カムカムエヴリバディ第104話のネタバレあらすじ!正直な気持ち

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」22週目第104話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第103話「10年ぶり」では、10年ぶりに五十嵐と再会するストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第104話「正直な気持ち」では、アニーに自分の正直な気持ちを打ち明けるストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年3月29日(火)放送
第22週サブタイトル『2001−2003』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第104話のネタバレあらすじ

ここからは、3月29日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第104話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

2日間行われたハリウッド映画のオーディションは無事終わった。
スタッフたちを見送るひなたに、アニー・ヒラカワが声をかけた。
少し雑談したあとに、アニーはひなたにこの2日間上の空だったがどうしたのか?と尋ねる。
大月ひなた(川栄李奈)は、かつての恋人と10年ぶりに再会したことをアニーに打ち明けた。
するとアニーは、自分の人生だから後悔のない道を選びなさいと助言する。
ひなたは、母・るいにも話すことができなかったことをなぜアニーにいえたのか不思議に感じていた。
そして、会場の掃除をしているとそこへ五十嵐文四郎(本郷奏多)がやってきた。
五十嵐は流暢に英語をしゃべるひなたに驚いたと言い、ひなたもまたアメリカに行ったことに驚いたと返す。
そして、二人は映画村で過ごした日々を思い出し、ひなたがあの頃に戻りたい?と聞くと、そうだなと答えた。
翌朝、ひなたが準備のため、稽古場へいくと、すでに伴虚無蔵(松重豊)が来ていた。
すると、さらにそこへアニーがやってきて、伴虚無蔵に声をかける。
アニーはオファーの手紙を送ったことを話すが、伴虚無蔵は西洋映画に興味なしと一蹴。
どうしてチャンスを活かさないのかとひなたが詰め寄るが、くどいの一言でその場を去ろうとした。
すると入口で、五十嵐が立ちはだかった。

 

ここまでが、3月29日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第104話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第105話のあらすじを知りたい方は、第105話『メインキャラクター』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第104話の予告感想

オーディション最終日

10年ぶりに五十嵐と再会したひなた。
再会したことをるいに話すことができなかったとあるけど、気持ち的にはもう終わった関係なのかしら?
久しぶりの再会でちょっとは喜ぶのかもと思ったけど、一人悶々としているところを見ると両手で喜んでいないご様子。
それよりもオーディション最終日ってもしかして五十嵐オーディション受けるためにやってきたんじゃないのかもしれません。
オーディション受けるために来た!というなら、予告でも少しは触れそうなものですが、書き方からするとどうやらオーディションがメインじゃないような気がするんですよね。

新たな登場人物!

そして、ここにきて新たな登場人物が!
それはキャスティングディレクターのアニー。
キャスティングディレクターってことは、ハリウッド映画の製作チームの一人ってこと?
そんな人とひなたが仲良くなっていたのかというより、ここから安子と繋がっていくのかな?
もうあと10話切ってますので、そろそろ繋げていかないと後半がバタバタしそうですが、アニーの登場がどこに繋がっていくのか乞うご期待です!

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第104話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第104話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

うわの空

無事オーディションが終わりましたが、最後にアニーからどうした?と声をかけられたひなた。
なんで?と聞くと、うわの空じゃったからと見抜かれ候。
そして、なぜかるいにも話せなかった、元カレと10年ぶりに再会したことをアニーに話し、なんでアニーに話せたんだろうと不思議がる。
これ完全に安子確定でいいですよね?
なんで話せたのか?それは血のつながりがあったからとシンプルに分かりやすい構図でいいじゃないですかw
来週の今日ですらまだ安子と確定していないので、本当に最後の最後で分かる感じのようですね~
本当に待ち遠しい!

アニーが待っていた男

そして、そんなアニーが電話に出ない男にイライラしていましたが、その男が誰なのか判明!
それは、我らが伴虚無蔵!
伴虚無蔵に手紙も送っていたということですが、日本語で書いていたんでしょうか?
返事もしたっぽいこといってましたが、西洋映画に興味なし!!って書いたのかな?w
なぜ、アニーが虚無蔵押しなのか理由は分かりませんが、過去に虚無蔵がらみありましたっけ?
たしか映画見に行ったのるいとジョーでしたよね。
あれ?でも算太とモモケンが出会ったのはもっと前だから安子時代に映画上映ありましたっけ?
まったく思い出せない、、、

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第22週目第104話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第22週目のネタバレあらすじ

104話放送のカムカムエヴリバディ第22週「2001−2003」のあらすじは、俳優の道を諦めた五十嵐がオーディションにやってきて、ひなたと再会するストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第21週「2001−2003」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。