おかえりモネ第24話のネタバレあらすじ!納期

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」5週目第24話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

おかえりモネの第23話「学童机」では、小学校でヒントを得て百音が広葉樹で学童机を作ったらどうかと提案するストーリーでした。

おかえりモネの第24話「納期」では、広葉樹で学童机を作ることになったが、教育委員会が設定する納期に間に合わないことが判明するストーリーです。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年6月17日(木)放送
第5週サブタイトル『勉強はじめました』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第24話のネタバレあらすじ

ここからは、6月17日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第24話のあらすじをまとめたネタバレです。

菅波に気象についての勉強を教えてもらうようになった永浦百音(清原果耶)
今日は蒸発と沸騰の違いに悩むが、菅波の分かりやすい説明で、少しずつ理解していった。
一方、森林組合では小学校の学習机の試作品作りにとりかかっていた。
木材を伐採し、乾燥室で十分木に含まれている水分を飛ばし、丁寧に作り上げる。
その工程の中で、百音は1つ1つ学んでいく。
こうして、学習机が完成するが、それを見に来た木職人のクマさんが重いのではないか?と疑問を口にする。
百音が学習机を持つと確かに重く、これでは使い物にならない。
それから何度も改良を加え、ついに納得がいくものが完成した。
そして、それを持って、役所に向かった百音たち。
職員たちの反応は上々だったのだが、納期は半年後だと聞かされ、どうがんばっても納期に間に合わず、事務所に戻ってきた。
そのことを新田サヤカ(夏木マリ)に伝えると、川久保博史(でんでん)が愚痴をいって出て行ってしまう。
その日も、いつものように菅波の勉強会が開催された。
百音の落ち込んでいる様子を見ると、落ち込んでいる時は、何か新しい知識を身につけるようにしていると口にした。
そして、中学校の理科の教科書をプレゼントする。
なぜ?と理解できない百音だったが、それが誕生日プレゼントだと聞かされた。
以前百音は菅波に、大型台風のきた満月の日に生まれたと話したことがあって、それがいつだったのか知識から導きだしていたのだ。
それを聞いて百音はうれしそうな表情を浮かべる。
翌朝、百音は菅波光太朗(坂口健太郎)からプレゼントされた本を読み、蒸発は主に太陽エネルギーによっておこることを知る。
そして、何かを思いつき、急いでサヤカの元へ向かった。

ここまでが、6月17日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第24話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第25話のあらすじを知りたい方は、第25話『画期的な方法』へ読み進めてください。

朝ドラ「おかえりモネ」第24話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第24話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

次回

さっそく次回きたーーーー!
次回早くない!?
個人的には、次回っていったけど、いっこうに次回が開催されずにモネがやきもきする姿を所望していたのに、あっけなく次回開催されて拍子抜けしましたw
しかも、ホワイトボードまで用意してるし、本格的じゃないですか!
ただ、話の内容は義務教育レベルですよね。
あれぐらい分からないと、高校受験失敗しててもしょうがないと思える、、、
しかし、菅沼さんもよいしょがうまい
「天才です」って、ちょっと褒めすぎなんじゃない?
それくらいなら私を褒めて欲しいw

自然相手

大きな乾燥室がでてきて火葬場の釜と思ったのは私だけ?w
水分取らないと割れるというのは初耳。
木材の乾燥 10日から2週間かかるのも大変な作業ですね~
自然乾燥はなかなか難しいみたいだし、天気の具合で変わったりするのかな?
林業に限らず農家も自然相手な業種は大変だとしみじみ感じました。

重いだろ

ついに試作品つくりが始まりました。
あっという間に完成しましたね~
皆で喜んでいるところにクマさんの「重いんでねえか?」
それ私すら思いましたよ?
みた瞬間、あれ子供たち運べるのかなって思ったら案の定というやつです。
作ることに一生懸命でエンドユーザーのこと考えていませんでしたね~
何事もエンドユーザーのこと考えて商品開発するのが常識ですw

納期

役所にもっていって、喜ぶ職員さんたち。
そして、告げられた納期のお話。
あれって入札前に、事前に分かっていることじゃないの?
もしもあそこで納期の話聞かされずに落札したらどうなっていたんでしょう。
ちょっとこの森林組合の人たち天然すぎやしないかいw
誕生日プレゼント
まさかのサプライズきたーーーー
知識があれば誕生日も分かる!!!
さすがです。
あんなんされたら、キュンキュンしちゃいますよねw

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第5週目第24話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第5週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第5週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第5週目のネタバレあらすじ

24話放送のおかえりモネ第5週「勉強はじめました」のあらすじは、地元の広葉樹を利用して学童机を作れないか百音が提案し、皆に助けられながら完成させるストーリーとなっています

第5週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第5週「勉強はじめました」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。