カムカムエヴリバディ第25話のネタバレあらすじ!千吉の説得

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」5週目第25話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第24話「おはぎ200個」では、安子のもとにおはぎを毎朝200個仕入れて欲しいという依頼が舞い込むストーリーの予定です。

カムカムエヴリバディの第25話「千吉の説得」では、突然千吉がやってきて、るいを連れて雉真家に戻ってくるよう説得するストーリーの予定です。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2021年12月3日(金)放送
第5週サブタイトル『1946−1948』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第25話のネタバレあらすじ

ここからは、12月3日に放送される朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第25話のあらすじをまとめたネタバレです。

家の前で、客だと思い声を掛けると、それは雉真千吉(段田安則)だった。
雉真安子(上白石萌音)は、黙って家を出たことを謝罪し、美都里のことを聞く。
千吉は雉真美都里(YOU)は寝込んでしまっているという。
そして、再婚はもう勧めないから雉真家に戻ってくるよう伝えた。
しかし、安子は、岡山をでたときにどんなに辛いことがあっても、二人で生きていくことを決めたと、拒否する。
千吉は、るいのためにどうするべきか分かるだろうと声を荒げるが、その日は、それ以上何も言わず帰っていった。
それから安子は、より一層おはぎ作りに精を出す。
大口の顧客を増やそうと、配達終わりには営業に回り少しずつ大口顧客が増えていった。
しかし、それに比例して忙しくなり。カムカム英語を聴く余裕すらなくなっていった。
そんなある日、自転車で配達していると、出会い頭に車と衝突する。
その勢いで、安子は倒れ、雉真るい(深津絵里)は頭にケガを負ってしまう。
すぐに病院へ連れて行こうとするが、ろくに寝ていない安子は、気を失った。
目を覚ますと、家の布団で寝ていて、横には雉真勇(村上虹郎)がいた。
勇は千吉と一緒に大阪に来ていて、千吉がたまたま倒れている安子とるいを見つけたという。
そして、勇は、岡山に戻ったほうがいいのではないかと提案する。
今更甘えるわけにはいかないと安子が訴えると、そこへるいが帰ってきた。
頭には包帯を巻いていて病院に連れて行った千吉から、医者の話では、傷は一生治らないと言われる。
その一件で、安子磯野はる(藤田弓子)いのために、岡山に再び戻ることにした。
そして、雉真家に入ると、玄関先に美都里が座っていた。

 

ここまでが、12月3日に放送される朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第25話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第26話のあらすじを知りたい方は、第26話『舞い戻る』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第25話の予告感想

稔帰還していない!?

昨日は、出演者の名前に松村北斗さんの名前があったので、まさか帰還したのかと思っていましたが、どうも違うような予感。
その理由とは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」25話で、突如千吉が現れて、るいを連れて雉真家に戻ってくるよう安子を説得するというもの。
もしも稔が帰還していたら、稔が迎えにいってますよね。
いまだ、戦死しているのか、まだ帰ってきていないのか分からないままの予告にどっちだどっちだと頭がぐるぐる回っておりますw
ただ、安子は雉真家に帰ることを断固拒否しているので、私的には稔の戦死は確定したあとだと予想!!!!
もうこれ以上予告には振り回されないもんw

大口の顧客

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」24話では、毎朝200個の注文依頼があったとありましたが、さらに大口の顧客を増やすために営業にも回るようになる安子。
顧客を増やすのはいいけど、そんなに一人で頑張れる?
カムカム英語を聴く余裕すらないほど忙しい日々を送っているということは、それだけお金に余裕がでてくるということなので、そろそろ従業員を増やすことを考えたほうがよさそうな気がします。
そして、最後の予告では、息つく間もなく、作業に没頭する安子でしたが、、、って絶対なにかあるパターンのやつやんw
これが疲労で倒れて納品できなくなるのか、それとも別の事件が勃発するのか、目が離せません!

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第25話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第25話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

展開早すぎ!

いやー、ほんとお家芸とも言えるべき朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の展開の早さ。
千吉が岡山に連れ戻そうとやってきましたが、それを断固拒否する安子さん。
意志は固そうだし、まぁそう簡単には戻りませんよねって思ったら1話にして戻ることに!!!
今日は、本当に無駄のないストーリーの展開に、まじか!って思いましたが、母親を動かしたのは、やっぱりわが子・るいでした。
るいの一生の傷が応えましたね。
骨折だけだとおそらく岡山に戻ることはなかったでしょう。
しかし、るいに一生の傷を負わせてしまった負い目もあり、結局岡山に戻ってきました。
しかし、待っていたのが鬼の形相の美都里。
明日からとんでもないことが起きる予感しかないw

勇ちょっと降格

今日は、勇ちゃんの好感度ちょっとだけ降格します宣言w
久しぶりの勇ちゃんですが、ちょっと今日のアレはないですよね~
自分から岡山出ていけっていって、今度は岡山にもどってこいって、、、
たいした理由もなく、岡山に戻ってきたほうがいいってよく言えますよね?
好感度上がっていたのに、ここにきてちょっと降格しますわ~w

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第5週目第25話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第5週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第5週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第5週目のネタバレあらすじ

25話放送のカムカムエヴリバディ第5週「1946−1948」のあらすじは、るいとともに大阪へ移り住んだ安子が、なんとか生計をたてようと奮闘するストーリーとなっています

第5週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第5週「1946−1948」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。