カーネーション第102話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」17週目第102話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第101話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第102話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年8月20日(金)放送
第17週サブタイトル『ライバル』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第102話のネタバレあらすじ

ここからは、8月20日に放送された朝ドラ「カーネーション」第102話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション102話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

1957年の秋、聡子が急いで帰宅すると、20歳になった優子が東京から帰ってきていた。

家路を急ぐ聡子。

家の中では、千代と八重子がやってきて、食事会をしている。

14歳になった聡子は、毎日遅くまでテニスをしていて、大会で1位になるなど強くなっている。

18歳の直子は、優子の話し方が変だと言うが、優子は自分の岸和田弁は普通じゃないと反論する。

直子は優子の水玉模様の服にまで文句を言うが、「喧嘩しないでよ!」と糸子が割って入る。

糸子が仲裁に入る。

千代は、直子は相変わらず絵が上手で、先日も何かの賞を受賞したと言う。

直子は、その賞が毎朝の新聞賞の大賞で、優子はその中の佳作だったと説明し、優子の表情が曇る。

美代は糸子に、娘たちがみんな頑張っているのはいいことだと言うが、糸子は成績表を見せてくれないかと言う。

優子が東京に行ってから2年が経ち、最初は泣き虫だったが、今ではすっかり東京の女の子らしくなって帰ってきた。

ここまでが、8月20日に放送された朝ドラ「カーネーション」第102話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第103話のあらすじを知りたい方は、第103話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第102話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第102話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション102話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第17週目第102話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。