おかえりモネ第85話のネタバレあらすじ!宇田川と幼馴染

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」17週目第85話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

おかえりモネの第84話「二人体制」では、内田もキャスターとして参加し、二人体制になり神野が焦り始めるストーリーでした。

おかえりモネの第85話「菜津の訴え」では、神野の話を聞いて菜津が傷ついていい人なんていないと訴えるストーリーです。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年9月10日(金)放送
第17週サブタイトル『わたしたちに出来ること』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第85話のネタバレあらすじ

ここからは、9月10日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第85話のあらすじをまとめたネタバレです。

弱音を吐く神野に、菜津が、傷ついた人が強いはずがないと訴える。
そして、どんな人でもいるだけでいいと伝えた。
その言葉に神野マリアンナ莉子(今田美桜)は自分の強味は考えることだと気づき、前向きな気持ちで仕事に打ち込むようになる。
一方、内田衛(清水尋也)は朝岡になぜ自分をキャスターに起用したのか理由を聞いていた。
朝岡覚(西島秀俊)は、これからはどのように情報を伝えるかが重要だといい、それには信頼されなければならないと訴えた。
そして、これからどんどん信用される人になってほしいとエールを送った。
永浦百音(清原果耶)は仕事が終わり、また管波の部屋へいく。
登米に行く日も近づいてきており、管波と電話をしながら部屋の片づけをしていた。
すると、話しの流れで、百音が愚痴ってしまう。
何かを感じた管波は、直接会って話しをしようと少しだけ病院を抜け出しあうことに。
百音は鍵を渡されてからずっと待っていたといい、鍵を返しますと管波に鍵を放り投げた。
すると菅波光太朗(坂口健太郎)が鍵を見事にキャッチして、これからもあなたが投げるものは全部受け取るから大丈夫だと口にする。
すると、百音は管波に津カヅキ抱きついた。
これまでの不安がなくなった百音は、笑顔になる。

 

ここまでが、9月10日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第85話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第86話のあらすじを知りたい方は、第86話『代表に選ばれる』へ読み進めてください。

朝ドラ『おかえりモネ』第85話の予告感想

菜津のアドバイス

菜津が「人は、傷つく必要なんてない。どんな人でもいるだけでいい…」といっていたけど、どういう流れの言葉?
莉子の心境としては、番組の視聴率が悪くて、起死回生の一手で内田との二人体制となったことへの焦り?がまず一つ。
もう一つは自分自身の説得力のなさによる悩み。
その悩みからアドバイスした言葉が「どんな人でもいるだけでいい」
どういうこと!?
人は傷つく必要はないと言ってるけど、自分が傷つきたくて傷つく人なんていませんよね。
そのほとんどは、外的要因によるものなのでコントロールしようがありません。
最終的には前向きな気持ちになれたということでめでたしめでたしですが、ちょっとどういう流れでのアドバイスなのか放送を見ないと分からないので楽しみです。

まだ登米にいっていなかった!?

てっきり管波さんはとうに登米にいって遠距離恋愛中だと思っていたけど、まさかの登米に移住していなかったw
ややこしい予告あらすじを発信しないでいただきたいw
百音が遠距離でモヤモヤしてるような予告があったけど、まさか登米に移住していなかったとは、、、
しかも、まだ変距離恋愛にもなっていないのに自分のそんな気持ちを管波先生にぶつけるとは、さてさて先生はどういう風に受け止めるのかな?

 

 

朝ドラ「おかえりモネ」第85話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第85話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

今日もアバンなし!

今日も昨日に引き続きアバンなしの展開。
アバンなしということは結構重たい話になるということは、これまでの朝ドラが物語っています。
アバンなしで始まるとなんだか身構えちゃうんですよね。
今日も波乱の展開が予想されていましたが、最後の最後がなんだかほっこりするような感じになりましたね。 

傷ついた経験

今日は菜津さんのお話からスタート。
傷ついた経験をした人は ホントに強いのか?
そんなことはない!!!!
傷ついていいことなんて何もないですよね。
傷ついている人の方が強いは言っちゃいけないし、 傷ついていい事はなんて絶対にないというのは、完全同意です。
誰だって傷つきたくて傷ついてるわけじゃないし、今までそういった経験がないということは幸せだということです。
傷ついて、そのまま倒れてしまう人もいるっていうのも宇田川さんのことだろうし、菜津さんは宇田川さんのことが好きなんだなーと改めて感じたシーンでした。

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第17週目第85話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第17週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第17週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第17週目のネタバレあらすじ

85話放送のおかえりモネ第17週「わたしたちに出来ること」のあらすじは、島の人たち悲願だった橋がついに完成するストーリーとなっています

第17週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第17週「わたしたちに出来ること」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。。