カムカムエヴリバディ第37話のネタバレあらすじ!出る決意

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」8週目第37話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第36話「勇の気持ち」では、勇から気持ちを伝えられた安子は、すぐに返事ができなかったストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第37話「出る決意」では、安子が雉真家を出る決意を固めるストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2021年12月21日(火)放送
第8週サブタイトル『1951−1962』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第37話のネタバレあらすじ

ここからは、12月21日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第37話のあらすじをまとめたネタバレです。

雉真家を出る決意をした雉真安子(上白石萌音)だったが、千吉からるいのことを思うのであれば、雉真家に置いていくほうがるいのためだと言われ、何も答えることができなかった。
その夜、酔っぱらって雉真勇(村上虹郎)が帰ってくると、雪衣が寝ずに帰りを待っていた。
勇の部屋で、喧嘩してできた傷に薬をつける雉真雪衣(岡田結実)
勇は安子がアメリカ人に惚れている話をすると「無様ですね」と落ち込む勇に活を入れる。
その晩、雪衣は流れるまま勇と一夜を共にした。
翌朝、橘算太(濱田岳)が目を覚まし台所へ向かう途中、勇の部屋からでてくる雪衣を見つけてしまう。
そして、気が抜けたように銀行から融資を受けるため銀行に向かった。
一方、安子は、るいにたちばなを再建できたら算太と二人で新しい家で暮らし、るいはこの家に残るよう伝える。
雉真るい(深津絵里)はいやだというが、安子は昨日千吉から言われたことを思い出し、ただただ抱きしめることしかできなかった。
それから、安子はきぬにそのことを相談をしに行った。
すると、そこで、算太が信用金庫に顔を出していないことを知り、急いで探して回る。
大阪にいったことを知った安子は、るいを置いて大阪へ向かう。
当てもなかったが、ロバートに助けを求め、算太を探すよう協力をお願いした。
それから、数日間、ずっと算太を探し続けるが一向に見つからず、しまいには疲れ切ってしまい、道端で倒れてしまったのだ。

 

ここまでが、12月21日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第37話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第38話のあらすじを知りたい方は、第38話『算太を探しへ』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第37話の予告感想

そのための傷

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」36話の予告では、るいと安子が離れ離れになる展開で、何かしらの理由でるいだけ雉真家に残るという展開もあると考察しましたが、まさにその理由がるいの額の傷!!
もともと雉真家に戻ってきたのもるいの額の傷が原因だったので、安子とるいを引き離すための傷だったということですね。
額の傷を治すのに莫大なお金がかかるって、治療法は見つかったんでしょうか?
見つかってもいないのに莫大なお金がかかるというのは、ちょっと疑問なところですが、治すというよりは整形するということなんでしょう。
たしかに整形はお金がかかるイメージがありますが、るいをおいていくほどの理由が安子にあるんでしょうか?
単に勇に告白されて雉真家にいづらくなっただけなら、ちょっと母親失格ですが、他にどうしてもでなければいけない理由があるのなら、その理由がまだはっきり見えていません。
その理由に納得できるかは賛否両論になりそうですが、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」37話はちょっと見守りたい気持ちですね!

失踪!

そして、お騒がせお兄さんの算太。
朝ドラ「カムカムエヴリバディ」35話の予告では、雪衣の複雑な思いを知った算太は、ある行動に出てという予告がありました。
その行動と関係しているのか、まさかの失踪!!!!
算太の失踪は、これで2回目。
1回目は借金をして、借金取りから逃げるための失踪でしたが、まさか今回も同じパターンじゃないでしょうね?
そうなると、立て替えるのは雉真家で、さらに安子は肩身が狭くなります。
そのことが関係して、るいは雉真家に残していけというのなら、それはそれで納得がいく理由の一つではありますが、、、

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第37話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第37話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

昼ドラ!?

今日の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」は完全に昼ドラでしたw
あんな展開かつて朝ドラであったでしょうか?
昼ドラならばっちりそのシーンが流れるのですが、やっぱりそこは朝ドラ。
想像の域からださないまでもどうなったのか誰でも理解できるような展開にもっていきました。
まぁ、なんのことかは見た人には分かりますよね?
「無様ですね」
まさか、雪衣があんなに挑発的な言葉をかけるとは、、、
酒を飲んでいたというのもあるでしょうけど、勇をより無様にして、あえて抱かせる戦法をとったのなら、とんでもない策士です!
私の中では絶対雪衣は既成事実を作るために、ああやって挑発したんだと思っています。
そして、そのすべてを一瞬で理解した算太。
算太も算太で、頭悪そうで、頭の回転は早いですよね~
あの瞬間、「やっちまったんだな」って100%理解してましたよね。
そして、その影響がもろに表に出やすいのもこの男。
しかも周りの事考えずに失踪って、この前と一緒じゃないですか。
まぁ、安子がまた苦難の道に進むための出来事として算太使ったんでしょうけど、今回は、渋滞しまくって、どう頭のなか整理すればいいのかw

別居する必要ある?

少し話を戻すと、そもそもるいと離れ離れになる必要ある?
家出るという割には、毎日お弁当作りに来るとか、わざわざ家を出る必要ない気がするんですけど。
一応私の中では、雉真家に甘えてはいられないということで、自立する道を選んで雉真家を出るって体でしょ?
もちろん、勇との関係が気まずいというのもあるでしょうけど、大義名分は、たちばな再建により自立だと思うんですよ。
るいの傷を治すためというのなら、自分が我慢してそのまま雉真家に残るのが、るいのためになるんだと思うんですが、ちょっとそこどうなの?って思っちゃいましたね。

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第8週目第37話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第8週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第8週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第8週目のネタバレあらすじ

37話放送のカムカムエヴリバディ第8週「1951−1962」のあらすじは、勇の気持ちにこたえられず、安子が雉真家を出る決意を固めるストーリーとなっています

第8週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第8週「1951−1962」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください