カーネーション第103話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」18週目第103話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第102話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第103話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年8月22日(日)放送
第26週サブタイトル『ライバル』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第103話のネタバレあらすじ

ここからは、8月22日に放送された朝ドラ「カーネーション」第103話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション103話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

千代は、原口先生が来たと聞いて驚く。

糸子は、仕事で通りかかったという原口猛を歓迎する。

店内の一流の生地に感心する原口に、糸子は最高の生地しか扱っていないし、元々は呉服屋だったので、今でもその精神は変わらないと言う。

千代は、原口がわざわざ東京から来たことにまだ動揺していた。

裕子はまだ結婚できる年齢ではないし、原口とは年齢も離れている。

千代は直子に、自分の勘違いではないかと言った。

直子は自分の聞いた話が信じられず、千代が急に泣き出したことに戸惑う。

その夜、食事をしながら、原口はデザインの力の凄さを力説する。

原口を連れてきた木之本も、「デザインが嫌で電気屋を辞めた」と言って賛同する。

優子が原口を気に入っているだけあって、原口はとてもいい先生だ。

原口は、電気製品の美しさはもはや追求されていない、美しさとは過剰な装飾にあるのではなく、その物に必要な形にあるのだと言った。

話は2時まで続き、糸子、直子、正子以外はすでに寝てしまっていた。

ふと気づくと2時になっていた原口の驚きように皆が笑う。

原口は泊まることにして、子供部屋に布団を用意する。

糸子が部屋を出た後、原口の驚いた声が聞こえてくる。

糸子が行ってみると、原口が直子の描いた絵を見ていた。

糸子は直子に話すように言い、自分の部屋に戻る。

原口は直子のスケッチを見せてほしいと言う。

結局、直子は朝方まで原口先生と絵の話をしていたようだ。

翌朝、原口は直子のペインティング・ナイフを使って、キッチンの壁のひび割れを補修する。

翌朝、原口は直子のペインティング・ナイフでキッチンの壁のひび割れを補修する。

原口が奈緒子に高校卒業後の進路を尋ねると、奈緒子は美術学校に行くと言う。

直子は、店を継ぐのではなく、画家になるのだと言う。

奈緒子は、東京に行ったら教えてくれるのかと尋ねると、原口は「はい」と答える。

東京に行く原口を見送る二人。

奈緒子は本当に嬉しい時には、笑っているのか怒っているのか分からなくなることがある。

それがようやく分かったのは、あの夜だった。

糸子たちがラジオを聴きながら笑っていると、直子が話しかけてきた。

高校を卒業したら東京に行かせてほしい、糸子と同じ学校に入りたい、原口先生に教えてほしいと言うのだ。

“まあ、そうだけど “という糸子の言葉に、直子は笑う。

カフェ・タイコ。

死んでも跡を継がないと言っていた彼女に、北村は呆れます。

北村は直子に、母や姉と一緒に仕事をするのは案外難しく、同じ土俵に立てば親戚まで敵になってしまうと忠告する。

北村は「近づかない方が楽かもしれない」と言うが、直子は「楽な方が楽しい」と答える。

北村は、パンケーキを見て微笑んでいる聡子に気付いて、「食べなさい」と言う。

1958年の元旦。

千代は、実家に帰った静子に豆を食べさせる。

長女の律子は優子と羽根つきをし、長男の正彦と直子はそれを見ている。

その後、直子と一緒に住もうと言われた優子は、自分でそんなことを決めたくないと戸惑うのだった。

糸子が、二人分の東京の家賃を払うにはお金が足りないから、もっと広いアパートに引っ越せばいいと言っても、美大に行くと言っていた優子は納得しない。

“洋裁は私の道 “と言う優子に、糸子は “一人だけの道ではない”、”友達を目指そう “と言うが、優子は “絶対に嫌だ “と言って断る。

糸子は何が嫌なのか理解できないが、直子は「お姉ちゃんは私たちの才能を恐れているのよ」と核心を突く。

優子はオレンジをテーブルに叩きつけて去っていく。

優子が笑うと直子が泣き、直子が笑うと優子が泣く。

糸子は仏壇に手を合わせ、善作、春、勝の遺影を前にして「私には無理だ」と思う。

ここまでが、8月22日に放送された朝ドラ「カーネーション」第103話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第104話のあらすじを知りたい方は、第104話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第103話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第103話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション103話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第18週目第103話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。