おかえりモネ第22話のネタバレあらすじ!新商品開発

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」5週目第22話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

おかえりモネの第21話「BRT」では、BRTに乗ると、偶然菅波が乗り合わせていて、気象予報士の資格に興味を持っていることを話すストーリーでした。

おかえりモネの第22話「新商品開発」では、百音がなかなか売れない広葉樹を使った新商品開発を担当することになるストーリーです。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年6月15日(火)放送
第5週サブタイトル『勉強はじめました』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第22話のネタバレあらすじ

ここからは、6月15日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第22話のあらすじをまとめたネタバレです。

森林組合に着いた百音と菅波が話をしていると、菅波の先輩医師・中村が施設の中からでてきた。
中村が苦手な様子の菅波光太朗(坂口健太郎)
永浦百音(清原果耶)が、実家から持ってきた牡蠣を一緒に食べませんか?と誘うと、菅波があからさまにいやそうな顔をする。
皆を呼んで牡蠣を振舞う百音。
皆がおいしいと喜んでくれる表情をみて、百音もうれしくなった。
そんな中、川久保博史(でんでん)が愚痴をこぼし始める。
話を聞くと、木が安く買い叩かれてしまい、あまり売れなかったようだ。
川久保は、水も空気もただじゃないんだと憤る。
すると、新田サヤカ(夏木マリ)が牡蠣の値段を百音に聞く。
百音が1個300円だというと、それを聞いてため息をこぼす川久保。
しかし、サヤカはそれだけ百音の祖父・永浦龍己(藤竜也)ががんばった証だといい、自分達もがんばらなければいけないと鼓舞する。
そこで、サヤカは百音を新商品開発の担当者に抜擢した。
その任務とは、なかなか売れない広葉樹の新しい使い道についてだ。
新商品開発を任せられた百音は気合を入れて「はい」と答えた。
一方中村信弘(平山祐介)は、菅波に訪問診療を始めたいと持ち掛けていた。
なかなか足を運べない人もいると話していると、菅波は途中で話を遮り、自分はやらないと断った。
その様子を影からみていた百音。
翌日、佐々木翔洋(浜野謙太)が朗報だといって事務所に入ってきた。
話を聞くと。以前林間学校で森林組合にやってきた小学校から連絡が入り、組手什で本棚を作りたいという依頼だったのだ。
百音たちは、早速小学校へ向かい納品を済ませる。
その帰り、たまたま教室を眺めていると、壊れた机を多目的室に運ぶ子どもの姿を見つける。
それを見て、あることを思いつく百音だった。

ここまでが、6月15日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第22話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第23話のあらすじを知りたい方は、第23話『学童机』へ読み進めてください。

朝ドラ「おかえりモネ」第22話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第22話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

中村先生

昨日に引き続き中村先生登場!
なかなかおもしろい展開になってきたかと思ったけど、まったく中村キャラに触れられなかったですねw
見た感じ菅波とは間逆の日焼けキャラだし、面白い展開を期待していたんだけど、逆に訪問診療をあっけなく断られる菅波のほうが空気読まないキャラで引き立っていました。
治す治療をやりたいっていってましたが、過去に何かあった感じですよね。
誰かを亡くしたのか、そういった出来事が身近にあったのか。
中村先生のキャラは嫌いじゃないので、どんどん話に入れて欲しいです!
ただ濃くてウザキャラになるのだけは勘弁w

3年ものの牡蠣

サヤカが牡蠣の値段聞いたときに3年ものっていってたけど、つまりは震災があってからできた牡蠣ってことですよね。
「○年もの」ときけば、いい味だしてるんだろうなって受け止められるけど、震災から三年というのがくっつくと色々と考えさせられるシーンでした。
それと牡蠣の値段の前に怒っていた川久保さん。
木一本が1300円って安すぎない!?
それなら直接買いますよ!
製材しないといけないから結局高くつくんだろうけど、古い人ばかりで文句たらたらなのかあんまり印象よくなかったです。
この前も朝ドラ「おかえりモネ」の何話かで感想書きましたが、何かやろうとすると必ず抵抗勢力がいるのが世の常。
事務員の人もいってたけど、新しいこと考えるのが苦手ってその一言で終わらせている森林組合が悪いとしか個人的には思えない。
何か新しいことをやってそれでもだめだった!なら分かるけど、何もしないで苦手という一言で片付けられると結局そういうことでしょって思っちゃうよね。
以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第5週目第22話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第5週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第5週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第5週目のネタバレあらすじ

22話放送のおかえりモネ第5週「勉強はじめました」のあらすじは、地元の広葉樹を利用して学童机を作れないか百音が提案し、皆に助けられながら完成させるストーリーとなっています

第5週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第5週「勉強はじめました」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。