カムカムエヴリバディ第63話のネタバレあらすじ!るいが出産

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」14週目第63話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第62話「錠一郎でもできる仕事」では、るいが、錠一郎でもできる仕事がないかと悩むストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第63話「るいが出産」では、るいが女の子を出産するストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年1月31日(月)放送
第14週サブタイトル『1965−1976』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第63話のネタバレあらすじ

ここからは、1月31日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第63話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

元気な女の子を出産した大月るい(深津絵里)
その女の子は、「ひなた」と名づけられた。
それから10年の月日が流れる。
ひなたはジョーの影響で時代劇が大好きな女の子に成長した。
テレビでは2代目モモケンが人気を博し、時代劇ドラマをみながらひなたはおおはしゃぎ。
ひなた(川栄李奈)は、夏休みに入っており、宿題そっちのけで毎日遊んでばかりいた。
朝のラジオ体操で、ベリーの娘・一恵からも宿題大丈夫なのかと心配されるが、そんなこともお構いなしで、自由奔放に毎日を過ごしていた。
そんなひなたを心配するるいだが、父親である大月錠一郎(オダギリジョー)が甘やかすものだから、一向に勉強せず悩んでいた。
そして、夏休みもあっという間にすぎ、残すところあとわずかになったとき、ひなたはどれぐらい宿題が残っているのか確認する。
しかし、まったく進んでおらず大量の宿題が残ったまま。
ひなたは宿題をめくりながら、どうしようと後悔するのであった。

 

ここまでが、1月31日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第63話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第64話のあらすじを知りたい方は、第64話『宿題』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第63話の予告感想

ついにひなた誕生!!!!!

ついにひなたが誕生しました!!!
これですべてのヒロインが出そろった形になります。
ひなたという名前はもちろんルイアームストロングの曲で、いつもフラグのように「ひなたの道を」っていってたやつですよね。
いやいや、本当におめでたい朝ドラ「カムカムエヴリバディ」63話なんですが、あっという間に10年経過w
まぁ、生まれたばかりの話をしてもって感じなんでしょうが、ひなたの子役「新津ちせ」ちゃんって、あの子ですよね?
父親はアニメ監督の新海誠さんで、朝ドラ「エール」で関内梅役を演じていたのも新津ちせちゃん。
関内梅は結構おとなしめな役だったのに、今回は、時代劇が大好きな女の子。
結構活発な子供の印象を受けるので、どういう役を演じるのかも楽しみです!!

ベリー結婚していた!?

そして、なんとベリーも結婚していた娘がいることも分かりました。
ベリーの名前は一子で、娘の名前は一恵。
ひなたとも遊び友達のようで、微笑ましいシーンが見れそうですが、気になるのはベリーの結婚相手。
まさかとは思うけど、トミーなんてことにはならないでしょうね?
製作サイド側からすれば、そっちのほうが手っ取り早いけど、相手が誰なのかも注目ポイント!!!

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第63話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第63話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ひなた爆誕

ついにひなた誕生!!
厳密には先週の終わりに誕生しましたが、今回誕生してから家に戻る途中で、「ひなた」という名前を命名しました。
まぁ、最初から名前は分かっていましたが、あっさりしすぎてちょっと拍子抜け。
もう少し、この子の名前はってジョーが色々語った後に「ひなた」と名づけるんじゃないかと予想していたんですよね。
るいのときは稔の想いがかなり詰まった名前だっただけに、歌うたって「あっ、これだ!」的な感じで付けられたひなたは、そんなのお構いなしな性格で爆誕しましたw

吉右衛門結婚来たー

先週では、吉右衛門結婚あるかな?と感想書きましたが、見事に結婚きましたね!
しかも、ちゃんと予想通りの蕎麦屋のお嬢さん。
しかも、あの懐かしいラジオ体操風景でってのがまたいい。
今回の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」は、何かと話をつなげてきてますよね。
あんこもそうだし、人物のつながりもそうだし、安子がたどった道を何気にるいも通ってるし。
そんな中、ちゃんと吉右衛門も父親と同じ道通ってるしw

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第14週目第63話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第13週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第14週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第14週目のネタバレあらすじ

63話放送のカムカムエヴリバディ第14週「1965−1976」のあらすじは、ひなたが誕生し、映画村がきっかけで英語が話せるようになりたいと思うようになるストーリーとなっています

第14週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第14週「1965−1976」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。