カムカムエヴリバディ第12話のネタバレあらすじ!近づくな

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」3週目第12話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第11話「稔に縁談」では、稔に銀行の頭取の娘との縁談が持ちあがるストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第12話「近づくな」では、美都里から二度と稔に近づくなと言われるストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2021年11月16日(火)放送
第3週サブタイトル『1942−1943』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第12話のネタバレあらすじ

ここからは、11月16日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第12話のあらすじをまとめたネタバレです。

雉真家から注文が入り、急いで配達に行く橘安子(上白石萌音)
そこに現れたのは、稔の母・雉真美都里(YOU)だった。
美都里は、冷たい態度で、お金だけを渡し、二度と稔に会わないよう忠告し、家の中に入っていった。
数日後、安子から事情を知ったきぬは、雉真稔(松村北斗)がよくいく喫茶店で待ちぶせをしているとそこに稔が現れる。
水田きぬ(小野花梨)は美都里から安子が受け取ったお金を稔に返し、立ち去ろうとすると、稔からどういうことか説明してほしいと言われ、事の顛末を話した。
きぬから話を聞いた稔は、すぐに家に戻り美都里に強く抗議する。
そこへちょうど父・雉真千吉(段田安則)が戻ってきて、稔は改めて一緒になることを宣言した。
すると千吉は、家をでて一緒になる覚悟があるのかと問い、さらに学生の身分でどうやって生活するのかと現実をつきつける。
稔は何も答えらえる、安子ときっぱりと別れるよう言われた。
翌日、稔は和菓子屋「たちばな」の前にいくが中に入る雉真勇(村上虹郎)気がなかった。
すると、金太に見つかり、娘の気持ちと実情を察した金太は、安子に会って話をしてほしいと頭を下げた。
安子に会い、別れを切り出そうとするが、やはりおかしいと考えを改め、大学を卒業するまで待ってほしいとお願いする。
しかし、安子は最初から間違っていて夢をみていたのだといい、稔からもらった辞書を返し、別れを告げた。
こうして、稔と共にひなたの道を歩いていきたいという安子の夢は終わったのだ。

 

ここまでが、11月16日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第12話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第13話のあらすじを知りたい方は、第13話『算太に召集令状』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第12話の予告感想

近づくな!!!!

ついに雉真家にも安子の存在が知られた模様!!
稔の母・美都里から「二度と稔に近づくな!」とかなり厳しい言葉を浴びせられました。
これは、稔が付き合っているといったのか、また弟の勇がチクったのか、どっちでしょう。
まぁ、こういう苦難があるのがドラマの醍醐味でもありますが、YOUが罵倒するところの想像がつきすぎて怖いw
品物は受け取らずに、金だけ渡すってそうとう激オコですよね。

稔も激怒

そんな母親の屈辱的な態度を知った稔さんも黙っちゃいません!!!
両親にかなり強い言葉で怒りをあらわにした感じですよね。
安子とは将来を見据えた真剣な交際をしているって、こりゃ相当火が付きましたね!
親が反対しているからこそ、愛を貫き通す男・稔。
こっちもこっちで、性格知っているから、稔と美都里のバトルは加熱しそうです。

私引く!

そんな中、罵倒された安子はというと、やっぱり自分が身を引こうとしています。
あの性格ならそう考えそうなところですが、稔がどれぐらい猛アタックをかけるかが勝負です。
安子の性格からいえば、猛アタックされたら、絶対受けると思うのでw

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第12話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第12話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

YOUさん、怖い

予想通りの展開でしたが、YOUさん、怖すぎでしょ。
しゃべり方は、物静かに淡々と話しているような感じでしたけど、あの冷たい目線と話すトーンがまじで怖いw
あのテンション、まさにホラーですよ!!!
劇伴がサスペンスチックで、誰かが殺されてもおかしくない展開にドキドキものでしたw
まぁ、手切れ金渡されても、そのまま受け取らない安子ちゃん。
注文も間違えたと本当のこと言わなかったし、そうなりますよね。

さすがマブダチ!

そこは、やっぱりマブダチのきぬちゃん!
この子、本当に周りがよく見えていますよ。
ぜんぜんしゃべられない安子の様子からすべて完璧に状況を把握する能力。
ビズリーチじゃないですが、是非わが社の即戦力として働いてくださいw
おそらく、あの金渡せば、稔が激怒して、母親を叱責するとにらんでの行動。
あわよくば、二人駆け落ちして愛を貫いてほしいとか思ってんじゃないのかな~

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第3週目第12話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第3週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第3週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第3週目のネタバレあらすじ

12話放送のカムカムエヴリバディ第3週「1942−1943」のあらすじは、雉真稔が大東亜銀行の頭取の娘と結婚させられそうになるが、安子と結ばれるストーリーとなっています

第3週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第3週「1942−1943」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。