ふたりっ子第127話のネタバレあらすじ!離婚を承諾

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」22週目第127話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第126話「銀蔵との一局」では、駒を返しにきた香子に、銀蔵が一局どうだと声をかけるストーリーでした。

ふたりっ子の第127話「離婚を承諾」では、香子の離婚したい理由を聞き、史郎が承諾するストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年3月10日(月)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第127話のネタバレあらすじ

ここからは、3月10日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第127話のあらすじをまとめたネタバレです。

突然史郎に離婚してほしいと訴える森山香子(岩崎ひろみ)
森山史郎(内野聖陽)はびっくりして理由を聞くと、香子は、史郎が好きだと思えば思うほど、敵にはなれないという。
そして、史郎は好きだから愛しているから励ましあって、お互い夫婦でタイトル戦を戦うことを目標にしてこれたと訴えるが、香子は、理想は理想で夢でしかないと答えた。
史郎は、子どものことで負担かけたと話すと、香子は、史郎との子供が今でも欲しいんだと口にする。
史郎が子供を作ろうというが、それでは勝負士として自分が体の中でケンカをしてしまい、分裂してしまうんだと訴えた。
この後も史郎は、香子を説得しようと試みるが、彼女の意思は固く一歩も引こうとしなかった。
そして、史郎は、離婚を承諾することにした。
ここまでが、3月10日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第127話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第128話のあらすじを知りたい方は、第128話『あいさつ回り』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第127話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第127話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子127話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第22週目第127話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。