カーネーション第130話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」22週目第130話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第129話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第130話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年9月22日(水)放送
第22週サブタイトル『まどわせないで』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第130話のネタバレあらすじ

ここからは、9月22日に放送された朝ドラ「カーネーション」第130話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション130話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

栄之助さんの話を聞いた糸子は、「また100回も反乱を起こしたのか」と呆れてしまう。

糸子は梨花を追いやり、栄之助に説明を求める。

栄之助は、これはスワトウという中国の刺繍入りの生地で、父のいいところを見せるために買いに行ったと言います。

栄之助は、生まれて初めて殴られ、「売れないと父に勘当される」と言われたので、100枚売るための知恵を糸子に求めると言います。

生まれて初めて殴られたという栄之助。

栄之助は、糸子に100個の品物を売るための知恵を求めます。

糸子は、ため息をついて断ると、自分で考えろと言います。

栄之助は、譲の曾祖父の金糸入りの布の話をよく聞いてほしいと頼み、また来てくれないかと頼む。

栄之助は、その話を聞いたらまた来てもいいかと尋ねます。

糸子は無理だと断るが、話しても来てくれることはわかっている。

高江は糸子に電話をかけ、清川の娘が来ていることを伝える。

鏡に向かって気合を入れた糸子は、店に出かける。

清川の娘・澄子は、母の還暦祝いにドレスを作ろうとしていたが、母はそんなものは作りたくないと言っていた。

澄子は、母はおしゃれ好きだから、子供たちがお金を出してドレスを作ってくれたら、とても喜ぶと思ったと言うが、糸子は、おそらく寸法のことだろうと推測する。

糸子は、「50年もやっているのだから、自分のやっていることはわかっている」と、採寸せずにドレスを作ることを提案する。

朝の6時になった。

目を覚ました糸子は、梨花の布団を頭からかぶって、梨花を起こす。

糸子は、写真立てを拭いて、梨花に「ちゃんと磨いてね」と言う。

太蔵の写真を見ている梨花に、糸子は “ハンサムでしょ?”と聞く。

イトコは、彼のようなハンサムな男性はあまりいないと言う。

里香は、チームの先輩たちが似ていると言うが、糸子は泰蔵の弟の方が絶対にハンサムだと言い張る。

糸子は、泰蔵が昔、大工をしていたことを話すが、梨花は泰蔵が大工をしていたことを覚えていない。

糸子が言うには、泰蔵は男の中の男で、黙々と大工仕事をしていて、子供にも優しい人だったという。

理香は泰蔵が戦争で死んだと聞いて、「もったいない」と言った。

糸子は「本当にそうですね」と同意する。

糸子は、泰蔵だけでなく、隣人の勘助も磨けと言う。

さらに糸子は、「縦、横、縦、横、横」と言いながら、店のガラス戸の拭き方を教えてくれる。

生活のリズムが戻ってきたのはいいことだと、優子から電話がかかってくるが、高校への復学を急ぐあまり、どうしてあんなことになってしまったのかと嘆いている。

子供がグレるのは親の愛情がないからだと言われますが、私たちは糸子にほっとかれてもグレませんでした。

糸子は、自分の方がよっぽど子供を愛しているという優子の話をほとんど聞かず、水野に指示を出す。

優子は、今週の日曜日に行って直接理香と話をしてみないかと言うが、糸子は、まだ早いし、その子はまだジャージしか着ていないと言って反対する。

糸子は、ジャージを着ている間は何を言われても構わない、そういう時期なんだから、違うものを着てから言ってくれ、と言う。

梨花は、派手な化粧をして出かける。

洋服は、言葉がなくてもいろいろなことを教えてくれる。

昔、糸子にそう教えてくれた人がいた。

ジャージが色々と語ってくれる。

金券屋は梨花が出てきたのを見て、ガラス戸を閉める。

不動産屋の2人も遠くから梨花を見ている。

“俺たちはヤンキーだ”、”気軽に声をかけるな”、”ケンカしたら買ってやる “などと言うヤンキー3人組と、梨花はにらみ合いになってしまう。

その後、男子高校生に殴られて怪我をした梨花が帰ってくる。

高江は水野に頼み、梨花を2階に運んでもらう。

糸子に「助けたのか」と聞かれた高校生の神山雅史は、「警察官が来たと言っただけ」と答えます。

それは嘘だったが、そんなことを言っていたら絶対に勝っている方が逃げてしまうという正志の説明を聞いて、糸子は「頭のいい子だ」と感心する。

正志は頭を下げて去っていく。

ここまでが、9月22日に放送された朝ドラ「カーネーション」第130話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第131話のあらすじを知りたい方は、第131話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第130話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第130話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション130話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第22週目第130話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。