カーネーション第108話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」18週目第108話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第107話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第108話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年8月27日(金)放送
第18週サブタイトル『自信』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第108話のネタバレあらすじ

ここからは、8月27日に放送された朝ドラ「カーネーション」第108話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション108話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

1959年、皇太子殿下のご成婚の年である。

“淑女の世界 “の男性版である “紳士の世界 “が創刊された。

北村は早速、雑誌で紹介されているアイビー・ルックに着替えて、糸子に見せに来た。

糸子はその雑誌を松田に見せて感想を聞くが、松田は「美人は何を着ても似合う」と要領を得ない返事をする。

糸子は「男の人ももっとおしゃれにならないと」「こんな格好ではだんじりはできない」と言うが、北村は「古いんだよ、おばさんは」と悪態をつく。

北村によれば、既製服の世界で急成長しているメーカーが、アイビーリーグの宣伝をしているとのことだったが、糸子にとっては、ただのあくびのような話だった。

優子は東京の学校を卒業して、ようやく岸和田に戻ってきた。

美代や節子は感激したが、優子は娘として当然のことだと謙遜した。

その夜、玉枝と八重子を交えての食事会が開かれる。

次郎の結婚式の話の後、優子は東京の友人が来週遊びに来たいと言っていることを話す。

“何?”と即座に反応する千代に、優子はアイビー・ルックを着た男性の写真を見せる。

千代、玉枝、八重子、正子の4人のおばさんは、すでにその意味を理解しており、北村もそう思っているが、唯一理解していない糸子は、「布団があるから、もっと人を呼べる」と言う。

そこへ梶村悟がやってきて、糸子に「結婚したい」と言う。

梶村は、糸子が店を継ぐことに賛成で、親に頼めば婿にしてもいいと言う。

仕事はどうするのかと聞かれた梶村は、糸子に紹介してもらえないかと言う。

優子は、糸子は人脈をたくさん持っていると言うが、糸子は持っていないと言う。

糸子は何も持っていないと答えます。

2人は戸惑うが、糸子は「たとえ接点があっても、ないと思ってください」と言う。

ようやく成人して社会に出ようとする梶村に、彼女は「奥さんの親のコネに頼らないで、自分で本当にやりたい会社を探しなさい」と言うのだった。

自分にはそんなことはできないと。

帰り道、優子は糸子に頭が固いことを謝る。

人の家に泊まるのは好きではないという梶村は、近いうちにまた手紙を書くことを約束して、ホテルに向かう。

梶村は優子の手を握り「君が好きだ」と言うと、優子は「私も君が好きだ」と答える。

梶村は「彼女を愛しているなら、彼女と結婚するべきだ」と答える。

彼女を愛しているのなら、彼女と結婚するべきだ。

それも運命です。

どんなに嫌がっても、結婚は誰かに切られるものではありません。

良くも悪くも、自分の道を歩んでいるうちに、やがて答えが出てくるものなのです。

だからそれでいいんだよ” 糸子はそう思って、ほつれた糸をほどいて微笑んだ。

優子が戻ってきて、何も言わずに2階に上がっていった。

糸子は2階に上がり、「降りてきて」と声をかける。

仕事があるから」と声をかける。

下に降りてきた優子に、糸子は「気に入らないことがあると、いちいち2階に行って駄々をこねるようでは、商売にならない」と言う。

店に来た客は、優子が「いらっしゃいませ」と挨拶することに違和感を覚える。

糸子は娘だと紹介し、東京から帰ってきたので少し訛っていると説明し、他の店だと思ったという客と一緒に笑う。

結局、優子は卒業時には首席だった。

講師として学校に残るという話もあったが、こうして約束通り岸和田に戻ってきたのだ。

糸子は、「焦らずに勉強しよう」と思った。

その頃、直子は高熱を出していた。

そこへ源太の案内で千代がやってくる。

千代は、泣いている直子を抱きしめて、「大丈夫だよ」と声をかける。

千代は電話の場所を尋ね、糸子に電話をかけなければならないこと、みんな心配していたことを伝える。

夜、二人で並んで寝ていると、千代はこの部屋が「神戸ボックス」のようだと言った。

神戸ボックス」とは、神戸の曾祖母が糸子たちに送ってくれた、素敵なものが入った箱のことだった。

千代は、自分が生きていれば、直子たちにいろいろなものを送ってくれただろうと言うが、直子は、「でも、私にはおばあちゃんだけで十分なんです」と残念そうに言う。

直子は「長生きしてね」と頭を撫でると、千代は「心配しないで。

ここまでが、8月27日に放送された朝ドラ「カーネーション」第108話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第109話のあらすじを知りたい方は、第109話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第108話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第108話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション108話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第18週目第108話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。