マッサン第7話のネタバレあらすじ!大阪へ

こちらでは、朝ドラ「マッサン」2週目第7話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第6話「去る決意」では、早苗の気持ちを知ったエリーが政春の元を去ろうと決意するストーリーでした。

マッサンの第7話「大阪へ」では、実家を離れエリーとともに大阪へいくストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年10月6日(月)放送
第7週サブタイトル『災い転じて福となす』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第7話のネタバレあらすじ

ここからは、10月6日に放送された朝ドラ「マッサン」第7話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン7話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

母・早苗は二人の結婚に賛成していないが、状況は芳しくない。
マッサンとエリーが大阪へ出発する日が来た。

出発する二人に早苗は何も声をかけない……。

妹のすみれは、駅まで二人を追いかけ、お箸(さいばし)を渡し
母・早苗から渡された箸をエリーに手渡した。

 

早苗は、エリーが箸の練習をしていることに気づいていたのだ。

 

エリーは、お箸を受け取り、いつか母の早苗さんが
結婚を認めてもらえるようにがんばろうと思った。

 

 

二人は広島の竹原から大阪に到着。
二人は、マッサンが働いている住吉酒造に向かった。

住吉酒造は、マッサンが働いている会社であり
マッサンが勤める会社でウイスキー造りを勉強するためにスコットランドへ行くのを支援した会社である。

社長の大作や田中家、住吉酒造で働く同僚たちは、マッサンの帰国を心待ちにしていた。
住吉酒造の仲間たちは、マッサンを歓迎し、歓迎の意を表した。

 

しかし、マッサンが結婚していること、その妻が外国人であることを知ると、エリーは……。

社長の大作は顔色を変えて慌てふためくが…!

 

亀山家の結婚への大反対の中、マッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)は大阪へと旅立つ。早苗(泉ピン子)から受けとった菜箸を胸に、いつか二人の結婚を認めてもらおうと強く誓うのだった。二年ぶりの大阪は広島と段違いのにぎやかな街。住吉酒造を訪れると、社長の田中大作(西川きよし)をはじめ社員たちはマッサンの帰国を大喜びで迎える。しかし、エリーとの結婚を告げると状況は一変。大作は動揺するのだった。

ここまでが、10月6日に放送された朝ドラ「マッサン」第7話のあらすじのネタバレです。

マッサン第8話のあらすじを知りたい方は、第8話『初めて対面』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第7話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第7話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

発射!

3年経つと状況が変わることはよくありますが、まさかの絹江と歌子はクビ!?

一応、辞めたと説明されましたが、真相は闇の中です。

クビになる人は普通だし、明日は我が身という状態で続けてきたんだなあとつくづく感じました。

そして、その反対に、お金持ちのお父さんの力で幹部女優になった人もいるわけで、やっぱりお金なんだなぁ~と思います。

土木作業

どうやって生計を立てているのかと思っていましたが、ちゃんと仕事をしていたようです。

土木作業員として働きながら、少しずつ借金を返しているのは立派ですが、なんとか立ち直ってほしいものです。

自分のためではなく、息子さんのためになんとか立ち直ってほしいです。

歌いますよ!」。

そして、リョーチンの登場。

歌いましょう!」と。無力感が辛かった……。

浩二が止めようとして、すごい勢いで突き飛ばされたのには少し笑ってしまいましたが、親子の傷はまだ癒えていないような気がします。

とはいえ、「もう治らない」と父親が言うのもどうかと思うのですがね…。

あなたも!?

今回の朝ドラ「お千代ちゃん」は、いつも突っ込みどころ満載の小ネタを挟んでくる。

今日も冒頭からそんなツッコミどころ満載のナレーションで、一同「お前もか!」とツッコミを入れました。と思ってしまうほど。

裸足の仙谷さんと、きれいな足袋と草履の光枝さん。

同い年の二人がこれだけ違う境遇にいると、普通は憎み合ってしまうものですが、これからどうなることやら。

千代もしっかり者ですが、光枝は思ったよりしっかりしているようです。

しかし、まるで友達のように話す千代は、使用人の気持ちがわかっていないようで……。

さすがはキヌちゃん。

靖子は早速、絹ちゃんにこの提案を相談する。

きぬちゃんは一通り話を聞いた後、「この子はゆうちゃんでいいんだけど、私としてはゆうちゃんでいいんだよねー」と答えてくれました。

私もそう思うのですが、そこにロバートが現れました。

その瞬間、やっぱりロバートかと思ったのですが、絹ちゃんは初めて見るのにすべてを把握していたのです。

この子の頭の回転の速さには本当に感心しますよ

こんな友達がいたら、もっと素敵な人生を送れたかもしれませんねw。

自己PR

いよいよ日向の自己PRの時間です!

何を話すのかドキドキしながら見ていましたが、最後はまさかの実家紹介!

私は回転焼き屋さんの娘です。場所はあそこって言ってたけど、それしか知らないの?

ちょっと微妙でしたが、司会者から応募理由を聞かれ、「時代劇と映画村が好きだからです!」と答えました。で、終わりでした。

朝ドラ「Come Come Everybody」の74回目、ヒロインなのに他の応募者に比べて紹介シーンが少なくてちょっと驚きました。

ニューフェイス

朝ドラ「おっさんずラブ」第8話で、またまたニューフェイスが登場。

なんと、この人! クセになる!?

そして、みんなが突っ込んだあの言葉、”しゃべれないの!?”

このガイドさん、面白いですよね。

調べてみると、ガイドさんではなく、鶴亀座の支配人さんだったのです

演じていたのは、演出家でもあるボブ・マーサムさん。

今後の公演に期待しましょうw

リベンジ

どんな番組なんだろうと思ったら、やっぱり「おけいはんとなおどん」でした。

千代がいなくなった尖閣の最後の日にやったのが「桶狭間と直門」ですから、ある意味「桶狭間と直門」のリベンジでしたね。

春団治も見たかったですし、最後の一幕をどう演じるのか、期待大です

ヤクザ

今日はヤクザが登場しましたね。

このヤクザは誰でしょうか?という顔をしていましたw

でも、おじいちゃん、正装すると、ハードボイルドみたいでカッコイイけど、ヤクザ感が半端ないですねー。

それに、あんなに優しい口調で挨拶するなんて、ヤクザの常套手段じゃないですか。

菅波さんがファイティングポーズを警戒する気持ちもわかります。

よしお

どうしたヨシオ!!!?

というか、武井家はどうなってるんだ?

新妻が来ては消え、また来ては消え、二羽の鶏は売られる運命にあり、挙げ句の果てに義男は失踪!?

あの転落が死亡フラグでないことを祈るばかりです。

失恋

朝ドラ「みんなおいでよ」69話では、そんな懐かしいシーンがたくさんありましたが、ビリーの帰省で初恋が終わってしまった!?

結果だけ見れば失恋なのでしょうが、ひなたは日本に帰ることすら知らないような気がします。

最後には「あんなに勉強したのに」と思っているようでしたが、実際は5日間しか勉強していないんです。

英語はそんなに簡単じゃないんです。

リョウコ参上!

家でぼーっとしていたよしこさんが運動会にやってきた!

しかも、よしこは年中3位ということが判明!

これは可もなく不可もなくということなのか、それとも凡庸な設定なのか?

4人の兄妹の設定が見えてきそうです。

兄はバカ、信子は料理人、歌子は歌手。

良子は教師になりたいという夢を持っているので、このまま教師になって普通の幸せな人生を歩むのだろうか。

個人的には、そんな普通の生活が似合うので、良子には共感するところが多いですね。

ただ、あのバカ兄貴に振り回されないように気をつけましょうね。

天気予報の病気

今日は主に天気の話だったのですが、その中で新しく知ったのが気象病です。

気圧で変化するのだから、人体にも何らかの影響があるのだろうとは思っていましたが、実際に証明されていることもあるんですね~。

特に、花粉症も気象病だったとは、驚きです

花粉症についても教えてくれる有能な気象予報士に今後も注目ですw。

アドリブ?

物語が進むにつれて、昨日付け足したいと言っていた部分が登場します

昨日はなかった部分が結構あったのですが、アドリブだったのでしょうか?

完全に2人だけの話でしたが、大変だけど楽しいかもしれませんね?

そして、武井家の登場です

回想でもないので、どんな形で登場するんだろうと思っていました。

いやはや、実にいい感じにまとまった最終回でしたね~。

ケチベエ!

ついに息子まで吉平吉平と呼ばれるようになりました。

もう闇市を予習する商才はあるが、人としての心がないのか…。

吉右衛門君にそこまで言われるわけにはいかない。

吉兵衛は最後には息子を守って死んだ。

こんな簡単に死んでしまうパターンもあるのでしょうか。

しかも、吉右衛門は母親と別れて戦災孤児になる可能性はないのだろうか。

ある少年は、戦争が終わった後、予告状から盗もうとした少年を思い出した。

金太が託した少年は、吉右衛門ではないのか?

Sunny Side

.

オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」 やっぱり弾いちゃいました。

やっぱりね!やっぱりね?。稔と靖子のシーンにかけて弾きました!

朝ドラ『カムカムエブリバディ』がよくやる手法は、世代を超えて同じ体験をさせることです。

稔と康子が初めてお茶を飲んだ時に流れた「晴れた日に」の曲は、ルウという名前につながり、それがジョーにつながった。

そして、ジョーとルイはまた同じように「On the Sunny Side of the Street」を聴く。

世代を超えた物語なんですね。

以上が、朝ドラ「マッサン」第2週目第7話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。