おかえりモネ第100話のネタバレあらすじ!お祭りの告知

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」20週目第100話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

おかえりモネの第99話「アワビの解禁日」では、百音が漁協組合長の滋郎にアワビの解禁日を予測させてほしいとお願いするストーリーの予定です。

おかえりモネの第100話「お祭りの告知」では、地元商店街の店主と子どもたちが百音のところに、週末開催されるお祭りを告知したいとやってくるストーリーの予定です。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年10月1日(金)放送
第20週サブタイトル『気象予報士に何ができる?』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第100話のネタバレあらすじ

ここからは、10月1日に放送される朝ドラ「おかえりモネ」第100話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

コミュニティFM局「はまらいん気仙沼」は、地域での人気が高まり、さまざまな情報が寄せられるようになってきた。

 

そんな中、百音には一つの心配事があった。

それは、週末の天気である。

 

今週末の午後は、強風と大雨で大荒れになることが予想されていた。

 

百音は、子ども会フェスティバルを企画している親御さんたちに、延期を提案した。

 

しかし、雨が降り出すのは午後3時頃からなので、親たちは気にしていなかった。

 

百音は、親御さんたちに事情を理解してもらう方法を考える。

 

子ども祭りを延期できないかと。

 

“どうやって伝えようか……”

 

あれこれ考えているうちに、百音はあることを思いついた…。

 

 

今回は、百音(清原果耶)のもとに、高橋(山口紗弥加)をはじめとする地元商店街の店主や子供たちが、週末に開催される祭りの告知をしたいと訪ねてきた。しかし、祭りの当日は強風の予報が出ていて…。

その数日後…。高橋(山口紗弥加)をはじめとする商店主や地元商店街の子供たちが、週末に開催する祭りの告知のために百音(清原果耶)を訪ねてくる。遠藤(山寺宏一)の計らいで、番組を変更して子供たちの声を生中継することになり、ブースはとても賑やかになった。しかし、天気予報によると祭りの当日は強風が吹くとのこと。百音は商店街の店主たちに祭りを中止するよう訴えるが……。

 

 

ここまでが、10月1日に放送される朝ドラ「おかえりモネ」第100話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第101話のあらすじを知りたい方は、第101話『研究』へ読み進めてください。

朝ドラ『おかえりモネ』第100話の予告感想

予想外れ!!!

ついに記念すべき朝ドラ「おかえりモネ」100話となりました!
99話では、子供たちを連れたグループが何をしにきたのか予想しましたが、見事に外れましたw
正解を確認すると、まず「子供たちを連れたグループ」については、やはり大人と一緒に来たということです。
ここに絞って考えれば「祭り」にいきついたかもしれませんが、子供に引っ張られすぎて、まったく見当違いの予測をしたことに反省w
ただ、祭り開催については、参加は子供メインですが、主催は基本大人側の話しでしょう?
子供を使って、参加者を増やそうという目論見なのか、なぜ子供に告知させるのか腑に落ちません!
一応、遠藤(山寺宏一)の計らいでとあるので、ま~え~やないかみたいなノリなのかもしれませんがw

中止すべし!!

ブースは大盛り上がりとあるように、告知もノリノリでやる気満々度が伝わります。
ただ、それに水を指すように百音がお祭りは中止したほうがいいと訴えていますね。
おそらく商店街の人たちは聞く耳を持たないんでしょう。
実績も何もない小娘に言われる筋合いはないといったところでしょうか。
ただこの流れって森林組合でもありましたよね。
雨が降るから早めに引き揚げてと訴えた百音が、職員たちがたくさんの資格を持っていたことを知るあの回です。
今回の流れとしては、予想通り強い風がふいて、それみたことかと百音の信頼度がアップするのか、それとも強い風が吹くことを予想して対策に奮起するのか、どっちかな?

朝ドラ「おかえりモネ」第100話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第100話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

昨日は小学生の子供2人が相合い傘で帰宅するところで終わりましたが、さすがに朝ドラの振り返りでは「お帰りモネ!」でした。今回は、「相合い傘をしていた時間から帰宅するまでの15分を全部入れてもいいんじゃないか!」と思っていました。と思っていたのですが、「相合い傘から帰宅までの15分を全部入れればいいんじゃないの?と思っていたのですが、すーちゃんにはちゃんとその話が伝わっていたようで…。しかし、大方の予想通り、そのまま帰宅してしまいました。
個人的には、てっきり「ちょっと濡れちゃったから、どこかで休もうか?みたいなことを期待していたのですが、菅波先生の性格からして、それはないだろうと思っていたら、案の定ありませんでした。それだけを感じました。
この感覚は何だろう?と思っていたら、「ふたりエッチ」を思い出して、なんだかモヤモヤした気持ちになりました。
そこまで大人の階段を上らなくてもいいので、もう少し発展させて欲しかったです。
最初は冗談かと思っていましたが、真面目な言葉であることがわかりました。
私もアイスクリームを食べると頭が痛くなりますが、キーンのせいだと思っています。
だから、今日は暑いので、かき氷を食べようと思っています 内田さんがモデルだったという話は、モネさんの誕生日会で明かされました。
それを察知したのは、我らがスーちゃん!?これが私のモテ期の始まりなのでしょうか!?これはスーちゃんがアタックして、内田さんが折れて付き合ってくれるんじゃないかな?
これは何とも言えませんが、きっと面白いと思いますよ。
中村先生:昨日、中村先生がまた登場しましたね。
治療をして治したいと言っていましたが、過去に何かあったようです。
誰かを失ったり、過去にそういうことがあったのかな。
中村先生のキャラクターは嫌いではないので、どんどん登場させてほしいですね さやかが牡蠣の値段を聞いたとき、3年前のものだと言っていたので、震災後に作られたものだと思います。
“さやか “が牡蠣の値段を聞いたとき、「3年前のもの」と言っていた。
また、川久保さんは牡蠣の値段に怒っていた。
1本1,300円って安すぎませんか?だったら直接買いますよ!」と。製材しなければならないから高いのだろうが、文句ばかり言っているお年寄りにはあまり良い印象を受けなかった。
先日、朝ドラ「おかえりなさい、モネ」のいくつかのエピソードの感想を書きましたが、何かをしようとすると必ず抵抗があるのが世の常です。
店員の一人が「新しいことを考えるのが苦手」と言っていたが、個人的にはそれで終わらせてしまった森林組合の責任だと思う。
新しいことをやってみてダメだった、というのならわかるんですけどね。新しいことをやってみてダメだった、というのならわかるのですが、何もしないで「苦手」というだけでは、結局はそういうことになってしまうのではないでしょうか。

振り返りの短縮化今日は、20秒ほど振り返ってみました。
昨日は触れませんでしたが、社長の利益に対する真剣さは経営者として当然のことだと思っていましたが、浅岡も経営者だとは思いませんでした。今後、社長とのバトルシーンがあるのではないかと思っていましたが、浅岡が辞めるとなると、ちょっと予想がつかない展開になりそうですね。
マリアンナは野心の塊のような人で、今日も自分の野心をストレートに表現しています。
その前向きな姿勢は嫌いではありませんし、すぐに高村さんに相談して、新キャスターになることを約束させようとしたことはとても印象的でした。
高村さんと浅岡さんが飲み友達だったからといって、大人の付き合いをしていたわけではありませんよね。そうなっても不思議ではないので、もし結婚することになったら、さらに面白くなりそうですね。
情報の細分化私たちは情報化社会に生きています。
SNSで検索すれば地元の様子がわかるので、浅岡さんのおっしゃる通りですが、だからこそ全国に気象台やテレビ局があるのだと思います。
そもそも全国に気象台やテレビ局があるからこそ、さらに細分化されていくのではないでしょうか。

今週はどうしたの?今日も1分以上の振り返り放送! 今週はどうしたの?今週は何かあったの?長い振り返りシリーズになってしまいました…。私はそんなに記憶力が悪いわけではありませんからね。このレコメンは誰のためのもの?今週の朝ドラ「おかえりモネ」は、珍しく前日のダイジェスト版でしたが、目を引いたのは総集編ではなく ~~~~~~ に菅波さんが登場し、どこに登場するのかと思っていました。サメの剥製の予報を使って情報を伝えようとする2人。

 

 

 

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第20週目第100話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第20週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第20週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第20週目のネタバレあらすじ

100話放送のおかえりモネ第20週「気象予報士に何ができる?」のあらすじは、気仙沼に戻った百音がFMラジオを始めるストーリーとなっています

第20週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第20週「気象予報士に何ができる?」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。