ふたりっ子第126話のネタバレあらすじ!銀蔵との一局

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」21週目第126話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第125話「将棋を教えてほしい」では、理佐子が銀蔵を訪ねて、将棋を教えてほしいと頼むストーリーでした。

ふたりっ子の第126話「銀蔵との一局」では、駒を返しにきた香子に、銀蔵が一局どうだと声をかけるストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年3月8日(土)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第126話のネタバレあらすじ

ここからは、3月8日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第126話のあらすじをまとめたネタバレです。

理佐子は佐伯銀蔵(中村嘉葎雄)を訪ねて、将棋を教えてほしいと頼むのだったが断わられてしまう。
その代わりに、有沢理佐子(香川京子)は銀蔵から香子の駒を預かった。
それから数日後。
理佐子は銀蔵から預かった香車の駒を香子に手渡す。
将棋をやる気がない森山香子(岩崎ひろみ)は、その駒を持って、銀蔵がいる将棋センターへ向かった。
香子は将棋はやめたからといって駒を返そうとするが、銀蔵は一局どうだと声をかける。
将棋を指す気はなかったのだが、銀蔵の口車に乗せられて、将棋盤の向き合う香子。
久しぶりに将棋盤の前に座った香子の心には、しだいに駒音が響いてくる。
銀蔵との久々の対局が香子の気持ちを揺さぶっていた。
二人の勝負は銀蔵に軍配が上がり、香子は負けてしまう。
それから香子は何度も銀像と将棋を打つ。
そして、翌日、香子は家に戻った。
家に帰るなり史郎に将棋を指してとせがむ香子。
それを聞いて安心する森山史郎(内野聖陽)だったが、香子の口から離婚してほしいという言葉がでて驚く。
自分の生きる道はやはり将棋しかないと気づいた香子は、対戦中夫ではなく敵にしか見えなかったといい、史郎に離婚を告げるのだった。

 

ここまでが、3月8日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第126話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第127話のあらすじを知りたい方は、第127話『離婚を承諾』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第126話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第126話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子126話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第21週目第126話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。