カムカムエヴリバディ第102話のネタバレあらすじ!視察

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」21週目第102話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第101話「胸騒ぎ」では、すみれの離婚を知り、ひなたが胸騒ぎを覚えるストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第102話「視察」では、ハリウッドの映画製作チームが視察のために来日するストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年3月25日(金)放送
第21週サブタイトル『1994−2001』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第102話のネタバレあらすじ

ここからは、3月25日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第102話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

ハリウッドの映画製作チームが日本に来日した日。
大月ひなた(川栄李奈)は、英語で映画村の案内をするという大役を任される。
緊張しながらも、その大役を果たしたひなたは、キャスティングディレクターで日系人のサニー・ヒラカワが気になっていた。
無事、大役を終え片づけをしていると、榊原誠(平埜生成)から、日本人俳優の大規模なオーディションが行われると聞かされ、ふと五十嵐のことを思い出すひなた。
家に帰ると、押し入れの中からかつて五十嵐文四郎(本郷奏多)から買ってもらった風鈴を取り出し、もう少し待っていればスターになれたかもしれないのにと口にした。
その翌日、たまたま映画村でアニー・ヒラカワを見かけて、声をかけたひなた。
どうしてそんなに英語が話せるのかと聞かれたひなたは、毎朝、英語のラジオ放送を聴いていると答えた。
そして、アニーとの別れ際、再び日本に来ることを約束し、英語を続けてほしいとお願いされる。
それから2年後。
ついに、ハリウッド映画のオーディションが行われる日がやってきた。
オーディションの準備のため会場の準備のため道場にいくと、そこで五十嵐と再会を果たす。

 

 

ここまでが、3月25日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第102話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第103話のあらすじを知りたい方は、第103話『10年ぶり』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第102話の予告感想

ハリウッド映画製作チーム来日!

カムカム英語のラジオを親子で始めたるいとひなた。
アメリカで本領発揮するのかと思いきや、日本でチャンス到来!
ハリウッドの映画製作チームが視察のために来日しましたが、英語で映画村を案内するという大役を任されたひなたさん。
まさに、これまで培った英語力を活かすときが来ました!
これまで2度挫折してきた英語ですが、ラジオでどれだけ話せるようになったのかめっちゃ気になるところです!

五十嵐の再登場ある!?

そして、もう一つ気になることといえば五十嵐の再登場あるのか!?ということです。
ハリウッドの映画では、日本人俳優の大規模オーディションが行われることが判明しました。
そして、オーディションと聞き、頭をよぎったのが俳優を辞めて故郷に戻った五十嵐のこと。
まさか、故郷に戻っても俳優続けていたとかそういう展開ないですよね?
ただ、故郷に戻ったもののやっぱり諦めきれずに舞い戻ってきた展開はあるかもしれません。
どちらにしても五十嵐の事が頭によぎったということ、五十嵐の再登場がある可能性が産まれたということです。
よぎって終わりの可能性もなきにしもあらずですが、元サヤに戻ればうまくまとまることはいうまでもありませんw

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第102話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第102話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

アニー・ヒラカワ

アニーさんの名前がアニー・ヒラカワと分かりましたが、やっぱり森山良子さんでした!
誰かに似てるな~とは思っていたのですが、平川ってまさかさだまさしさんの身内じゃないですよね?
でもわざわざ平川つながりしてきたということは、あり得なくはないです。
なんせ、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」は、色々な伏線をきれいにつなげてきた経緯があります。
アニー・ヒラカワもまた、何かしら関係しているお話になるのではないかと思っています!

成功者!?

そして、最後に登場したのが五十嵐!!!
オーディションにでるのか、それとも違う理由ででるのかと思っていたのですが、まさかのオーディションの監督!?
あのスーツ姿ってまさに成功者の姿ですよね。
親父さんそういえば社長でしたけど、何の会社でしたっけ?
映画つながりだったら、また見事につなげてきたなーと感心しますが、これで一つ腑に落ちたことが一つ。
ネタバレになっちゃいますが、明日から伴虚無蔵を推薦するお話があります。
誰が推薦?って思っていたんですが、もしかしたら五十嵐が伴虚無蔵に出てほしいとお願いするかもしれませんね~
これはこれで楽しみな展開です!

 

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第21週目第102話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第21週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第21週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第21週目のネタバレあらすじ

102話放送のカムカムエヴリバディ第21週「1994−2001」のあらすじは、るいが母・安子と向き合うことを決心するストーリーとなっています

第21週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第21週「1994−2001」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。