カーネーション第5週のネタバレあらすじ!私を見て

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」第5週(21話~25話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

カーネーションの第4週「誇り」では、善作が洋裁師・根岸に娘に手ほどきをしてほしいとお願いし、糸子が洋裁を教えてもらうストーリーでした。

カーネーションの第5週「私を見て」では、糸子が提案した百貨店の制服のデザインが採用されるストーリーです。

朝ドラ『カーネーション』
2011年10月31日(月)~11月5日(金)放送
第5週サブタイトル『私を見て』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第5週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『カーネーション』第5週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第5週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『カーネーション』第5週『私を見て』一覧
放送回放送日
第25話「百貨店の制服」10月31日(月)
第26話「アドバイス」11月1日(火)
第27話「20着の制服」11月2日(水)
第28話「ミシンを買う」11月3日(木)
第29話「手伝い」11月4日(金)
第30話「100枚のパッチ」11月5日(土)

糸子(尾野真千子)は、デパートの店長である花村(國村隼)に店員の制服を作らせてほしいと頼むが、相手にされない。翌日、糸子はデザイン画を持って再び花村にアタックするが、花村は「平凡だ」と冷たく拒絶するのだった。ようやくデザインを完成させた糸子。善作(小林薫)のアドバイスもあり、糸子は急いでサンプルを用意し、それを身につけて花村のもとへ向かう。糸子のデザインは無事に採用された。

しかし、1週間で20着のユニフォームを作るという仕事が与えられた。糸子は神戸の松坂家にミシンを借りに行くが、善作はまたしても激怒する……。静子(柳美稀)から神戸の糸子に「お父さんがミシンを買った」と連絡が入り、糸子は小原家に駆けつける。家族総出でユニフォーム作りを始める。糸子は無事にデパートへの納品を済ませる。ある日、静子が糸子に新しい仕事を紹介する。

糸子はそのとんでもない仕事を引き受けるが、善作は家族全員に手伝わないように命令する。果たして糸子は一人で仕事をこなすことができるのか?

ここまでが、10月31日~11月5日に放送された朝ドラ「カーネーション」第5週のあらすじのネタバレです。

カーネーション第6週のあらすじを知りたい方は、第6週『乙女の真心』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第5週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第5週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション5週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第5週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。