カムカムエヴリバディ第65話のネタバレあらすじ!映画村

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」14週目第65話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第64話「宿題」では、夏休みに遊んでばかりで、宿題を放っておいたひなたをるいが厳しく叱るストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第65話「映画村」では、ひなたの家の近くに映画村がオープンして、ひなたと錠一郎が一緒に出かけるストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年2月2日(水)放送
第14週サブタイトル『1965−1976』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第65話のネタバレあらすじ

ここからは、2月2日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第65話のあらすじをまとめたネタバレです。

家の近くに映画村というテーマパークがオープンしたと知ったひなた(川栄李奈)は、早速ジョーに連れて行ってほしいとおねだりする。
ジョーはかわいい娘のお願いとあって、休みの日に連れていくことに。
ひなたはは、映画村につくなり、見たことがある光景に興奮し、テンションがあがる。
そして、一息つき茶屋に立ち寄ってお団子をいただくことに。
すると、そこに荒物屋の主人・吉右衛門とその息子・吉之丞と出くわす。
ひなたは、吉右衛門から憧れているモモケンのサイン会があると聞かされる。
家に戻ったひなたは、早速サイン会にいきたいから1500円ほしいとるいにおねだりするが、るいは自分でお小遣いを貯めなさいと答えた。
それでも食い下がるひなたに、今度は強い口調で、家の手伝いもしないでわがままばかり言わないのと叱ると、ひなたは外へ飛び出してしまった。
ジョーがどうしたの?と聞くとあることを告白する。
二人はひなたのもとへ向かい、ジョーがお母さんが話があると伝える。
ひなたが何?というと、大月るい(深津絵里)は、お腹に赤ちゃんがいることを伝えた。
弟か妹ができることを知ったひなたは、先ほどまでしょんぼりしていたのを忘れるぐらい大喜びする。
そして、これからは家の手伝いをして、産まれてくる赤ちゃんとなんでも半分こすると話すのだった。

 

ここまでが、2月2日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第65話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第66話のあらすじを知りたい方は、第66話『空き瓶貯金』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第65話の予告感想

映画村!?

時代劇が大好きなひなたちゃん。
そんなひなたちゃんにビッグニューーーーーーース!
家の近所に映画村ができたというので、早速見に行くことに!!!
ここで思い出されるのが朝ドラ「おちょやん」
時代的にも同じだと思うんだけど、まさか千代でてこないよね?
もしも出てきたらそれは話題性抜群なんだけど、ヒロインがそんな使われ方しないわな。
むしろ千代じゃなくてクズ親父のテルヲの方が盛り上がること間違いなし!!!
ここは、ぶらっとふらついているテルヲがでてきてくれたらマジで喜ぶのでお願いしますw

るいの心配事!?

そんなワクワクドキドキしているひなたと違って、何やら心配事があるるいさん。
これは、もう想像しかないのですが、もしかして錠一郎まだ仕事見つかっていないパターンのやつじゃないよね?
ひなた生まれてもう10年は経っているし、さすがにそんなことないけど、そもそも錠一郎何の仕事してるんだろう?
トランペット以外何もできないといってたけど、もしかしたら音楽を教えてるとか?
ピアノも少し弾けるっていってたからもしかしたらピアノの先生ということもありうる。
しかし、この時代ピアノ習ってると言えば、結構お金持ちってことになるよね。
もしかしたら、朝ドラ「純情きらり」の桜子が出てくるなんてことも100%あり得ないんだけど、、、
さて、るいの心配事とは何なのか?
明日の予告でそれが分かるかな?

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第65話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第65話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

よくないから!

今日は回転焼きのアップからスタートしました。
そこへやってきたのが近所のおばさん3人組。
ジョーが子供たちを色々面倒見てくれるからと差し入れしていましたが、よくないですからね!
そりゃ外から見れば子供面倒見てくれてありがとうって感じでしょうが、働いているのるいですからね?
ただブラブラ見てるだけの大人ですから!
野球のコーチっていってもあんな感じだし、単なるぐうたら親父でしかない。
しかし、ちょっとしたフラグが立っていました。
それは、何やら作曲していたことです。
トランペットの件もどうなったのか分かりませんが、もしかしたらまた音楽の話がでてくるかもしれません。

お姉ちゃん

ついにひなたもお姉ちゃんになります!
男の子か女の子はまだはっきり分かっていませんが、おそらく明日にでも産まれるでしょう。
モモケンに会うための1500円も気になるところですが、まずはるいおめでとうです!
ジョーもうれしいとかいってたけど、お前は2人目できたんだからしっかり働け!
最近ジョーにたいしてきついこといいますが、るいの味方ですw

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第14週目第65話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第14週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第14週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第14週目のネタバレあらすじ

65話放送のカムカムエヴリバディ第14週「1965−1976」のあらすじは、ひなたが誕生し、映画村がきっかけで英語が話せるようになりたいと思うようになるストーリーとなっています

第14週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第14週「1965−1976」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。