ふたりっ子第91話のネタバレあらすじ!二つに一つ

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」16週目第91話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第90話「光一現る!」では、野田家に突然変装した光一が現れるストーリーでした。

ふたりっ子の第91話「二つに一つ」では、光一の気持ちは離婚したいか、家に戻りたいか二つに一つではないかと香子と麗子が話し合うストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年1月27日(月)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第91話のネタバレあらすじ

ここからは、1月27日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第91話のあらすじをまとめたネタバレです。

香子の四段昇進の祝いが開かれた夜。
皆でさわいでいると、野田家の前に見知らぬ男が姿を現した。
なんとそれは変装した野田光一(段田安則)だったのだ。
光一がオーロラ輝子(河合美智子)といっしょに大阪に戻ってきていたのだ。
しかし、光一は中には入らずその日は去っていった。
翌日、ムサ兄から、輝子と光一が大阪に戻ってきていることを聞いた香子と黒岩麗子(菊池麻衣子)
二人は、光一の気持は千有布と正式に離婚するか、家に戻りたいか二つに一つではないかと話しをする。
その夜、森山香子(岩崎ひろみ)は、銀蔵が泊まっているホテルを訪れた。
何の用だという佐伯銀蔵(中村嘉葎雄)に、両親のことを相談すると、人の一生は瞬間瞬間の重なりだといい、香子を気遣った。
銀蔵のホテルをあとにして、とにかく光一に会ってみようとホールへ向かった香子。

ここまでが、1月27日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第91話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第92話のあらすじを知りたい方は、第92話『離婚宣言』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第91話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第91話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子91話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第16週目第91話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。