カムカムエヴリバディ第97話のネタバレあらすじ!両親の面影

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」20週目第97話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第96話「疑問」では、里帰りして雪衣からいなくなる直前の母の様子を聞き、ますます疑問が深まるストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第97話「両親の面影」では、るいは思いがけず両親の面影に触れるストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年3月18日(金)放送
第20週サブタイトル『1993−1994』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第97話のネタバレあらすじ

ここからは、3月18日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第97話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

健一の店を後にしたジョーと大月るい(深津絵里)
その足で、神社を訪れた。
お参りをしようとしたとき、ちょうど終戦のサイレンが鳴り響く。
サイレンをきっかけに不思議な体験をするるいと大月ひなた(川栄李奈)
るいがふと隣を見ると、雉真稔(松村北斗)が立っていた。
稔は、どこの国にでも行き来ができ、どこの音楽でも自由に聴けて、そんな世界を生きているよとるいに語りかけた。
そこで、はっと我に返ったるいは、鞄に入れていた稔の辞書を抱きしめて、ジョーに母・雉真安子(上白石萌音)を探しにアメリカに行きたいと訴えた。
一方、ひなたは、るいの部屋で英語テキストを見つけていた。
それを読んでいると窓の外からカムカム英語の司会を務めていた平川に声をかけられる。
ひなたが英語が上達しないというと、平川唯一(さだまさし)は、みんな英語の赤ちゃんだからと言われ、毎日こつこつ急がずにとコツを教えてもらう。
英語を話せるコツを聞いたひなたの心には、強いものが芽生え始めていた。

 

ここまでが、3月18日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第97話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第98話のあらすじを知りたい方は、第98話『母・安子との思い出』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第97話の予告感想

定一の息子!!!

帰省した大月家。
るいと錠一郎があるジャズ喫茶を訪れるって、定一が岡山でやっていたジャズ喫茶でしょ!
しかも定一にそっくりな人との出会いって、絶対定一の息子に違いありません。
定一の息子は戦争にいって最後の最後に帰ってきましたが、このためだったんですね~
戦死という流れもあったと思ったんですが、生きて生還し、定一が涙していました。
ここでもるいが両親の面影に触れることになり、安子への思いを募らせていきますが、自分の勘違いだとこの時点でもう気づいているのか?

見知らぬおじいさん

一方、ひなたは雉真家の一室でカムカム英語のテキストを見つけます。
これって、安子とるいが使っていた英語のテキストかな?
たしか「Rui」って書いてたと思うので、母親が使っていたものだと気づくかもしれません。
そして、窓の外から見知らぬおじいさんに声をかけられるひなた。
このおじいさん誰?
おじいさんということは、安子世代の人ですよね?
あの当時に安子の知り合いって誰がいたかな?
思い当たるのは、ロバートぐらいなんだけど、まさかそれはないよね。
まさか勇のことを言ってる?
どっか出張にいって、帰ってきたとか。
うーん、さっぱり分かりませんw

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第97話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第97話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

サニーサイド

やっぱり流すと思っていた「On the Sunny Side of the Street」
やっぱり稔と安子のシーンと重ねて流しましたね~
朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のよくやる手法が、世代にわたって同じ経験をするというものです。
稔と安子が初めてお茶したときに流れた「On the Sunny Side of the Street」がきっかけで、るという名前につながり、さらにジョーと結びつけた。
そして、ジョーとるいがまた同じように「On the Sunny Side of the Street」を聴く。
色々なことが巡り巡っている感じがまさに世代を超えてのストーリーって感じがしますよね。

稔回想じゃない!

そして、るいのもとに姿を現したのが父・稔!!!
クレジットでは、回想つかなかったので、まさか生き返ったのか!?ってあり得ないことを想像してしまいましたが、幻でも父・稔に会えてよかったですよね~
一度も会ったことがなかったるいにとっては、写真でしかみたことがありませんでしたが、あのシーンだけでも父親の温かさを感じ取ったのではないでしょうか?
そのこともあり、母を探すことを決意します。
これは面白い展開になってきました!
来週再来週が楽しみです!

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第20週目第97話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第20週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第20週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第20週目のネタバレあらすじ

97話放送のカムカムエヴリバディ第20週「1993−1994」のあらすじは、謎の振付師・サンタが自分の親戚だと驚き、家族のルーツを知るストーリーとなっています

第20週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第20週「1993−1994」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。