カムカムエヴリバディ第5話のネタバレあらすじ!夏祭り

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」1週目第5話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第4話「稔に誘われる」では、安子が稔に誘われて初めて喫茶店に行くストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第5話「夏祭り」では、親友・きぬの計らいで、安子と稔が2人で夏祭りに行くストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2021年11月5日(金)放送
第1週サブタイトル『1925―1939』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第5話のネタバレあらすじ

ここからは、11月5日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第5話のあらすじをまとめたネタバレです。

毎朝6時半に起きてはラジオ英語講座を聞く橘安子(上白石萌音)
今日も稔に自転車の乗り方を教わると、稔が中学生の時に使っていた英語の辞書をもらった。
練習が終わり家に帰ると、親友の水田きぬ(小野花梨)が店番をしていた。
そして、雉真稔(松村北斗)が店の中に入ってきた安子はきぬに紹介した。
2人の仲の良さを感じ取ったきぬは、急に、今度の夏祭りに行けなくなったと言い出す、
すると、稔が一緒に行こうか?と誘い、二人で夏祭りにいくことになった。
二人で夏祭りを楽しんでいると、稔が髪飾りがないことに気づき、来た道を戻り探しに行った。
その場で待っていると、突然雉真勇(村上虹郎)が現れる。
勇は、兄さんは跡取りになる男で、和菓子屋の女とは釣り合わないと言って、去っていった。
落ち込む安子のもとへ稔が戻ってくると、安子はもう自転車を教えてもらうのは辞めると言い出し走ってその場から離れた。
それから稔とは会わずに時間だけが過ぎる。
ある日、店番をしていると、勇がやってきて、明日稔が翌日汽車で大阪に戻ることを告げる。
そして、翌日、安子はいてもたってもいられず、自転車に乗り駅へ向かう。
駅につくと、稔を見つて大きな声で叫ぶ。
安子の声に気付いた稔は彼女に駆け寄る。
すると安子は、英語で手紙を書いていいか?と尋ね、稔はもちろんと答えた。

 

ここまでが、11月5日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第5話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第6話のあらすじを知りたい方は、第6話『文通』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第5話の予告感想

ナイスきぬ!

二人の進展がどういう風に進んでいくのか気になっていましたが、ここで親友の登場!!!
いきなりの登場で大活躍のきぬさん、ナイス!
安子と稔を夏祭りに行かせるなんて、どんな計らいをしたのかしら?w
この流れからいけば、安子と稔は将来結ばれるパターンですね。
ただ、普通に結ばれてはつまらぬということで、弟登場!

もしかしてホの字!?

稔は、雉真繊維の跡取り息子です。
大事な跡取り息子と和菓子屋の女が釣り合うか!って弟の勇がいったみたいですが、これはまさかのホの字では!?
兄のためを思っていったような感じでもないし、わざわざ安子にそのことを言うということは嫉妬ですな。
これは大きくなったら三角関係になってややこしくなるパターンなのか!?
ただ、ここの三角関係だけじゃなさそうな感じもするんですよね。
なんせ、雉真繊維の跡取り息子なんですから、両親の反発も予想されること。
どちらかといえば、そっちで苦労しそうだな~
弟のほうはおそらくお互い好き同士だから相手にもされずに終わりそうな感じもするし、まだまだ始まったばかりといったところです!

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第5話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第5話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

完全にハマる!

完全に安子、英会話講座にハマりましたねw
アルファベットも分からないのに、一生懸命やってる姿を見るだけでもがんばれ!って応援したくなりました。
英語の教科書に読み方をカタカナで書き込むのって、私もやったことあるなーとふと思い出すw
何年後かなると、普通に英語しゃべれるようになるんだろうけど、ネイティブなのか、日本人ぽいのかちょっと気になるところです!
個人的には後者のなまった感じの英語を希望しますw
あと英語の辞書見ると、朝ドラ「花子とアン」を思い出しますよね~
花子は、先生への謝罪きっかけと本が読みたくてて英語をマジでやりはじめましたが、朝ドラ「あぐり」でも英語の辞書もらってたり、ちょっと重なる部分があって、なつかしさを感じる。

勇はみた!

勇が二人の現場を見てしまったーーーーーー!!!
勇ちゃん大ショックだろうな~
安子は好き好きオーラがちょっと見せるけど、稔のほうはこの時点でどう思っているんだろう?
しかし、夏祭りのあの一言は、本当男としてちっせー人間だなーって感じましたね。
安子のことが好きだということもバレバレで、自分のことを好きにさせようじゃなくて、諦めさせようって、男じゃない!
しかも、店によって、明日兄ちゃん帰るからって、なぜ知らせる必要がある?
申し訳なく教えたというよりは、引導を渡しに来たような感じで、ちょっと感じ悪かった。

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第1週目第5話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第1週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第1週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第1週目のネタバレあらすじ

5話放送のカムカムエヴリバディ第1週「1925―1939」のあらすじは、雉真稔と出会い、安子が英語に興味を持つストーリーとなっています

第1週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第1週「1925―1939」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。