カムカムエヴリバディ第64話のネタバレあらすじ!宿題

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」14週目第64話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第63話「るいが出産」では、るいが女の子を出産するストーリーの予定です。

カムカムエヴリバディの第64話「宿題」では、夏休みに遊んでばかりで、宿題を放っておいたひなたをるいが厳しく叱るストーリーの予定です。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年2月1日(火)放送
第14週サブタイトル『1965−1976』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第64話のネタバレあらすじ

ここからは、2月1日に放送される朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第64話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

夏休みに遊んでばかりいたひなた(新津ちせ)は、山積みの宿題に途方に暮れます。唯一頑張って毎日行っていたラジオ体操も、最終日は宿題に追われていけませんでした。宿題を手伝ってくれようとした錠一郎(オダギリジョー)にも文句を言う姿を見たるい(深津絵里)は、いうことを聞かずに宿題を放っておいたひなたを厳しく叱ります。そんな時に、クラスメイトの一恵と小夜子が訪ねてきて…

 

 

 

ここまでが、2月1日に放送される朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第64話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第65話のあらすじを知りたい方は、第65話『映画村』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第64話の予告感想</h2

夏休み

るいの子供時代とは違って、ひなたの子供時代はのほほんとした毎日のようですね。
夏休みあそびばかりしているひなた。
誕生してまだ2話までしか登場していない状況なのに、なぜだかどういう女の子か想像がついてしまうw
朝ドラ「ふたりっ子」の香子まではいかないにしても、結構なワンパク少女のような気がするな~
夏休み遊んでばっかで、山積みの宿題に途方に暮れるって、そうそういないよそんな子。
まず、麗子ではないことは確かw
結局、唯一頑張って行っていたラジオ体操も皆勤賞ならずに、最終日に宿題に追われるって相当やばい女の子だということは分かります!

るい子供に嫌われるパターン!?

そんなひなたに激ギレして厳しく叱るのが、るい。
こっちも結構想像つきますよね~
錠一郎の性格からして絶対怒らないだろうし、しかもひなたの宿題手伝おうとまでしてますもんね。
そんな錠一郎までもるいに怒られるって、こちらはどちらかといえば、るいが大きくなった麗子のよう。
まぁ、安子とるいにも確執が生まれ、るいとひなたにも同じように確執が生まれていくのかと思うとちょっと悲しくはなってきます。
ただ安子とるいの場合は、誤解だからそれはいずれ解かれることを願いますが、るいとひなたはどうも性格的に合いそうもないので、どうなるか今後見守るしかないw

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第64話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第64話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

チェーンソー 昨日、さやかもモネもノコギリを持ってジタバタしていたので、「このまま切ってしまわないかな?と心配していましたが、ノコギリを使って先に行ってしまいました!(笑 でも、昔の人はチェーンソーを持っていなかったから、ノコギリで切っていたんでしょうね。

また、昨日の最後の儀式的なシーンで、昔ながらの木の手入れの仕方を感じたので、いきなりチェーンソーで切られる瞬間を見て、現代の冷たさを少し感じました。撮影のために伐採された木ですが、その対価はいくらだったのでしょうね。

ドラマの内容はともかく、本当にこの木を50年寝かせて、能舞台の材料にしたら、本当に素晴らしいと思いました。

樹齢300年のヒノキを伐採したのは良かったのですが、問題が1つありました。

伐採するのは貯蔵してからではないのか?と思ったが、そんな心配は無用だった。

問題は一瞬にして解決した。モネはハザードマップで被害のない場所を見つけ、祠に目をつけた。

祠が実際に現場で使われるのかどうか。

と思ってしまうほどだ。

周りからのプレッシャーも大きかったと思いますが、50年という長い年月を経て、即決した倉ちゃんもすごいですよね やっぱり…保管場所は解決して、あとはモネの問題が残っている。

私は、この問題を解決することができました。私は、この問題を解決することができると確信しています。

明日、さやかに「東京に行く」と言うんだろうけど、考えただけで涙が出てくる。食中毒にはならないと思いますが、夏ですからね。紙袋とかに入っていたから、一部は傷んでいるかもしれないし、それだけが気になった。いやいや、そんなことはないですよ。

民宿といえば、朝ドラの「ちゅらさん」ですよね。

おかえりモネ」の次の「カムカムエブリデイ」は沖縄らしいので、また再放送で見られるかも?もうひとつ回収されたのは、組手の什器ですね。

なぜ持ち帰ったのかと思ったら、祭壇になっていた。

あれがなかったら、何か棚のようなものを作ろうと思ったのだろうか。おじいちゃんは「貸してくれ」と言いながら、ノコギリで切っていました。

初盆で、モモンちゃんたちがおばあちゃんを迎える準備をしています。

何か呪文のようなものを唱えていたが、それは地方の儀式である。

迎え火を焚くのはよくあることですが、地元の人ではない人を迎えるときに、ああいう歌が歌われるのはちょっと新鮮ですね。面白い展開になるかと思いきや、中村さんのキャラクターについては全く触れられていませんでした。彼は菅波とは正反対の日焼けキャラなので、面白い展開を期待していた。

彼は「治療をして癒されたい」と言っていましたが、過去に何かあったようですね。

誰かを亡くしたとか、過去にそういうことがあったのかな。

中村先生のキャラクターは嫌いではないので、どんどん登場させてほしいですね さやかが牡蠣の値段を聞いたとき、3年前のものだと言っていたので、震災後に作られたものだと思います。

“さやか “が牡蠣の値段を聞いたとき、「3年前のもの」と言っていた。

また、川久保さんは牡蠣の値段に怒っていた。

1本1,300円って安すぎませんか?だったら直接買いますよ!」と。製材しなければならないから高いのだろうが、文句ばかり言っているお年寄りにはあまり良い印象を受けなかった。

先日、朝ドラ「おかえりなさい、モネ」のいくつかのエピソードの感想を書きましたが、何かをしようとすると必ず抵抗があるのは世の常です。

店員の一人が「新しいことを考えるのが苦手」と言っていたが、個人的にはそれで終わらせてしまった森林組合の責任だと思う。

新しいことをやってみてダメだった、というのならわかるんですけどね。新しいことをやってみてダメだったというのならわかるが、何もせずに「苦手だ」と言っているだけでは、結局はそういうことになってしまうのではないだろうか。

長浦家では、「コージー家出学校」を始めることにした。

娘たちには組手から絵描きまで何でもやらせている。

何を言っているのか察しがつくと思いますが。

彼女を見るたびに思うのですが、彼女の恋が叶う可能性はかなり低いと思います。

いろいろな噂を聞いていますが、彼女はみーちゃんに本当の気持ちを伝えず、ただ「大丈夫」と言っています。

見ていて本当に辛いです…。サンドウィッチマン!?キャストの中に見覚えのある名前があると思ったら、案の定、いました!サンドウィッチマンです。漁師Aさんと漁師Bさん、せめて名前をつけてあげて~ 漁師Aさんと漁師Bさんは、りょうちんのためにマグロを獲りに行こうかという話をしていたのですが、モネは本当に盗み聞きをしていて

 

 

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第14週目第64話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第14週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第14週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第14週目のネタバレあらすじ

64話放送のカムカムエヴリバディ第14週「1965−1976」のあらすじは、0ストーリーとなっています

第14週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第14週「1965−1976」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。