カムカムエヴリバディ第14週のネタバレあらすじ!1965−1976

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第14週(66話~70話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第13週「1964−1965」では、京都に移り住み、るいと錠一郎が一緒に回転焼き屋を始めるストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第14週「1965−1976」では、ストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年1月31日(月)~2月4日(金)放送
第14週サブタイトル『1965−1976』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第14週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第14週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第14週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

 

 

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第14週『1965−1976』一覧
放送回放送日
第63話「るいが出産」1月31日(月)
第64話「宿題」2月1日(火)
第65話「映画村」2月2日(水)
第66話「空き瓶貯金」2月3日(木)
第67話「 」2月4日(金)

 

るい(深津絵里)は女の子を出産し、その子にひなたと名前をつけました。それから10年の時が流れて、1975年。ひなた(新津ちせ)は時代劇が大好きな女の子に成長しました。夏休みに入り、ひなたは一子(市川実日子)の娘の一恵と一緒に遊んでばかり。るいはそんなひなたを心配するのですが、話を全然聞きません。そんなある日、夕立でずぶぬれになったひなたは、クラスメイトの小夜子が雨宿りをしているのを目にして…

 

夏休みに遊んでばかりいたひなた(新津ちせ)は、山積みの宿題に途方に暮れます。唯一頑張って毎日行っていたラジオ体操も、最終日は宿題に追われていけませんでした。宿題を手伝ってくれようとした錠一郎(オダギリジョー)にも文句を言う姿を見たるい(深津絵里)は、いうことを聞かずに宿題を放っておいたひなたを厳しく叱ります。そんな時に、クラスメイトの一恵と小夜子が訪ねてきて…

 

時代劇が大好きなひなた(新津ちせ)の元にビッグニュースが飛び込んできました。条映という映画会社がひなたの家からほど近い太秦に映画村というテーマパークをオープンさせたというのです。大好きな時代劇を撮影している現場を見られるということに興奮したひなたは、錠一郎(オダギリジョー)と一緒にさっそく出かけていくのでした。一方、るい(深津絵里)には心配事があって…

 

るい(深津絵里)は悩んでいました。12月に入ってから急激に回転焼きの売り上げが落ちていたのです。その原因はまさかの…。一方、ひなた(新津ちせ)は、憧れの桃山剣之介(尾上菊之助)のサイン会に行くため、空き瓶を拾って酒屋さんに持って行ってお金を貯める「空き瓶貯金」を始めました。お年玉も合わせて、ついに目標の1500円を貯めたひなたは映画村へ。そこで待っていたのは、ある運命的な出会いでした。

 

るいと錠一郎は「回転焼き」の店を営んでいる。

二人の創意工夫により、事業は徐々に軌道に乗り始める。

やがて、るいたちは京都に居を構える。

そんな大月家に、うれしい知らせが届く。

なんと、るいが新しい命を宿したのだ。

 

大きなお腹を抱えたるいは、ついに出産を意識するようになる。

やがて、かわいい女の子を出産。

 

“ひなたの道を歩いてほしい”

るいと錠一郎は、生まれたばかりの子に「ひなた」と名付けた。

名前の由来はもちろん、るいと錠一郎の思い出が詰まった特別な曲「On the Sunny Side of the Street」である。

 

大月家の長女・日向が誕生して10年。

大月家の長女・ひなたが生まれてから10年が経ち、弟の桃太郎とともにすくすくと育っている。

父・錠一郎の影響で、時代劇とチャンバラが大好きなひなた。

 

大月家のある京都太秦に、大きなテーマパークがオープンした。

映画会社「ジョーイ」が運営する「映画村」というテーマパークで、時代劇の撮影現場を見学することができるのだ。

行きたい!連れてって!」。

自他ともに認める時代劇少女であるひなたは、興奮を隠せない。

ひなたを連れ、城一郎は映画村に向かった。

 

城一郎とひなたが映画村で楽しんでいる間、るいは頭を悩ませていた。

どうしたらいいんだろう?

 

ひなたは大喜びで映画村に行った。

今日はひなたが大好きな時代劇スター、桃山ケンノスケ(モモケン)のサイン会だったのだ。

憧れのモモケンに会えるということで、ひなたは高揚感を抑えることができない。

しかし、この日、運命的な出会いが待っていようとは……。

 

 

 

ここまでが、1月31日~2月4日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第14週のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第15週のあらすじを知りたい方は、第15週『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第14週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第14週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

ダイジェスト今日も朝ドラ「おかえりモネ」が始まりましたが、週明けなのでいつもダイジェストなのですが、今回はかなり遡ったダイジェストでした。何もできなかった」→「がんばる!」という流れにちょっと感動しましたが、先週は必死に勉強しているシーンがほとんどなかったので、必死さが伝わってきませんでした。

さすがにミカンを捕まえるシーンとかはありましたが。案の定、ミカンを捕まえたりするシーンがありましたが、案の定、菅波先生は運動音痴!?食べ物を投げるのがいいのかどうか、よくわかりません。

嘘をつくのがうまいかどうかはわかりません。

私は嘘をつくのがうまいかどうかはわかりませんが、嘘をつくのが下手ではないことは確かです。今日は石森章太郎さんの雨の絵の話がありましたが、それは展覧会から1年経ったということですか?そんなに経っていないような気がしますが、よく考えてみると気象予報士の試験は年に2回ありますよね?そう考えると、私は3回受験しているので、1年経ったことになりますよね?

合格! そしてついに合格しました! 合格か不合格かを見るのが怖くて菅波先生と一緒に見たのですが、本当は伝わった後にお互いに恥をかかせたかったんですよね~。段階も大事ですが、一気に進むこともありますよね。そこはまさにその通りだと思います! 二人の回数が減っていくのかと思ったら、東京の話をしていたので、最後は東京で終わるということなのかなw全国津波計画の名前を見た瞬間、エヴァンゲリオンの人類補完計画を思い出しました。計画ではありますが、気象予報士が地方で生計を立てられるようにするのはちょっと難しそうですね。

医療関係の仕事をしている知り合いのお医者さん」ではなく、「私の彼氏」と言ってくれることを期待していました。

ただ、そのためには気象予報士の数をかなり増やさなければならず、コスト面でどう折り合いをつけるのかが気になりました。

また、気象予報士のモチベーションについても考えなければなりません。

地方ではなく都会で働きたいという人もいますし、人類補完計画というか、全国計画としてはかなりハードルが高いのではないかと……。斎田さんと山上さんは見ているだけかと思ったら、セリフがあったんですね。!!!!良いことなのか悪いことなのかはわかりませんが、二人にとっては良いことなのでしょう。

お互いに名前で呼び合うことに慣れたことに感動しています。お母様には本当に頭が下がります。

朝ドラ「おかえりモネ」第87話では、パソコンの前で肩が重なり合い、二人の関係が深まっていく様子が伝わってきました。

全国一斉津波プロジェクトの名前を見た瞬間、エヴァンゲリオンの人類補完計画を思い出しましたw 斎田と山上は全国一斉津波プロジェクトを興味深く聞いていましたが、気象予報士が地方で生活できるようにするのはちょっと難しそうですね。

医療関係の仕事をしている知り合いのお医者さん」ではなく、「私の彼氏」と言ってくれればいいと思っていました。信頼性の高い情報を県単位ではなく市町村単位で発信していく方針だそうですが、そのためには気象予報士の数を増やさなければなりません。

しかし、そのためには気象予報士の数をかなり増やさなければならず、コスト面でどう折り合いをつけるのかが気になりました。

また、気象予報士のモチベーションについても考えなければなりません。

地方ではなく都会で働きたいという人もいますし、人類補完計画というか、全国計画としてはかなりハードルが高いのではないかと……。斎田さんと山上さんは見ているだけかと思ったら、セリフがあったんですね。!!!!良いことなのか悪いことなのかは分かりませんが、二人にとっては良いことなのでしょう。

お互いに名前で呼び合うことに慣れたことに感動しています。お母様には本当に頭が下がります。

朝ドラ「おかえりモネ」第87話では、パソコンの前で肩が重なり合って、二人の関係が深まっているのが感じられます。

BeerMariannaはどうしてもビールが飲みたい。

悔しそうな顔をしていました。

きっと何かを察してくれるだろう。恋愛対象として見ているのかどうかはわかりませんが、仕事に対する姿勢は何かやりたいことがあるようで、マリアンナの将来が楽しみですね。

もう一人の迷える子羊、すーちゃん。

彼女はドラマネタが多いのですが、そこで結婚して新婚生活を始めるというのは、ドラマでしか見たことのない展開です。

しかも、引っ越してきてからわずか数ヶ月で。

いわゆるスピード婚、というやつです。

 

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第14週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。