おかえりモネ第99話のネタバレあらすじ!アワビの解禁日

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」20週目第99話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

おかえりモネの第98話「ラジオ放送」では、百音が遠藤から了承を得て、ラジオで天気予報を放送させてもらうことになるストーリーの予定です。

おかえりモネの第99話「アワビの解禁日」では、百音が漁協組合長の滋郎にアワビの解禁日を予測させてほしいとお願いするストーリーの予定です。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年9月30日(木)放送
第20週サブタイトル『気象予報士に何ができる?』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第99話のネタバレあらすじ

ここからは、9月30日に放送される朝ドラ「おかえりモネ」第99話のあらすじをまとめたネタバレです。

百音は、地元のコミュニティFM「はまらいん気仙沼」の放送に関わりました。

 

天気予報だけでなく、地域のさまざまな情報を発信していった。

 

徐々に口コミで広がり、評判になっていきました。

 

“私たちも話したい!”と

 

コミュニティFM局には、情報を発信したい地域住民が次々と現れた。

 

百音は、喜びの声を上げながら、地域の情報を発信し始めた。

 

例えば、漁協がアワビの解禁日(アワビ漁の解禁日)を発表した。

例えば、漁協からはアワビの市場開放のお知らせ、子どもたちからは週末の子ども会のお祭りのお知らせなどです。

 

一時期、コミュニティFMへの参加者が減少していたが、復活し始めた。

同時に、地域の活性化も進んだ…。

 

漁協の組合長・滋郎(菅原大吉)はラジオで「来週にはアワビが解禁される」と発表する。百音(清原果耶)は重雄に解禁日を予測させてほしいと頼むが……。

翌日、漁協の組合長・滋郎(菅原大吉)が桃音(清原果耶)を訪ねてくる。滋郎はラジオで「来週にはアワビ漁が解禁される」と言って去っていく。アワビ漁には海の透明度が重要だと知った百音は、アワビの解禁日を予測させてほしいと滋郎に提案した。 滋郎に。しかし、彼は全く相手にしてくれなかった。百音は菅波(坂口健太郎)に電話で相談し、再び説得しようとしていると、子供連れの一団が現れる。

 

 

ここまでが、9月30日に放送される朝ドラ「おかえりモネ」第99話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第100話のあらすじを知りたい方は、第100話『お祭りの告知』へ読み進めてください。

朝ドラ『おかえりモネ』第99話の予告感想

アワビ解禁!

ラジオ放送担当の百音さん。
そこへやってきたのが、漁協組合長の滋郎さん。
滋郎さんを演じるのが菅原大吉さんとなっていましたが、似合ってそう!!
なんかそういうイメージみたいなw
滋郎さんが来週あたりアワビの解禁日になるっていってましたが、何を基準に決めるんだろう?
一応、百音が海の透明度が重要となってくると知ったとあるので、海が透明にならないと取れないということかな?
このあたりの知識はまったくないけど、あわびは海女さんがとるイメージだから、潜るのに濁ってたら取れないでしょって話のような気もする。
ただ、一つだけ分かっていることは、アワビ解禁と聞いて、アワビがめっちゃ食べたくなってきたということだけ!!!!
年末に食べたアワビを思い出したw

子供グループ

そして、朝ドラ「おかえりモネ」99話のキーマンが子供グループ。
正確には子供たちを連れたグループとあるので、大人が子供たちを連れて来たのか、はたまた子供たちだけのグループなのか分かりませんが、子供ならではの理由で百音のところにやってきたということですよね。
なんのためにやってきたのか、これは予測できませんが、学校の遠足とか運動会で晴れになるか教えてほしいとかそんなところでしょうか?
安易すぎる予測ですが、多分外れていますw

朝ドラ「おかえりモネ」第99話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第99話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

プランB鮫島は、風が吹いたらプランBに切り替えました。

それからは、風に乗ってタイムがぐんぐん伸びていき、絶好調になりました その様子を見ていた内田は、「最後に必要なのは根性だ」と言っていた。そもそも人間力とは何かを調べてみると、「社会の中で生きていく力」「人間が持っている力」「総合的な力」とありました。

そこで、「人間力」を「根性」と解釈したのですが、これはいい意味での「根性」です。

その上で、自分はド根性だと思っていますw 信じていました!w そしてついに、鮫島さんは念願の強化選手に選ばれた。

本人は最初からプランBで行くつもりだったと言っていましたが、実際に桃音から感動を伝えられた時に喜んでいたのはどういうことでしょうか?結果が出れば嬉しいだけで、こじつけでも何でもいいと思っているんだろうけど、怒っていても全然嬉しそうじゃなかったよ。昨日から、「風が吹いている」という言葉を誰が書いたのかという噂がありました。今日、それがわかりました! みんなの予想通り、宇田川さんでした~!あの文字を見た瞬間、絶対に宇田川さんが書いたものだと思いました。(いつの間にかチーム鮫島のメンバーになっていた宇田川さんは、意外にも協力的な方でした。
3000円の気象予報士検定本。

3000円って結構な出費ですよね。

社会人になったばかりのモネにとっては大きな出費だが、お金をかけないと本気になれないよね。

また、レジ袋が無料の時代でしたが、もし有料だったら、彼女はレジ袋をカバンに入れていたかもしれませんね 今日は初めてのロングバージョンだと思いますが、いかがですか?オープニングのロングバージョン!?まだ1番の歌詞も覚えていないのに、2番の歌詞が出てきて、ちょっと戸惑いました。

一般常識編の方がわかりやすいかなと思って買ったのですが、一般常識編ということは、もう1冊本があるということでした。

しかもその資格は、一般常識と書かれていて、一般常識ではない。

何を基準にしていいのかわからない。つまり、今までお金をもらわずに住み込みで働いていたということです。

これは、私が今までお金を受け取らずに住み込みで働いていたということです。そして、最初の給料をもらった日に、食費や家賃をいくら払えばいいのか?それはまず自分で決めるべきことだと思いますが、3万円というのはちょっとリアルすぎましたね。
私の場合は、3万円という金額を見ただけで、「ああ、そうか」と納得してしまいました。食中毒とかにはならないと思いますが、夏ですからね。紙袋とかに入っていたから、一部は傷んでいたかもしれないし、それだけが気になった。いやいや、そんなことはないですよ。

民宿といえば、朝ドラの「ちゅらさん」ですよね。

おかえりモネ」の次の「カムカムエブリデイ」は沖縄らしいので、また再放送で見られるかも?もうひとつ回収されたのは、組手の什器ですね。

なぜ持ち帰ったのかと思ったら、祭壇になっていた。

あれがなかったら、何か棚のようなものを作ろうと思ったのだろうか。おじいちゃんは「貸してくれ」と言いながら、ノコギリで切っていました。

初盆で、モモンちゃんたちがおばあちゃんを迎える準備をしています。

何か呪文のようなものを唱えていたが、それは地方の儀式である。

迎え火を焚くのはよくあることですが、地元の人ではない人を迎えるときに、ああいう歌が歌われるのはちょっと新鮮ですね。
朝ドラ「お帰りなさいませモネ」はどのように始まるのかと思いきや、ヒロインのモネが生まれた日の話から始まった。

母親が誕生に気づいたのはいいのですが、なんとその日は台風が来ていて、本土に連れて行くことができなかったのです! そこで、彼女は友人の船乗りに頼んで本土に連れてきてもらったのですが、台風が来ることがわかっていたのに、その前に本土に行く必要性を感じなかったのかと、少し疑問に思いました。

彼の話を聞いていると、島では子供を産めないように思えたが、そんなことは最初からわかっていたことではないか。しかし、それは最初からわかっていたことではないだろうか。また、本土の病院に行くなど、事前に対策を講じることもできたはずだ。

もうすぐ産まれることはわかっていたし、台風が来ることもわかっていたし、島で産むことができないこともわかっていた。

台風が来る前に、せめて本土に行って赤ちゃんの世話をするのが普通だと思っていたのですが、そうではなかったようですね?コトー先生と菅波浩太郎先生の初登場シーン。

なんだか小東先生のクリニックに似ていましたね。

今日一番驚いたのは、亡くなった祖母が牡蠣に生まれ変わったこと。

死んで牡蠣に生まれ変わるなんて、どんな罰ゲームなんだ?食べられてもまた牡蠣に生まれ変わるわけではないでしょう?

 

 

 

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第20週目第99話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第20週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第20週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第20週目のネタバレあらすじ

99話放送のおかえりモネ第20週「気象予報士に何ができる?」のあらすじは、気仙沼に戻った百音がFMラジオを始めるストーリーとなっています

第20週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第20週「気象予報士に何ができる?」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。