マッサン第28話のネタバレあらすじ!不快感

こちらでは、朝ドラ「マッサン」5週目第28話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第27話「株主総会」では、本場のウイスキーを承認してもらうため株主総会が開かれるストーリーでした。

マッサンの第28話「不快感」では、株主たちがウイスキーがまずいと不快感を露にするストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年10月30日(木)放送
第5週サブタイトル『内助の功』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第28話のネタバレあらすじ

ここからは、10月30日に放送された朝ドラ「マッサン」第28話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン28話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

株主総会で本物のウイスキーを試飲した株主たちは、マッサンの予想に反して、「煙たい酒だ」とあまり良い反応を示さなかった。
マッサンの期待に反して、株主たちはウイスキーに良い反応を示さなかった……。

そこへ、スコットランドの料理を持ってエリーが登場した!

エリーは、その料理と一緒にウイスキーを飲むことを提案した。
試した株主たちは「タバコの臭いがしない」と驚いていた。エリーは、煙草の臭いがしないのは秘密だと言った。

エリーは、煙臭くないのには秘密があると、株主たちに説明する。

その秘密とは、肉をウイスキーと一緒に煮込むことで、ウイスキーと相性の良い香りを出しているのだそうだ。
魚や野菜も工夫次第でウイスキーで調理できる、とエリーは言う。

しかし、日本食に合わないのでは商売にならない、と反論する。

そこで、アジの開きなど用意しておいた日本食を持参し、「ウイスキーで割って飲んでください。
と言ってウイスキーで飲んでもらったところ、和食との相性が良いことがわかった。
株主の方々の反応も上々だった。

スコットランドと日本は、海に囲まれた同じ島国であることから、似ている。
日本食とウイスキーの相性の良さを、エリーが証明してくれたのです

内助の功で大成功したマッサンをフォローしたのは、エリーだった。

マッサンと社長の大作は、「日本で初めてウイスキーをつくらせてください」と株主たちに熱烈に訴えた。
株主総会は拍手喝采で幕を閉じた。

マッサンは、ウイスキー事業への賛同を感じた!

株主総会の成功を祝うマッサン、エリー、大作社長、優子。
大作は涙を流しながら、エリーと優子に感謝の言葉を述べる。

ウイスキー製造が認可されることを信じ、皆、興奮していた。

しかし、その夜、マッサンは企画が承認されるかどうかが気になり、なかなか寝付けない。
なかなか寝付けないのは仕方がない……。

そんなマッサンの手を握り、「大丈夫」と励ますエリー。

マッサンは、エリーと結婚したことに感謝している。

自分は幸せ者だ。エリーのために夢を叶えるよ。
エリーのために夢を叶えるよ。マッサンの夢、私の夢。

マッサンとエリーは、互いに手を握り合って眠りにつきました。

それから数日後、株主総会の結末を迎える日がやってきました

 

 

株主たちに本場のウイスキー原酒を飲んでもらうも、「煙臭くてまずい」と不快感を示し、絶体絶命のマッサン(玉山鉄二)のもとに、突然あらわれたエリー(シャーロット)。優子(相武紗季)らと考えたウイスキーに合う洋食、さらには和食を次々と振る舞い、おいしいとウイスキーへの評価が変わっていく株主たち。そんななか、マッサンや大作(西川きよし)はウイスキーづくりにかける熱い思いを株主たちに訴える。

ここまでが、10月30日に放送された朝ドラ「マッサン」第28話のあらすじのネタバレです。

マッサン第29話のあらすじを知りたい方は、第29話『事業は認めない』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第28話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第28話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

たぬきおやじ

大山社長、本当にタヌキ親父ですねー。

全部見透かされていて、しかも悪い奴で…。

当て馬だと思っていたら、熊田が代弁してくれた。

これまで見てきたように、大山社長は根っからのエンターテイナーなのだろう。

何でも使って雰囲気を盛り上げるところは商売人の鏡かもしれないが、当てられる側の人間はたまったものではない。

ぜひとも大逆転劇を演じてほしいものだ。

サメ

バスに乗っているときに、ちらっと見えたぬいぐるみ。

サメのぬいぐるみを持っているのです! と思ったのですが、見事に入り込んでいましたね。

面白すぎでしょう?

サメの生態に興味があって、ぬいぐるみを渡されるなんて、ちょっと理不尽だと思います

箕輪悦子さん(写真)

今日は箕輪悦子さんが登場する予定でしたが、まさかの撮り下ろし!?

写真だけのために天海祐希さんを使うなんて無駄遣いだ!とSNSで騒がれていましたが、この2枚の写真でどれくらいのギャラをもらっているのか、とても気になりますね。

信頼

やっぱり、モネの予言通りの状況になってしまいましたね。

やっぱり、モネの予言は当たってますね。という認識を持ち始めたようです。

こうして実績を積み重ね、徐々に信頼関係を築いていくのがベストなのだろうが、あまりにも極端な切り替えで、どうもしっくりこない。

モネがしつこく「ラジオを入れよう」と言った時も、100%壁を作っていたのに、急に柔らかくなり、周りもそうなってしまった。

もう少し時間を置いてから、やっと信じてみようと思えば来るだろうが、電話拒否→現場訴訟→「ラジオを入れよう」は早すぎやしないか?

もちろん時間がないのはわかりますが、モネの場合は100か0かで決まるので、とても非現実的な感じがします。

離婚届

香里の盗み聞きで塔子の想いを知った千代。

彼女は身を引く決意を固めた。

それを証明するために、漢字を使って離婚届を届けた。

明日、10時に会議がある。

私も遅れないように行かなくちゃ。

松重さんの記憶!

映画のポスターを貼りに来たもう一人のおっさん。

今回は制作費が3倍という措置なので、期待が高まりますが、もしかしたら松重さんが再登場するかも!?

松重さん、どこかで出てましたが、どこだろうと記憶の底を掘り返して、やっと思い出しました

確か、カットされたキャラで出ていたはずです。!!!!

そうなんですよねぇ。そうだろう、そうだろう?

その時は役名もなかったのですが、今回は役名があり、映画のホープかもしれませんねw。

地震の引き金

その意外性がついにつながった!

浅岡さんとヒメを結びつけたのは、地震だったんですね。

さやかちゃん、浅岡さん、中村先生の3人はいろんな意味で強力なトリオですが、これから地震の話も出てくると思うので、3人の真剣な演技に期待したいです!

乗らねえぞ!

りょうちんに「一緒に船に乗ろう」と言われたが、真司は「乗らない!」の一点張り。

そう、信二には信二の考えがあったようです。

たしかに昔に戻ることがすべてではないし、真司が漁師になるために必要不可欠なものがなければ、それは自然なことだと思います。

息子としては、立ち直ってほしいから一緒に船に乗ってほしいのでしょうが、彼からすれば自分の考えがあるわけで、それを尊重してほしいのです。

シンジがイチゴを作ることは悪いことではないと思うんです。

さあ、給料日だ!

初めての給料日。

しっかり受け止めよう・・・。

やばい、初給料日思い出した!

頑張った感がたまらない。

しかも、大きな契約獲得で色めき立っていて、嬉しいんだろうけど、貯金に充てようと思う。

それはわかるけど、和子があんなにきつく言ってくるとは思わなかったよ。

もしかして、クリーニング屋さんと奥さんに子供がいたのかな?

もしかしたら、亡くなってしまって、その人のことを思って、もっとああすればよかった、こうすればよかったと思ったのかもしれませんね。

最初の頃はそう思っていたのですが、後半ジョーが「戦時中はできなかった」と言うので、「それが正しいんだ」と訂正しました。

私の予想では、そんな節約は無理だ! だって、経済が回らないんだもん! 大阪のおばちゃんは、偉そうで、ちょっと真面目なイメージがあったので、Goodだと思いますw。

Berry VS すみれ

すみれの着物姿はとってもキュート!

安達祐実さん、いつまでも童顔で、独特の可愛らしさがありますね~。

さてさて、ベリーのお茶の指導です。

始まる前からトラブルが起きそうな予感がするのは私だけでしょうか?

なんて思っていたら、さっそく殴り合いの喧嘩が始まりましたね。

いきなりストレートすぎるだろ!?

教えてもらう側なのに態度がでかいのもすみれですが、最初はちょっと大人しかったので、すみれだけが悪いわけではなさそうです。

まあ、ベリーは相変わらずの真っ直ぐなベリーちゃんで、ちょっと安心。

しかし、ここまで来て出てこないということは、もうベリーの旦那さんには会えないのだろうか…。

突然の歌声

そして、突然歌子さんが歌いだします!

綺麗な歌声ですねー。

歌子さんの歌声に癒されて、今日は何かいいことがありそうな予感がして、外を見たら雨が降っていて…。

翼をください」はこの時代にはまだ教科書に載っていないという情報があるのですが、ラジオで覚えたのでしょうか?

まあ、きっと聴いていたんだろうなと思いながら、先生の話を聞いていました。

あの凝視と突然の攻撃、完全にホラーじゃないですか?

私が凝視したのと同じ!?私の歌を聴くのは初めてでしょう?

まだ歌を聴いたことがないのは、本当に素晴らしい先生なのかもしれませんが、目が離せませんねw

フェードアウト

鶴亀一家のドラマはバラバラになりました。

徳利さんは家族で避難しています。

瑠璃子も父親が田舎で一人暮らしをしているため、避難している。

この流れで、瑠璃子さんと徳利さんはフェードアウトしそうです。

実はみんなボロボロで、別れると言った時にやっと本音を言ったんでしょうね。

千代の意志がどうなるかはわかりませんが、千代と一平の間に亀裂が入り、別れる時が来るのではと少し心配です。

中村が来た!

久しぶりに中村先生が登場!

浅岡さん、さすがに仕事のできる人ですね~!

医師が必要なことは事前に分かっていた感があり、直接来てもらって詳しい話をすれば、その場で断られることはなかったでしょう。

しかも、中村先生のクレジットが出た時点で、結局は菅波先生に押し付けることになるのは、もうある程度わかっていたことです。

百音もそうなることを予感していたから、浅岡もそう思っていたのかもしれない。

無表情でニコニコしている割には、実はかなりエグいキャラなのかもしれません。

瑠衣の表情

算命が親戚だと知って大喜びする日向とは対照的に、瑠衣のあの表情は何とも言えませんね~。

嫌がっているわけではないのですが、昔の過去をつつかれるのが嫌なようです。

ま~、アルタも今更と思ったようですが、朝、小豆を炊いている時に、瑠衣の質問に答えて欲しかったです。

何しろ、あの一件で、靖子と瑠衣は離れ離れになってしまったのだから!

そうなんです、失恋したまま出かけてしまったんです! 恥ずかしい話ですが、そんなことで何十年も親子が離れ離れになってしまうなんて、悲しすぎますよね。

どうか、最後は康子と再会できますように!

恒例!

夏休みも終わりに近づいていますが、相変わらずひなたちゃんは宿題をやっていません。

高校生になったのに、実は友達の手伝いをしているのでしょうか?

もしかして、また同じ問題を解いているのでしょうか?

もしそうなら、解いたものを移し替えればいいんだろうけど、ある意味、ひなたは二人の学力向上に役立っているのかもしれないw

バイト代!?

宿題をしているところに坂国造がやってきました。

今度は何しに来たんだろうと思ったら、バイト代を払いに来たんだそうです。

っていうか、最初からバイト代いくらって決めてなかったの?

というか、「気持ちだけです」と言って渡したのは、バン・クイムザオのポケットマネーだったのか?

それなら、映画村ではなく、あくまで伴奎三郎の個人的な要望だったのでは?

そうだとしたら、不法侵入にならないか?

まあ、幡逵村が頼んだからこそ顔が利くのかもしれないが、結局あのバイトは何だったのだろうか。

以上が、朝ドラ「マッサン」第5週目第28話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。