カムカムエヴリバディ第22話のネタバレあらすじ!大阪へ

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」5週目第22話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第21話「きつく当たる」では、美都里が安子にひどくきつく当たるストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第22話「大阪へ」では、勇の助けを受け、安子とるいが大阪へ行くストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2021年11月30日(火)放送
第5週サブタイトル『1946−1948』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第22話のネタバレあらすじ

ここからは、11月30日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第22話のあらすじをまとめたネタバレです。

千吉と安子が、るいの養子について話をしているのを聞いた雉真勇(村上虹郎)は、その夜安子の部屋へ行き、お金を渡して岡山を出るよう説得する。
雉真安子(上白石萌音)は、美都里と千吉のことを心配するが、勇は全部自分がなんとかするという。
勇の説得を受け、安子は、朝一番の汽車で家を出ることになった。
別れ際、勇はどうしても困ったときは、家に戻ってくればいい。その時は自分が安子をもらってやると言って、見送る。
安子は笑みを浮かべ、雉真家を後にした。
汽車に乗り、大阪へ向かった安子と雉真るい(深津絵里)
たどり着いたのは、雉真稔(松村北斗)が学生時代に住んでいたおぐら荘だった。
そこでばったり大家に話をし、物置として使っていた部屋を借りることになる。
その頃、雉真家では、勇が安子たちのことを、千吉と美都里に伝えていた。
雉真美都里(YOU)が孫がさらわれたから警察に言うといと、勇は、その態度がみんなを苦しめているんだと訴えた。
部屋を片付け、なんとか住めるようになると、今度は生計を立てるため、お菓子を売ることを考える。
外に買い出しにいくが、砂糖や小豆が高くて手に入らず、さつまいもで飴をつくることを思いつく。
しかし、飴を作って外で売って回るが、まったく売れなかった。
それでも作るしかないと、るいの面倒を見ながら作っていたが、るいを育てていけるか不安になり、ついるいにあたってしまう。
そんなある日、いつものように飴を打っていたら、ある一軒の家から昔聞いていた音楽が聞こえてくる。
これがカムカム英語との出会いだった。

 

ここまでが、11月30日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第22話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第23話のあらすじを知りたい方は、第23話『空き巣の疑い』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第22話の予告感想

養子!

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」21話で美都里が千吉に安子を雉真家から追い出すよう言った話の続きなのか、今度はるいを雉真家の養子にすることを求められた安子。
これってもう一つの可能性がありますよね。
それは、すでに稔の戦死が確定している場合です。
跡取り息子の稔がいるのにわざわざ養子にする必要もないですし、稔の戦死が確定していなければ、完全に安子を追い出してるいを養子にするパターンということになります。
あと勇も生きているので後継者は勇でもいいわけなので、やっぱりそう考えるとただたんに安子だけ追い出したいのかなという感じにも見えます。
でも昨日放送された別れ方からすると、めちゃくちゃ死亡フラグ立ってましたよね。
予告では、あえて稔の死は伝えずに、ストーリーを展開しようとしているようにも見えるので、どちらも可能性は残っています。

大阪!

そして、勇の協力を得て、大阪へ逃げることに!
ここからはおそらく大阪編ということになるので、るいも大阪でずっと過ごしていくんじゃないかと思います。
るいの物語は、ジャズをテーマに昭和30年代の大阪から始まるとあったので、次の世代へ交代も近いのかもしれません。
大阪では、かつて稔が学生時代に住んでいたおぐら荘に身を寄せることに。
経費節約なのか、ここでの暮らしからどうなるのか楽しみです!

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第22話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第22話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

なんとかする!

今日の勇はかっこいいの一言!
安子が美都里の心配をすると、「わしがちゃんとする!」って、かっこよすぎでしょ~
勇ちゃんは、動くとなったら即行動の男!
明日の朝イチにいけって、つまりは今日の今日に出ていけってことですよねw
朝一の電車が始発何時かは分かりませんが、皆起きる時間帯より早くでていたのかな?
あと岡山でろっていってたけど、どこに行けばいい?ってふと思いました。
あそこにには知り合いがいるとか、そこまで指示だしてほしかったな~w
このことについては、SNS上でも突っ込まれまくっていました!!!
せめて住む場所用意していないと路頭に迷うよとか、そもそもその金どこから手に入れたとかw
それでも、今日一輝いていた勇はかっこいいの一言に尽きます!

子供にイラつく

大阪にるいとともに逃げてきた安子。
家はなんとか確保できましたが、生計を建てるために芋から作った飴を売ることに。
そう簡単にいくはずもなく、苦境に立たされていましたが、こういうリアルな感じがいいですよね。
朝ドラ「おかえりモネ」の場合は、なんでもわりかし簡単に問題が解決していたので、もう解決?っていう感じで見ていましたが、安子の場合は、そう簡単にいかないよねって見入ってしまいます。
そして、印象に残ったのが、うまくいかなくて、子供の対するイライラが爆発したとき。
もうあれは「あるある」ですよね!!!
もうちょっとまってよーって思うけど、子供はお構いなし。
ついあたってしまうところがリアルで、共感できるシーンでした。

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第5週目第22話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第5週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第5週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第5週目のネタバレあらすじ

22話放送のカムカムエヴリバディ第5週「1946−1948」のあらすじは、るいとともに大阪へ移り住んだ安子が、なんとか生計をたてようと奮闘するストーリーとなっています

第5週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第5週「1946−1948」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。