カムカムエヴリバディ第7週のネタバレあらすじ!1948−1951

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第7週(31話~35話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第6週「1948」では、困っているアメリカ人の将校を助けた安子は、英語の勉強を続けてほしいと言われるストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第7週「1948−1951」では、5年間続いたカムカム英語が終了し、ロバートから英語のテキスト作りを誘われるストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2021年12月13日(月)~12月17日(金)放送
第7週サブタイトル『1948−1951』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第7週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第7週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第7週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第7週『1948−1951』一覧
放送回放送日
第31話「算太帰還」12月13日(月)
第32話「野球部」12月14日(火)
第33話「とある提案」12月15日(水)
第34話「テキスト作り」12月16日(木)
第35話「新しい道」12月17日(金)

家に戻った雉真安子(上白石萌音)は、るいに父・稔がなぜ英語を学んでいたのか説明する。
そして、雉真稔(松村北斗)からもらった英語辞書をるいにクリスマスプレゼントした。
すると、そこへ雪衣(岡田結実)がやってきて来客だと伝えてきた。
玄関にいくと、出征していた橘算太(濱田岳)が立っていた。
クリスマスの日に帰ってきたのだ。
久しぶりの兄との再会に喜ぶ安子。
安子は、これまで起きた出来事をすべて算太に打ち明ける。
皆亡くなったことを知った算太は、色々なことがありすぎて戸惑うが、安子が生きていてくれたことが嬉しいと話す。

翌朝、目が覚めると、台所から声が聴こえる。
台所へいくと、安子とるいがあんこを作っていたのだ。
安子がおはぎを作って算太にふるまうと、懐かしい味にある決意をする。
それは、和菓子屋「たちばな」を立て直さないかというものだった。
1951(昭和26)年。
千吉は勇の部屋にいき、ある話をする。
それは、結婚話だった。
千吉は、そろそろ身を固めるため嫁をもらえといい、勇も覚悟していた様子で相手はどこの令嬢なのかと質問する。
すると、千吉は思いがけない人物の名を口にした。
それは、勇が昔から好意を寄せていた安子だったのだ。
千吉は、勇の安子への気持ちをすでに知っており、そのこともあって勇に勧めたのだ。
そして、自分から口にはしないからよく考えるよう伝え部屋を出ていった。
翌日、安子とるいは定一の喫茶を訪れる。
ルイアームストロングの曲を聴きながら、安子は稔の話をるいにした。
するとそこへ、撤退したはずのロバートが現れびっくりする。
ロバートの話では、岡山からは撤退するが、大阪でまだ大きな仕事があり残っているという。

1951(昭和26)年2月。
5年間続いたカムカム英語がついに終わってしまった。
安子は神社まで歩いていると、そこでばったりロバートと遭遇。
ロバートは神社で英語教室を始める予定で、それで立ち寄ったという。
そんな話をしているとロバートがあることを思いつく。
それは、安子に英語のテキスト作りを手伝って欲しいというものだった。
安子は、カムカム英語が終わって心の支えがなくなっていたがこうして英語が続いていくと話し、その誘いを承諾した。
ロバートからのお願いで週一回英語のテキスト作りを手伝うことになった雉真安子(上白石萌音)。
それから数日後、雉真繊維と進駐軍の試合が行われ、雉真繊維が見事勝利した。
その翌日、勇は意を決して安子に結婚してほしいと申し出る。
突然のことで安子は驚きを隠せないでいた。

ここまでが、12月13日~12月17日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第7週のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第8週のあらすじを知りたい方は、第8週『1951−1962』へ読み進めてください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第7週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第7週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

算太がサンタ!?

ついに今日なぜ算太という名前だったのかが判明!!
まさかクリスマスの日に帰ってきた算太。
まさにサンタさんが帰ってきたということですが、そこから算太にしたの!?
もしもそこから算太にしたのなら、金太は、算太が決まってからの金太ですよね。
お父さんもまさか金太と付けられるとは思わなかった案件ですよw

美都里はどこへいく!?

算太が両親の思いなんかしったこっちゃねーみたいな感じで席を外すと美都里登場!!!
美都里がビンタするんじゃないかと思っていたんですが、まさかあんな展開になるとは、、、
美都里は稔を亡くしたから、算太が稔と重なったのかもしれませんね。
逆に両親を亡くした算太は、親の気持ちが分からないので、美都里が代弁してくれましたが、まさにソレですよね。
親の気持ちは誰もが同じ思い。
そんな思いが算太に伝わればいいなと思ったシーンでした。
ただ、気になるのは、美都里が静かすぎること。
YOUさんは、先日テレビでとにかく酷い!っていってたので、これから先安子に対してはなにかしら酷いことが起きそうな気がしてならないのですが、、、
今日のほっこり話でちょっと美都里がどこへ向かっているのか分からなくなってしまいましたw

 

野球で功を奏した!?

今日は勇の野球部を作る話が予告であり、どういう風な流れで作るのか気になっていましたが、まさかのあっさり野球部できちゃったパターンでした。
しかも、野球部作って、成績少し上がって、やっぱりうちの息子だ!って中身一切なし!!!
チームワークを挙げるという理由から野球をやるべきだと主張した勇に真っ向から反対した千吉でしたが、右腕らしきおっさんからいい案だと言われ、それを容認。
たんに野球バカの勇が野球やりたかっただけじゃね?って思ったのは私だけでしょうか?
まぁ、勇のブレない野球愛は決して悪くはないですが、経営ってそんな簡単な物じゃない気がしますw

まさかのナレ死!

またしても裏切られた!!!
まさかの美都里のナレ死!
しかも、安子との嫁姑バトルも一切なしに終わって、ある意味拍子抜けした感じ。
ただ、悪い意味ではないですよ。
あの流れでのナレ死は、息子を失った悲しみから少しずつ現実を受け止めていった最後は穏やかに逝った印象を強く受けました。
YOUさんもひどい人物だと言ってましたが、最後の最後であんなふうなナレ死を見せられたら、天国で稔と元気でやってほしいと思っちゃいますよね。
ただ、こうなると雉真家は男ばかり!
これはこれで色々起きそうな予感、、、

予想的中!

千吉の「とある提案」はやっぱり結婚でしたね!!
勇の結婚相手の候補といえば、安子と女中の雪衣といいましたが、こちらも安子推しということも判明!
しかも、その話をライバルの女中の雪衣が聞き耳を立てているというドラマでは王道なシチュエーション。
これからが見ものです!
雪衣の嫉妬が爆発して、安子を追い出そうとするのか、それとも勇に気持ちを伝えるのか。
雪衣のひたむきさにはちょっと共感しているところはあるんですよね。
るいにいった言葉にはちょっと厭らしさを感じましたが、悪い人には見えないので、できれば後者で勇をゲットしてもらいたいものです。

ロバートが大阪にいる理由が判明!

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第38話の予告で安子が大阪でロバートに助けられるという内容が公開されました。
そして、今日なぜロバートが大阪にいるのかその理由が判明!
本当なら朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第32話で進駐軍撤退するって話だったので、アメリカに戻ったのかと思いきや、大きな街つまり大阪ではまだまだ復興が追いついていないということで、大阪に配属になったと説明していましたね。
これはまさに朝ドラ「カムカムエヴリバディ」38話の布石!!!!
失踪した算太を探しに大阪にいった理由はまだ分かっていませんが、ロバートが大阪にいる理由が分かったので、胸のつかえがとれましたw

さださん退場!

ついに「カムカム英語」が終了しました。
これにてさださんも御役御免で退場となるのかな?
やさしいしゃべり方でほっこりタイムにしていた私としてはちょっと寂しい思いが強いですが、声だけの出演でも注目されるのは、さすがさださんって感じですね!

おじいちゃんとお出かけ

るいが千吉と大阪へお出かけ。
お祖父ちゃんと遠出するってことがなかったですが、よくバスにのって街まででかけていました。
そこでいつもたこ焼きを買って食べて帰るのが楽しみで、ちょっと亡くなったお祖父ちゃん思い出すとジーンとします。
お出かけの名目は、るいが小学校へ入学するお祝いを買いに行くということですが、千吉にはもう一つの目的が。
それはるいの額の傷を治すため病院で診てもらうことでしたが、結構大きな傷になっていましたね。
傷をここまで引っ張り理由は安子が雉真家を出るときにつながるのですが、ちょっと来週はしんどい週になりそうです。

雪衣の本性

ついに雪衣さんの本性でてきましたね~
本性というよりは焦りですが、安子たちをどうこういうよりは、女中として全うすることも同じじゃないかなと思います。
でもそんな雪衣さん嫌いじゃないですよ。
好きな男のことを思っての発言ですし、それに気づいていない勇に、そのことに気づいた算太。
現代版でもよくあるラブコメの王道パターンです。
雪衣さんの気持ちをすぐに察したところはさすが算太って感じですが、かき回して悪くなるパターンだけはやめてほしいw

なぜ謝る!?

勇がなぜか雪衣に誤っていましたがなぜ謝るの?
そして、なぜ雪衣は謝らないのか?
ここから分かることは雪衣はプライドの高い女ということです。
勇の言っていたことは間違っていないし、女中が口出しすることじゃない。
あそこで謝った勇の株は確かに上がりましたが、どう考えてもアレは雪衣がいけないで、逆に雪衣が改めて謝るシーンだったと思います。

呼び捨て!

そして、ロバートと安子のターン!!
ロバートがテキスト作りの前に不満を口にしてました。
呼び捨てでいこうぜってw
呼び捨てなんて、距離が縮まるじゃないですか~
安子と呼んでいいですか?はい、、、ってキュンキュンモードになってるし。

対比がフラグ

今日のは正直辛かったです。
安子とロバートが仲良くしているシーンと、勇が野球で一生懸命がんばっているシーン。
野球のシーンって今日の試合に勝ったら告白しようとかそういうこと考えながらしてたんじゃないかな?
しかし、その対比でロバートと仲良くやるシーンって、どうみてもロバートとくっつくためのフラグでしょ!!
今日はちょっと勇のこと考えてたら辛い回でした、、、

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第7週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。