ふたりっ子第142話のネタバレあらすじ!姿を消してくれ

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」24週目第142話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第141話「母親は輝子」では、真実が母親は輝子だと麗子に言ってしまうストーリーでした。

ふたりっ子の第142話「姿を消してくれ」では、羽柴が史郎に対局で自分が勝ったら香子の前から姿を消してくれと訴えるストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年3月27日(木)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第142話のネタバレあらすじ

ここからは、3月27日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第142話のあらすじをまとめたネタバレです。

ある日、香子が1人で遊んでいた黒岩玲実(三倉佳奈)を見つける。
そして、玲実を連れて、史郎の家を訪ねた。
突然の訪問に驚いた森山史郎(内野聖陽)だったが、快く二人を向かい入れた。
野田香子(岩崎ひろみ)は、2人がかつて夫婦だったことを玲実に教える。
離婚したのに、仲のいい2人を不思議に思う玲実だった。
それから数日後、史郎と羽柴秀明(茂山宗彦)が対局する日がやってきた。
羽柴は自信満々な様子で、突然、自分が勝ったら、香子の前から姿を消して引退してくれと史郎に告げた。
取り合う必要もなかった史郎は、静かにそれを応じた。

 

ここまでが、3月27日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第142話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第143話のあらすじを知りたい方は、第143話『史郎の勝利』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第142話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第142話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子142話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第24週目第142話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。