カムカムエヴリバディ第67話のネタバレあらすじ!錠一郎に相談

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」14週目第67話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第66話「空き瓶貯金」では、ひなたが桃山剣之介のサイン会に行くために空き瓶を売って貯金を始めるストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第67話「錠一郎に相談」では、英語が話せるようになりたいひなたが父・錠一郎に相談するストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年2月4日(金)放送
第14週サブタイトル『1965−1976』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第67話のネタバレあらすじ

ここからは、2月4日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第67話のあらすじをまとめたネタバレです。

モモケンのサイン会にやってきた大月ひなた(川栄李奈)は帰りがけ、ある男の子と運命の出会いを果たす。
落とし物に気づいたひなたが声をかけると、その少年は英語しかしゃべれず話しかけられるが、ひなたはまったく答えることができなかった。
すると、英語教室に通っていた藤井小夜子(新川優愛)が代わりに話をして、その様子を見ていたひなたが、英語が話せるようになりたいと思うようになる。
家に帰り、父・ジョーに英語を習いたいと相談する。
するとジョーが任せておけといって、ポケットから商店街の福引券を取り出した。
福引の一等はなんと熱海旅行で、これを売ってお金に換えれば英語教室も通えるというのだ。
二人はすぐに福引会場へ向かい、いざ引こうとしたのだが、なんと券が一枚足りず結局福引をすることができなかった。
こうして、ひなたはお金を稼ぐために、また空き瓶を拾うことにした。
一升瓶を見つけたひなたがその一升瓶に手をかけると、そこへ赤螺吉之丞(徳永ゆうき)が現れ奪い合いに。
二人が自分のものだと奪い合いをしていると、吉之丞の手が離れひなたが転んだはずみで瓶が割れてしまう。
そして、瓶の破片でひなたが怪我をしてしまった。
それを見ていた野田一恵(三浦透子)がいそいで、るいに知らせに行き、るいは額の傷のことを思い出し
ひなたのもとへ向かう。
すると入口からひなたが入ってきて、足に擦り傷を負っただけだと知ってほっとする。
後日、吉之丞の父・吉右衛門が謝罪に訪れ、お詫びのしるしとして福引券を大量に置いていった。
それをもって福引に向かうひなたとジョー。
すべてハズレで最後の一回となると、そこへ大月るい(深津絵里)がやってきて最後の一回を引くことに。
すると、当たりの鐘がなり、なんと3等を引き当てた。
3等の商品は、お金にもならない古いラジオ。
ラジオをつけると懐かしい曲が流れ、るいは小さいころ安子とラジオで英語講座を聴いていたことを思います。

 

ここまでが、2月4日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第67話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第68話のあらすじを知りたい方は、第68話『ラジオ英語講座』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第67話の予告感想

なぜ英語!?

映画村から帰ってきたひなたは、なぜかクラスメイトの小夜子ちゃんのように英語が話せるようになりたいと思うようになります。
なぜ英語!?
朝ドラ「カムカムエヴリバディ」66話では、最後にある運命的な出会いをしたとあり、まさかの将来のお婿さん・五十嵐文四郎かと思っていたのですが、もしかして間違っている?
英語がでてきたということは、運命的な出会いとは英語を話す誰かということでしょうか?
まさかロバートとかいう流れじゃないでしょうね?
それなら、お祖父ちゃんと孫の微笑ましい初対面ですが、じゃあなぜロバートが映画村にってことになります。
誰に会ったのかは分かりませんが、映画村で英語に触れたことは間違いなさそうです。

ポンコツ親父に相談!

そして、英語教室に通いたいと思うひなたですが、家の事情を知ってか、なかなか言いだせない。
そして、相談したのがジョーですが、そこ間違っていますから!!!
今日放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」62話で分かりましたが、ジョーに何をやらせても全然ダメ!!!!
錠一郎がポケットから取り出した札束でひなたさん喜ぶけど、もしかしてその札束、今月の生活費全額とかそういう話じゃないよね?
一生懸命やりくりしているるいが激怒するような話にならないかちょっと心配ですw

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第67話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第67話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

久々に英語

久々の映画登場!!!
ひなたが落とし主をみてうっとりしているお相手は、外国人のビリーさん。
英語でしゃべられて何も話すことができないひなたでしたが、なんとまさかの小夜子ちゃんが英語喋れるとは!
小夜ちゃん、凄え~
小夜ちゃんなんというか、稔さんの立ち位置的な存在ですね。
ここでも安子と稔再びな感じがしていい!
そんなまったく離せないひなたはですが、またも発動する妄想癖。
あの妄想癖は、完全にるい譲りですよね~
それにしても妄想なのになぜあんこは好き?って質問するw

ラジオも来たー!!!

そして、英語が習いたいというひなたはジョーに相談。
一番相談しちゃだめな人に相談しましたが、ポケットから札束が!!!
最初予告でもお金って書いてあったと思うんですが、福引券かい!
それで夢見るってどんだけ平和な男なんだw
そし、ここでも安子とるい再び感。
熱海旅行は当たらなかったけど、3等のラジオをゲットして、英語講座を思い出したるい。
ようやく本筋に戻ってきた感じですが、さてさてひなたは英語がしゃべれるようになるのか?

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第14週目第67話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第14週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第14週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第14週目のネタバレあらすじ

67話放送のカムカムエヴリバディ第14週「1965−1976」のあらすじは、ひなたが誕生し、映画村がきっかけで英語が話せるようになりたいと思うようになるストーリーとなっています

第14週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第14週「1965−1976」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。