトル『触らぬ神に祟りなし』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第39話のネタバレあらすじ

ここからは、11月12日に放送された朝ドラ「マッサン」第39話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン39話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

新しいお母さんに慣れることなく、いつも寂しそうにしていました。
サチコさん

エリーは何とかしたいと思い、亀山家で英語教室を開くことにした。
亀山家で英会話のレッスンをすることにした。亀山家に到着したサチコ。
亀山家にやってきたサチコは、エリーに自分の境遇を話す。

私はきょうだいの中で一番年上です。私はサチコと同じように、兄弟の中で一番年上なんです。
私は、あなたと同じように、兄弟の中で一番年上です。

いつも『お姉ちゃんなんだから、しっかりしなさい』と言われました。
そして、もうひとつ
もうひとつ、サチコさんに言いたいことがあるんです。

エリー、どうしたんだい?

私も、大好きなお父さんを亡くしました。
とても悲しかった。でも、お父さんは
今も私を守ってくれています。だから…
私は寂しくありません。

あなたは私に似ている・・・”

エリーの境遇を聞いて、幸子は親近感を抱く。
エリーに対して、まるで他人のような親近感を抱くサチコ。

 

幸子は、次第にエリーに心を開き始める。
ある日、エリーは鴨居から通訳を頼まれる。
鴨居は彼女に通訳を頼んだ。

彼は、「エリーちゃん、君しか頼めないんだ。君しか頼めないんだ。
頼りにしているよ “と。

 

鴨居はスコットランドからウイスキー技術者を招聘する予定だった
鴨居は、スコットランドからウイスキーの製造技師を招聘しようと考えていた。
彼を招聘するための年俸は「4,000円」である。

(なんという大金だ!)。大将は、ウイスキーづくりに本気なんだろうな……」。
ウイスキーづくりに本気なんだろうな……)。

破格の給料で技術者を連れてくるという計画は、大きな話題になった。
エリーは、鴨居のウイスキーづくりにかける思いの強さを感じた。

マッサン、あなたはまだ鴨居商店に就職できるかもしれないよ。

 

エリーはこのことを知っていて、なんとかマッサンを説得しようとします。
(このことを知ったら、彼女はどうにかして彼を説得しようとする。

マッサン!」。もう1回部長に聞いてみる。「今だ!」。
今ならきっと、ウイスキーづくりをさせてくださいとお願いすれば、働かせてくれるはずです。
マッサンは、自分の会社で働かせてくれる。
今からでも遅くはない!」。

心配しないで、エリー。
心配しないで 鴨居さんに頼らなくていいんだよ。

鴨居さんの力を借りなくても、自分でウイスキーを作ることができるんだ。

マッサンはエリーの話を聞かず、部屋を出て行った。

 

翌日のことです。
次の日、マッサンは何か思いついたようです。
突然、庭で何かがガサガサと音を立てました。

「どうしたんだい、マッサン?何してるの?”
エリーが尋ねます。するとマッサンは
エリーに思いがけないことを言う。

 

 

 

鴨居(堤真一)から貿易商との会談の通訳を頼まれたエリー(シャーロット)は、鴨居がスコットランドから技術者を呼び寄せようとしていることを知る。マッサン(玉山鉄二)にもう一度鴨居に頭を下げて雇ってもらおうと提案するも、マッサンは自力でやると意地を張って拒否し夫婦げんかに。そんな中、どうしてウイスキーをつくりたいのかと問われ「人生は冒険旅行」と答える鴨居に、エリーは死んだ父の言葉を重ねるのだった。

ここまでが、11月12日に放送された朝ドラ「マッサン」第39話のあらすじのネタバレです。

マッサン第40話のあらすじを知りたい方は、第40話『離縁』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第39話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第39話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

スーツ

翌朝、ついにスーツを着て、サラリーマンらしく出勤しました!

セキュリティの高い、なかなかカッコいい会社でした。

イメージでは、社員数の少ない小さな会社だと思っていたのですが、結構社員が多くて驚きました。

クレジットに社員の姿がなかったので、紹介されただけで、今後関わることはないのでしょう。

個人的には、船と天気にまつわる話がとても興味深いです

そして結局、モネは先週まで助っ人として働いていた報道部課に所属することになりました。

しかも、こさめとアンブレラ・ドルフィンの専属パペットハンドラーに抜擢されたのです!?

社長は気象予報士としての腕よりも、こさめと傘ドルフィンの販売開拓に力を入れているようなので、林業協同組合が木材を使うように、販売方法を考えてくれないかなぁと心の中で思っていたのです。

阿澄の職場

あと、今回疑問に思ったことをひとつ。

それは、阿澄はいつ働いているのか、ということです。

基本的に百音ちゃんとは正反対の生活のはずなのに、なぜかいつも下宿しているんですよね。

お父さんやおじいちゃんが遊びに来た時もそうだし、今回、みーちゃんが遊びに来た時もそう。

もしかしたら、働いていないんじゃないかという説も出てきています。

ミツオの叫び

3つの命の中に3つの命が叫んでいるんです!

かっこいい言葉ですが、3期生が言うと思わず笑ってしまいますね。

学費のことまで考えているところが、なんだか感心してしまいました。

だって、私がそうだったから。

高い学費を払って、学校では遊んでばかりいましたから。

親には本当に申し訳ないことをしたと思っています。

モモケンが登場!

久しぶりにモモケンが登場!

そして、ハリウッドスターとの会話もあり、ここでヒナタの通訳が登場しました

ここにきて、英語色がめちゃくちゃ強くなってきましたね。

つい最近まで、「英語と関係あるのかな?とSNSで気になっていたのですが、最後の最後で半ば強引に繋げました。

これで3世代のバイリンガルが誕生したことになるが、その彼女たちまでがバイリンガルであるはずなのに、ひょんなことからそれが途絶えてしまった。

いまだに納得がいかないというか、五十嵐はなんなんだ?って感じなんですけどね。

ブラックバック!

今日は珍しく黒バックで「連続テレビ小説」というタイトルだけでスタート!

どこかで見たことがあると思ったら、「週刊エール」の祐一が倒れた時の手法と同じですね。

これまでお笑い満載だった「オチョーやん」で、まさかこんな始まり方をするとは…。

福富楽器店

世の中は時代とともに変化していくものですが、まさかの福富楽器店!

福富は楽器店として廃業するのか!?

さて、今の時代、一つの事業だけでは将来が不安ということで、様々な事業に挑戦している企業が多いようです。

で、皆さんはお気づきでしょうか?

なんと、コロンブスレコード

コロンブスは前回の朝ドラ「エール」でも登場した企業ですが、まさかここでラストと絡めてくるとは!?

トランポリンのマイルストーンはここで回収されることになったんですね。

しかも、楽器の販売だけでなく、ジャズ喫茶まであるとは…。

やはり福助は商売の才能があるのかもしれない。

しかし、目利きはしているが、今後、戦争でジャズは禁止になる。

なぜか、朝ドラ「純情きらり」の最終回再放送とも重なり、どこに伏線を張っているのか気になって仕方ないです

どうしたんだ、ジョー?

そして、ルイとジョーが帰ってきて、ヒナタが降りてきた。

彼女は動揺して、「もう飽きた」とお菓子まで捨ててしまいました。

意外なことに、ジョーがキレた。

いや、彼の反応は正しいよ。

正しいんだけど、ジョーがやっちゃったのが意外なんだよねー。

今までなら、ルイがキレていたのに、珍しく父親らしいことをしたので、私たちはとても不愉快になりました。

そして最後は、やはり母親である瑠衣のフォロー!?

日向さんは今回の件でさすがに反省と後悔をしているようですが、ダイエットと同じで、ダメだとわかっていてもできない、ダメだとわかっていても続けられないということですね。

気持ちはわからなくもないですが、ビリーに対する愛情がそんなに強くなかったのでしょう。という気がしました。

3000円

気象予報士の資格に関する本。

3000円って結構な出費ですよね。

社会人になりたてのモネにとっては、かなりの出費ですが、お金をかけないと本気にはなれません。

その点、あの書店は朝ドラ「おかえりモネ」の聖地巡礼地になりそうだ。

あと、これはレジ袋が無料だった頃の話ですが、もしレジ袋が有料だったら、このシーンは袋にスポンと入っていたことでしょう!?

次こそは

次こそは!

次こそは、そうはいかない!

個人的には、次回開催が発表されたときに、モネさんがアリガトウとなる姿を期待していたのですが、そんなことはなく、あっさりと終わってしまったのが残念です。

しかも、ホワイトボードまであるなんて、本格的!

ただし、話の内容は義務教育レベル。

そこまで理解できないなら、高校入試に失敗しても不思議ではなさそう、、、。

しかし、菅沼さんは電話応対も上手です。

天才」というのは、ちょっと褒めすぎじゃないでしょうか。

むしろ褒めてほしいくらいです。

なんとかなるさ!

今日のイサムは一言、カッコイイ!

康子が光里のことを心配すると、「俺がなんとかする!」と言い放ちます。かっこよすぎませんか?

勇は、動くと決めたら行動する男です!

明日の朝一で出発しろって言ってたけど、それって今日出発しろってことだよね?

朝一番の電車が何時に出るかわからないけど、みんなが起きる時間より早かったかな?

あと、岡山に行けって言ってたけど、どこに行けばいいんだろう?ふと、そう思いました。

そこに知り合いがいるとか言ってくれればよかったんですけどね。

これについてはSNSでも突っ込みどころ満載でしたね~。

せめて住むところがなければ路頭に迷うとか、そもそもどこでお金を調達したんだ?

それでも、この日一番の輝きを放っていた優ちゃんは、カッコイイとしか言いようがない!

湯婆婆は詰んでいる

あと、夏木マリさんの声を聞くと、どうしても湯婆婆を超えられないんです。

歳のせいかもしれませんが、湯婆婆色が強すぎるんです。!!!!

まあ、彼女だからしょうがないけど、もうちょっと濃いとさやかちゃんに見えるかもね。

雨樋

そして、今日ちょっとカルチャーショックな情報を聞いたのですが、東北地方で雨戸があるのは珍しいそうです。

SNSでも雨戸の話題が多く、東北地方の家に雨戸があるのは珍しいとつぶやいている人がいました。

きっとその人たちは東北の人たちなんでしょうね。

どうなんでしょう?東北地方は台風や大雨が多くないですか?

まだ就職していますか?

そして、食事をしながらの会話は、今後どうするかということでした。

彼は就職しなければならないと言ったが、その理由は金銭的なものだった。

そう、彼は裕福ではないかもしれないが、その理由はわかっているのだ!

それはもちろん、ジョーです!

経済的って、お父さんのジョー、やっぱり意味わかんないんだけど?

お父さんが働いていれば、もう少し経済的に余裕があるんじゃないですか?

タイトル回収しすぎ!

いつ言うんだろう、いつ言うんだろうと思ってたんですが、タイトル回収しすぎじゃないですか?

ほぼ毎日「ちむどんどんする!」 って言ってる気がするんだけど・・・。

朝ドラ「あさが来た」で「びっくりぽんや!」、朝ドラ「あさが来た」ではもっと多いけど、もしかして流行らせようとしてる?

地元の人たちから「こんなの普段使わないよ」と言われそうな予感がします。

もう何度も「ちむどんどん」って言うの辞めない?

癒し

癒し系は完治くんだけでした。

彼が満州に行った時、”この子は… “と思いました。でも、ここぞとばかりに、優しさに溢れていました。

一言で言えば、着物には罪はない。

やるからには、連れてきて放り出すしかない。

以上が、朝ドラ「マッサン」第7週目第39話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。