カムカムエヴリバディ第4週のネタバレあらすじ!1943−1945

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第4週(16話~20話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第3週「1942−1943」では、雉真稔が大東亜銀行の頭取の娘と結婚させられそうになるが、安子と結ばれるストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第4週「1943−1945」では、戦争が終わり、安子は、父・金太から和菓子作りを学び、生計を立てようとするストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2021年11月22日(月)~11月26日(金)放送
第4週サブタイトル『1943−1945』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第4週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第4週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第4週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

 

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第4週『1943−1945』一覧
放送回放送日
第16話「女の子を出産」11月22日(月)
第17話「空襲」11月23日(火)
第18話「終戦」11月24日(水)
第19話「意欲を取り戻す」11月25日(木)
第20話「1人の復員兵」11月26日(金)

雉真稔(松村北斗)が出征して二カ月後のこと。
雉真安子(上白石萌音)は稔の子を授かる。
徴兵年齢がさらに引き下げられて、雉真勇(村上虹郎)も出征することが決まった。
時が経ち、安子は元気な女の子を出産し、子供の名前は、出征前に稔が決めていた「るい」と名付けた。

日に日に戦争が激しくなり、ある夜、ラジオ放送では、B29による爆撃が東京、大阪と市街地までやってきていることを伝えた。
そして、数日後の夜、ついに岡山でも空襲が始まった。
夜中に焼夷弾が降る中、安子はるいをかかえ、必死に走り、防空壕の中に避難した。
翌朝、安子が、橘家のみんなを探しに行くが、ひさと小しずが犠牲になったことをしる。

金太は、助かったものの二人を失ったことで、気力がなくなっていた。

家もやけてしまい、焼けてしまい、かろうじて焼け残った雉真家で、居候させてもらえることになった橘金太(甲本雅裕)
8月15日。
ラジオから天皇陛下のお言葉として玉音放送が流れ、戦争が終わった。

ある日、安子が金太に、一緒におはぎを作ってお供えしようというがまったく反応しなかった。
安子は、仕方なく、一人であんこ作りを始めるうまくいかず、金太に味見をお願いする。
しかし、金太がそれを拒否し、安子はたまらなくなり部屋を出て行く。

金太はしばらくして、そのおはぎのあんこを一口食べる。
落ち着いた安子は再び金太の部屋を訪れるが、金太の姿がなかった。
慌てて外に飛び出し、以前、和菓子屋「たちばな」があった場所へ向かうと、そこで金太を発見する。
金太は必死にがれきの中からある物を探していた。
それは、配給でわけてもらった砂糖を少しずつためておいた缶だったのだ。
そして、あんなまずいあんこを供えられたら、小しずたちも成仏ができないと笑顔をみせ、立ち直ったのだ。

それから金太は、苦しいときこと菓子が必要だったと話し、「たちばな」の再建に乗り出す。
金太は、和菓子屋「たちばな」があった場所に雨風をしのげるほったて小屋を作り、そこに移り住んだ。

安子は金太にあんこ作りを教わりながら、二人で、外で売る。
すると、一人の少年がお金も払わずに、おはぎを食べてしまった。
金太が金を払うよう少年にいうが、その少年は金はないという。
それを聞いた金太は、おはぎが入った箱を一箱渡し、これを打って、売上の一部を私に来いと伝えた。
その少年が算太に似ていて、もしも少年が金を持って帰ってきたら、算太も帰って来るんじゃないかと思っていたのだ。
その夜、その少年の声が聞こえ、戸を開けると、なんと、そこには橘算太(濱田岳)が立っていた。
金太は、よく帰ってきたと涙を流す。
そして、家族を失ったことを伝えると、算太は戦争だったからしょうがないと答えた。
すると急にラジオから声が聞こえ、家族で囲んで楽しく聞いていた姿を思い出す。
金太は笑顔になるが、すべてが幻。
金太が亡くなったと安子が知ったのは、翌朝のことだった。

終戦から3カ月後の朝。
安子がいつものように玄関で掃除をしていると、雉真勇(村上虹郎)が現れる。
勇は小笠原にいたと話し、家族は皆勇の無事を喜んだ。
それから数日後。
勇がバットで素振りをしていると1通の知らせが届く。
中を確認した勇はすぐに皆に知らせる。
その手紙は稔の戦死を知らせる手紙だったのだ。
安子は放心状態になり、神社まで走りだす。
神社につくと、意地悪しないで帰ってきてと泣き崩れた。

ここまでが、11月22日~11月26日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第4週のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第5週のあらすじを知りたい方は、第5週『1946−1948』へ読み進めてください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第4週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第4週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

辞書

一度は稔に返した英魚の辞書が再び安子のもとへ!!!
この辞書が安子からるいへ、るいからひなたへ受け継がれていくのかな~
なんだろうな、めちゃくちゃフラグが立っているようなシチュエーション。
「きっと」「必ず」「どうか」「無事で」
出征前のお決まりシーンではありますが、フラグをビンビン感じて、SNS上でもフラグがトレンドに、、、
「ひなたの道を歩いてほしい」の「ひなた」って孫・ひなたの名前だけど、何かしらつながるのかもちょっと気になるところですよね。

ご懐妊

そして、稔は出征しましたが、それからすぐに安子が稔の子を身ごもっていることが判明!!
あっという間のご懐妊となりましたが、当の本人はまだ子供を授かったことを知らず。
今週頭にして、この展開の早さ。
ある意味、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の名物となっている展開の早さですが、ご懐妊が判明からすでにお腹が大きくなってるしw
明日にはもう産まれそうだな~と思ってたら、今日生まれるし!!
名前の由来も判明し、とりあえずおめでとうと伝えたいですw

義姉さん

そして、もう一つの変化が勇と安子の関係。
勇は「あんこ」から改めて「義姉さん」って呼んでるし、どういう心境なんだろうか。
一応、同級生で幼馴染でしょ?
そこまで、形式通りにしないといけないものなのかちょっと疑問を感じるシーンでした。
まぁ~たしかに「あんこ」は一応兄嫁にあたるので、ちょっと言いづらいのかもしれませんが、私が安子本人ならまったく気にしない派ですw

きぬちゃん退場!

実家の帰りにばったりきぬちゃんと遭遇。
疎開するということなので、これできぬちゃん退場になるのか~とちょっと寂しい気持ちに。
きぬちゃんは二人のキューピットだし、ナイスキャラだっただけに、名残惜しいです!
ただ、疎開先が広島でないことだけは祈ります。

ケチ兵衛!

ついに息子にまでケチ兵衛言われる吉兵衛さん。
もう闇市の下準備するところは、商売の才があること間違いなしなんだけど、人の心を持たなすぎ、、、
吉右衛門くんにあそこまで言わせちゃおしまいよ~
そんな、吉兵衛も最後は息子をかばって亡くなってしまいました。
あんなあっけなく亡くなるパターンある?
しかもお母さんとはぐれてもしかして吉右衛門は戦争孤児になるんだろうか。
一人の男の子で思い出したのは、戦争が終わった後の予告で、盗もうとした男の子。
金太が託した男の子って吉右衛門のことじゃないよね?

小しずとひさ死す

そして、犠牲になったのは、吉兵衛だけじゃなくて小しずとひさも亡くなってしまいました。
描写がなかっただけに想像の中で二人を亡くしましたが、防空壕までやられたとなると、もう末期ですね。
早く、戦争が終わることを祈るばかりです。

空襲の傷跡

ひさと小しずを亡くした橘家。
雉真家は家屋がかろうじて焼け残ったようですが、無傷というわけにはやはりいかなかったようですね。
両家の距離感がよく分かりませんが、安子は自転車で届けいに行っていたし、里帰りした時も歩きだったので、そう遠くはない場所にあるのだと思います。
金太は、精神的にやられちゃってるし、どう立ち直るかがポイントですね。

玉音放送

そして、いつものお約束の玉音放送。
これでやっと戦争が終わりました。
いつ聴いてもこれで終戦って分かった人どれぐらいいたんだろう?って疑問に思うけど、このシーンを見るたびに、正直ホッとするんですよね。
神社も残ってたようで、あとは稔が無事帰ってくることを祈るばかりですが、、、

天気予報復活

戦争が終わり、日常生活?というべきか、色々なものが戻ってきましたね。
そのひとつが、天気予報。
天気予報が復活したということは、英語講座も復活する日もそう遠くないと思います!!!
なんせ、カムカムエヴリバディですしね~
予告では、さだまさしさんが来週登場なので、今か今かと待ちわびていますw

砂糖

砂糖が無事残っていましたが、えらいキレイに残っていたもんですね~
砂糖を見たときに金太の目には、生きる力が蘇ったようなに感じました。
金太復活で、「おいしゅうなれ、おいしゅうなれ!」
美都里たちが食べていましたが、「おはぎゅう」じゃなくて普通に「おはぎ」って言ってましたねw
とりあえず金太がパッパっと立ち直って良かったです!

算太!!!!

アバンからほっこり時間を過ごしましたが、キャスト情報が流れて目が点!!!
まさかの算太出演に、お兄ちゃん復員!?
予告では明日一人復員兵がやってくることになっていたけど、まさかその復員兵・算太のことだったのか?
予告ってその回に流れないことがたまにあるんですよね。
私は、勇と予想していたんですが、算太のことだったら、あの二人の安否はまだ分からずってことか、、、
とか、色々巡らせていた結果が、まぼろし~~~~~~
あんな形で登場ですか!?
金太が亡くなったのは、病気とかじゃなくて凍死ってことなのかな?
そのあたりがまったく情報ないので、明日説明があるかもしれませんが、ちょっと悲しいのを通り過ぎて、そういう手法なのねってちょっとそっちに意識が飛んでいましたw

心臓病!?

金太の死因というか、なぜ無くなったのかが冒頭で回収されましたね。
てっきり寒い話をしていたので、寒さによる凍死なのかと思ったら、心臓が悪かったようだって。
戦争中、病院にかかりつけて見てもらった様子もなく、亡くなってからそういうことが分かるのかちょっと不思議。
そういう人が多かったらしいという話はしていましたが、それが本当に金太に当てはまるのか、分からないですよね~
でも最後は、やっぱり幻でも息子にあえて亡くなったので、幸せだったと思います。
それを聞いて安子も安心した様子でしたし。

勇帰還!

やっぱり予想通りに帰還したのは、勇でした!
勇はやっぱり帰ってきましたね~
相変わらず、「るい」のことを野球の「塁」と思っているようで、安子は苦笑いしていましたが、るい可愛かったですね~

稔戦死!

そして、ここ一週間ずっと稔が戦死したのかどうか予告感想でずっと言い続けて今いたが、ここで戦死の報告が!!!!
ここで確定きたか~と思っていたんですが、放送終了後に、博多華丸がナレーションで知っていたとかいってて、それがびっくり!
え?そんなシーンありました?
私完全に見落としていましたw
ナレーションでってことは「これが最後となった」とか、確定ナレだったようですが、私のこの1週間の予想どうしてくれるんですかw
でも、知らずにドキドキしながら見ていたのはちょっとよかったと、思うことにします!
これで稔の戦死確定で、るいの養子の話もつながったので、来週は来週でいろいろストーリーが進みそうです。

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第4週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。