カムカムエヴリバディ第18話のネタバレあらすじ!終戦

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」4週目第18話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第17話「空襲」では、戦況が悪化し、岡山でも空襲が始まるストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第18話「終戦」では、ひさと小しずを亡くし、8月15日に終戦するストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2021年11月24日(水)放送
第4週サブタイトル『1943−1945』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第18話のネタバレあらすじ

ここからは、11月24日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第18話のあらすじをまとめたネタバレです。

和菓子屋「たちばな」は焼けてしまい、かろうじて焼け残った雉真家で、居候させてもらえることになった橘金太(甲本雅裕)
雉真安子(上白石萌音)が世話をするが、小しずと母・ひさを失った悲しみから大きな傷を負い、立ち直れないでいた。
8月15日。
ラジオから天皇陛下のお言葉として玉音放送が流れる。
放送を聴いていた美都里がどういうことかというと、雉真千吉(段田安則)が戦争が終わったことを伝える。
戦争に負けたものの、安子は神社へと向かい、手を合わせて稔の無事を祈り続けていた。
ある日、食材を買いに外まで買い出しに行くと小豆を見つけて買って帰る。
金太のもとへいき、一緒におはぎを作ってお供えしようというがまったく反応しなかった。
安子は、仕方なく、一人であんこ作りを始める。
金太が作っていたのを思い出しながら作ってみるが、最後の仕上げがうまくいかず、何度も失敗する。
一度、味見をしてほしいとおはぎを食べさせようとするが、それを振り払って拒否する。
安子はたまらなくなり部屋を出て行くと、金太がしばらくして、そのおはぎのあんこを一口食べる。
落ち着いた安子は再び金太の部屋を訪れるが、金太の姿がなかった。
慌てて外に飛び出し、以前、和菓子屋「たちばな」があった場所へ向かうと、そこで金太を発見する。
金太は必死にがれきの中からある物を探していた。
それは、配給でわけてもらった砂糖を少しずつためておいた缶だったのだ。
そして、あんなまずいあんこを供えられたら、小しずたちも成仏ができないと笑顔をみせ、立ち直ったのだ。

 

ここまでが、11月24日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第18話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第19話のあらすじを知りたい方は、第19話『意欲を取り戻す』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第18話の予告感想

まさかの二人

空襲で誰かが亡くなるかもしれないと思っていたけど、父親だけが生き残るパターンは正直考えてもいませんでした。
むしろ、金太だけ亡くなって女だけで生きるという流れのほうが、朝ドラでは結構定番な感じだったので、その逆になるとは!
おそらく、あんこ作りがポイントだったような気がしますね。
安子があんこの味を受け継ぐ形になりそうですが、あんこはまさに稔との出会いのきっかけ!
もしかしたら安子と稔の子供「るい」の名前にも関係しているのかもしれません。

金太立ち直れるか?

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」18話では金太に描写がほとんどなく、どういう心境かまったく分かりませんが、最後の「金太にあんこの作り方を教えて欲しいと声をかけますが」ってところで、おそらく拒否されるのでしょう。
拒否されるということは、そこまでの気力がないのか、絶望してどうでもいい感じになっているのかどちらかなと思います。
実母や最愛の妻を亡くした心境はいかほどかというところですが、あの金太は結構小しずにべた惚れだったので、ショックは立ち直れないぐらい、かなり大きいものだと感じました。

帰ってくるか?

そして、8月15日。
ラジオからは玉音放送が流れて、日本がとうとう負け、終戦を迎えました。
あの玉音放送で戦争に負けたと理解した人がどれぐらいいるのか、いつも話題に上がる話ですが、正直理解できていなかったんじゃないかと思います。
いつも流れる場所は同じで、前後の話を一切流さないので、どこかで「負けを認める」とか言えば、「あ~そうか」となりますが、全文みたことがないのでなんとも。
そして、終戦を迎え、果たして皆無事帰ってこれるのかが、今度のチェックポイントです。

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第18話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第18話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

空襲の傷跡

ひさと小しずを亡くした橘家。
雉真家は家屋がかろうじて焼け残ったようですが、無傷というわけにはやはりいかなかったようですね。
両家の距離感がよく分かりませんが、安子は自転車で届けいに行っていたし、里帰りした時も歩きだったので、そう遠くはない場所にあるのだと思います。
金太は、精神的にやられちゃってるし、どう立ち直るかがポイントですね。

玉音放送

そして、いつものお約束の玉音放送。
これでやっと戦争が終わりました。
いつ聴いてもこれで終戦って分かった人どれぐらいいたんだろう?って疑問に思うけど、このシーンを見るたびに、正直ホッとするんですよね。
神社も残ってたようで、あとは稔が無事帰ってくることを祈るばかりですが、、、

天気予報復活

戦争が終わり、日常生活?というべきか、色々なものが戻ってきましたね。
そのひとつが、天気予報。
天気予報が復活したということは、英語講座も復活する日もそう遠くないと思います!!!
なんせ、カムカムエヴリバディですしね~
予告では、さだまさしさんが来週登場なので、今か今かと待ちわびていますw

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第4週目第18話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第4週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第4週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第4週目のネタバレあらすじ

18話放送のカムカムエヴリバディ第4週「1943−1945」のあらすじは、戦争が終わり、安子は、父・金太から和菓子作りを学び、生計を立てようとするストーリーとなっています

第4週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第4週「1943−1945」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。